アジ釣りの秘奥義2


 ・サバばかりでどうしようもないときは

 初夏から秋口にかけて,東京湾にはサバが大挙して押しかけてくることがあります(というか,ほぼ毎年そうなる).40センチクラスの大サバなら歓迎する向きもありますが,時として20センチそこそこの小サバが入れ食いになってしまい,どうにもならないときがあります.ひどいときは水面下数メートルのところに巨大な群れが居座ってしまい,落下中のハリに勝手に食いついたり,せっかくアジをかけても水面で空いているほうのハリに食いついて暴れ,アジが振り落とされたりします.もう迷惑以外の何者でもありません.

 落下中のハリに食いついてくるようなサバは小型ばかりで,冬になってもほとんど脂は乗らないので持って帰っても邪魔なだけです.こういう小サバはなるべく釣らないようにするしかありません.


 ・作戦その1〜空バリ

 アジ釣りでは基本的にビシ釣りの仕掛けでエサに赤タンを使います.サバが多いときは思い切ってこれを外すと効果があります.

 「そんなことすると肝心のアジも釣れないのでは?」と感じる人も多いでしょうが,実はそうでもありません.タナさえ合っていればアジはこれで十分食ってくるし,赤タンを使うようになる前はこのスタイルが基本だったのです.

 ただし,これでもモタモタやっているとサバの猛攻を受けてしまうので,投入はなるべく素早く行うことも大切です.


 ・作戦その2〜コマセのギュウギュウ詰め

 ビシ釣りの基本は「カゴにコマセを詰め過ぎると出が悪くなるから,8分目くらいにゆるく詰める」ですが,これを逆手にとってギュウギュウにしてしまうのです.

 こうすることにより落下中のコマセのこぼれが少なくなり,中層でサバの餌食になる確立も少なくなります.アジのタナに仕掛けが下りても,竿のシャクリはごく小さくします.コマセは自然にポロポロとこぼれるので,サバが多い日のアジ釣りはこれでも十分です.


 ・作戦その3〜サバの友エサ

 釣れたサバをクーラーに入れる前に内臓を出すと鮮度がよくなります.このとき,出した内臓を刻んでコマセの樽に入れてかき回します.

 魚は匂いに敏感なので,仲間の匂いが漂うと警戒して近づかなくなることがあります.要はその習性を利用した戦法ですが,周囲が普通にイワシのミンチを撒いているときはあまり効果がありません.


トップページへ戻る>


このページは GeoCitiesです 無料ホームページをどうぞ