スルメイカ釣りの直結仕掛け


 ・速攻の釣りに最適

 元来,イカ釣りは鉛ヅノの直結仕掛けによる手釣りがメインでしたが,プラヅノの出現により,現在では胴つきブランコ仕掛けが一般的になりました.透明感のある色合い,ブランコ仕掛けならではの独特の動きがイカへのアピールになり,さらにイカを掛けた後にバレにくいという利点もあるため,多くの釣り人が愛用するようになったのです.

 その反面,直結仕掛けにはブランコ仕掛けにはない欠点もあります.まず,仕掛けが複雑になるため,慣れるまでは扱いが難しいことです.オマツリの復旧が面倒であり,この間に地合いを逃してしまったという経験のある人は多いでしょう.また,水中での抵抗が大きいため仕掛けが沈むのに余計な時間がかかり,そのため中層でサバに捕まりやすくなります.

 その点,直結仕掛けはブランコ式に比べてシンプルなので,オマツリの際の復旧は簡単です.ブランコ式では上げたイカヅノを1本ずつ投入器に収めていかないと手前マツリしやすいのですが,直結仕掛けはそれほど気を使う必要はありません.水中の抵抗も少ないので仕掛けの沈みも速く,サバに捕まってもそのまま仕掛けを落とせば自然に外れてしまいます.


 ・直結仕掛けの注意点

 ブランコ式と違って枝スの遊びがないため,イカを掛けてからちょっとでも竿先を下げると,その途端にイカは外れてしまいます.ナギ日よりなら大丈夫ですが,波のある日の取り込み時には注意が必要です.

 また,直結仕掛けは素早くタナまで下ろせる半面,ブランコ仕掛けのようなトリッキーな誘いはできません.しつこく誘わないと乗ってこないような日はブランコ式のほうが有利になることも少なくありません.


トップページへ戻る>


このページは GeoCitiesです 無料ホームページをどうぞ