アジ釣りの定番外道・サバを見直そう


 ・サバを捨てないで!

 アジのビシ釣りをしていると,時としてサバの猛攻でどうにもならなくなることがあります.落下する途中の仕掛けを止めてしまったり,水面にこぼれたコマセに群がってくるようなサバには小型が多く,こればかり釣れるとウンザリしてきます.釣れるそばから海に返しているうちはよいのですが,そのうち仕掛けを下ろすのさえ面倒になってきたりします.

 季節や海況にもよりますが,中層で小型のサバが入れ食いになるときは総じて大アジはあまり口を使わない傾向があります.途中にあるサバのタナを避けるためのテクニックは大切ですが,やっとの思いで仕掛けを底近くまで下ろしても,肝心の大アジが釣れないのでは意味はありません.そんなときは素直にアジのタナで大サバを狙ってみるのも一興です.大アジのタナで釣れるサバには釣り応えのある大型が多く,釣り味はなかなかです.大サバならば料理のレパートリーも豊富なので,お土産として十二分の価値があります

 


 ・小サバでも料理次第で美味しく食べられる

 40センチオーバーのでっぷりとした大サバなら問題はありませんが,30センチそこそこの小型ばかり釣れると,面倒なので全て海に返してしまう人が少なくありません.小型は脂の乗りがイマイチだから美味しくないというのが理由で,たしかに大型と比べると身はパサついた感じで,刺身やシメサバには向きません.しかし,小型のサバでも十分に美味しく食べる方法があります.

 家庭でわりと簡単にできるのが南蛮漬けです.まずサバは3枚に下ろし,腹骨を包丁ですき取ります.次に骨抜きを使って中骨を丁寧に取り除き,身に骨がまったく残っていない状態にします.これを一口サイズにカットしますが,斜め切りにすると切り口が大きくなって見た目がよくなります.これに酒と塩コショウで下味をつけ,片栗粉をまぶして170度の油で揚げます.別に醤油1:酢2:酒適量を合わせてひと煮立ちさせて漬け汁を作っておき,ここに揚げたサバを加えて混ぜ合わせます.アクセントとしてタマネギの千切りを加えるとより風味が増します.また,辛いのが好きな人はトウガラシを好みの量加えても美味です.

 干物も家庭でできない料理ではなく,小型のサバでも旨味が増して美味しく食べられます..サバを腹開きにしたら10%の食塩水に30分浸し,その後よく水分をふき取ってから陰干しにします.干物を作るのに最適なのは寒くて風の強い乾燥した日で,真夏の湿度が高い日は向きません.真夏に干物を作りたい場合は平ざるに広げて冷蔵庫の中に入れておくと結構うまくいきます.また,表面がカリカリになるまで干すのがコツで,その状態にしてしばらく室内におくと内部に残っている水分が表面に浮いてくるので,全体として丁度よい具合になります.


トップページへ戻る>


このページは GeoCitiesです 無料ホームページをどうぞ