オニカサゴ


 ●釣り場

 神奈川県側では観音崎から久里浜〜剣崎〜城ヶ島の周辺,千葉県側では館山〜洲ノ崎周辺が主なポイントです.基本的に100〜200m前後の深場の釣りになりますが,観音崎や久里浜では60〜80mほどの浅場を中心に狙います.オニカサゴの釣り場としてはダントツで浅いので釣りやすいのですが,この方面では大きくても30センチオーバーの小型が大半です.


 ●タックル

 観音崎周辺の浅場で釣るのなら,特別なタックルは不要です.船が混雑していなければビシアジ用の竿でも十分釣りになるし,リールも手巻きのもので十分です.この方面では60号程度の軽いオモリで釣らせる船宿もあるので,この程度のオモリを背負えるシャクリ竿と中型両軸受けリールの組み合わせでよいでしょう.ラインは新素材4号程度で問題ありません.

 剣崎より南側や南房の水深100m以上のポイントで狙うときは,一応それなりのタックルが必要です.そうはいっても,ヤリイカ用のタックルを持っているならばそれで十分でるリ,ビシアジ用の電動調子の竿にもこの釣りに最適のものがあります.すでに深場用のタックルを持っているのであれば,まずはそれを流用して具合を見ればよいでしょう.

 柔らかい竿は巻き上げ途中のバレ防止には最適ですが,オニカサゴ釣りでは根が点在する場所を狙うため,根掛かりが頻発する可能性もあります.かといって固すぎる竿でもダメで,巻き上げ途中の引き込みに対応しきれません.竿は「穂先が敏感で胴に粘りがあり,強烈な引き込みにも弾力で対応できる」ことが条件です.


 ●釣り方

 エサについては基本的に船宿で用意してありあmすが,だいたいはサバやコノシロの塩漬けを短冊に切ったものです.特エサとして新鮮な魚の切り身(必ず皮付きにすること),ホタルイカ,イイダコなどを持参するのもよいでしょう.また,釣れたオニカサゴの胃の中にはカニやエビなどの甲殻類が入っていることが多いので,これらを使うのも手です.ただし,どんなエサを使うにしても,大きくして目立つようにすればよいとは限りません.食いの悪い日には先をつつくだけのこともあります.また,オニカサゴは口が大きいわりに胃袋は小さいので,あまり大きなエサでは飲み込まないということも考えられます.

 仕掛けを海底に降ろしたら,すぐに糸ふけをとってオモリを海底から浮かせます.潮の流れや仕掛けの全長を考えて,通常はエサが海底から1〜2mほど上になるようにします.魚の活性が低いときは,竿先を下げたときにオモリが底を叩く程度でもよいでしょう.誘いはゆっくり大きくが基本で,2〜3回エサをユラユラさせてから沈ませるようなイメージです.

 基本的にムツバリやネムリバリを使うため,アタリがあったらアワセは不要です.竿先にコツコツ!というシグナルが伝わってきたら一瞬待ち,ゆっくり竿を立てます.リールを数回巻いて重さが残っているのなら,魚が掛かった証拠です.大型のオニカサゴは巻き上げの途中に激しく暴れるので,強烈な引き込みが来たときはリールの巻上げ速度を落とし,竿の弾力を活かして対処します.


 ●食べ方

 まず第一に,オニカサゴは血抜きをしてはいけません.血抜きをすると,かえって臭くなってしまう場合があるのです.丈夫な魚なので生きたままクーラーに入れ,時々水を変えてやれば(バケツで海水を足して,古い海水をあふれさせるだけで十分),数時間は平気で生きています.エアポンプを使えば,家まで生かしたまま持ち帰ることも十分に可能です.

 ご存知のように,オニカサゴは顔のトゲやヒレに毒針を隠しています.料理の前にハサミやニッパで切ってしまうのが安全です.

 オニカサゴは1日置いたほうが甘味が増して美味しいので,釣ってきた当日は3枚におろし,皮をはいでラップをして冷蔵庫にしまうだけにします.翌日は切り身で薄造りが最高です(醤油よりポン酢が合う).胃袋は湯通ししてよく洗い,水気をきって輪切りにします.皮は湯引きにして短冊に切ります.キモはカワハギほど大きくありませんが,適当な大きさに切って楽しめます.


トップページへ戻る>


このページは GeoCitiesです 無料ホームページをどうぞ