シーバス釣りのちょっとした情報


 ・シーバスはベイトタックルに限る

 ルアーで釣る場合,どんなターゲットを狙うにせよスピニングタックルとベイトタックルのいずれかを選ぶことになります.シーバスも例外ではなく,東京近郊のちょっと大きな釣具店ならば,シーバス用タックルのコーナーが設置されているのが普通です.

 ルアー釣りの入門書の中には「初心者が船からシーバスを狙う場合はスピニングタックルが無難」と記述しているものがあります.スピニングリールは基本操作が簡単で,初心者でも楽に遠投できるというメリットもあります.しかし,シーバスを狙うのにはスピニングタックルがベストか?となると,必ずしもそうとは言いきれません.

 ジギングでシーバスを狙う場合,メタルジグをフォーリングさせる途中にラインの出が「フッ」と軽くなることがあります.いわゆる「食い上げ」のアタリで,落下するジグを見つけたシーバスがアタックしてくることによるアタリです.このとき,スピニングタックルではリールのアームを戻さなければならないため,一瞬のタイムラグが発生してしまいます.また,スピニングリールはその構造上ラインが螺旋状に出て行くため,風の強い日などは糸ふけが大きくなります.片手でスプールをサミングして調節する方法もありますが,根本的な解決にはなりません.

 ベイトタックルならばフォーリング中の食い上げにも即アワセが可能で,無駄なラインも出ないので風の強い日でも扱いは楽です.慣れれば遠投も難しくなく,船長も船をポイントのすぐ横につけたり,ジギングの場合は魚探で反応の濃い場所を探してその真上に止めたりしてくれるので,スピニングタックルの遠投力が必要になることはまずありません.一番のメリットはドラグが使えることで,そこそこの値段のベイトリールであれば,ドラグの調整さえしておけば80センチクラスの超大物とも十分にやりとりできます.

 一部にはベイトタックルでないと乗船させない船宿もありますが,このような点を考えてのことと思われます.


 ・タックルはどれを買えばよい?

 釣具店のシーバス用タックルコーナーを見ると,丘釣り用のごついスピニングタックルばかり目立ちますが,ベイトタックルは数えるほどしかありません.たまにあっても数万円もする高級品ばかりで,初心者が気軽に買えるものではありません.

 結論から言うと,船からシーバスを狙うのに特別なタックルは必要なく,バス用のベイトタックルで十分間に合います.さすがに,量販店などで安売りされているロッドとリールのセットではダメですが,7000〜8000円程度のロッドと3000〜5000円くらいのベイトリール,これに新素材の2号くらいのライン(20ポンドテスト)を巻いてラインシステムを組んでおけばまず大丈夫です.船宿の貸し竿もこのくらいのものが多いのです.

 バス用の流用ではどうしても安心できないという人には,最近出てきたヒラメ用のジギングイロッドと小型両軸受けリールのペアもおすすめです.長さは1.8〜2.4mくらいで,軟調子なのでさすがに遠投には向きませんが(多少投げられないこともない),ヒラメや青物を想定しているだけあって,細身でシンプルながら粘り強さがあります.値段も1万円前後でお手頃です.


 ・おまけ〜シーバス釣りの外道

 初心者は意外に思うかもしれませんが,ルアーでのシーバス釣りには思いのほか多彩な外道が釣れます.

 代表選手はメバルで,30センチクラスのでっぷりとしたサイズのものが釣れます.カサゴは体長のわりに口が大きいので,20センチほどのものが60グラムのメタルジグを丸のみして上がってくることも珍しくありません.また,障害物まわりを攻めるときは大型のアイナメやソイも顔を出します.98年秋に横浜沖で狙ったとき,隣の人が40センチオーバーのクロソイを釣ったのを目撃しましたことがあります.

 季節限定では,秋口になるとイナダが湾奥にも回遊してくるので,シーバス狙いのジグに食いついてくるようになります(その年のイナダの回遊状況にもよる).この時期は大型のサバやタチウオ,まれにスミイカやタコなども上がります.

トップページへ戻る>


このページは GeoCitiesです 無料ホームページをどうぞ