ルアーのタチウオ釣り


 ・シーバスと同じタックルでOK

 2〜3年前までは湾奥の一部の船宿のみが狙っていたルアーのタチウオですが,最近はかなりメジャーな存在になってきました.シーバス中心の船宿が模様を見てタチウオに切り替えたり,エサ釣りとルアー釣りを混在させる乗合船も増えてきたようです.

 ルアーでのタチウオ釣りはジギングオンリーです.タックルは船からのシーバス釣りで使用しているものがそのまま流用できます.6〜7ftのバスロッドとPE1号のラインを150〜200mほど巻いたベイトリール,これにラインシステムを組んだものを使えばOKです.ルアーは80〜100gのメタルジグが中心ですが,タチウオの鋭い歯でガタガタにされてしまいまうため,あまり高価なものを使う必要はありません.なお,市販のジグのフックは針先が甘いものが多いので,事前によく砥いでおくか,フックだけ別売りのものと交換しておくのがベストです.また,ルアーとリーダーの接続に金色のスナップなどを使うと,タチウオがこの部分に噛み付いて切られることが多いです.

 大切なのは,必ずベイトタックルを使うことです.観音崎や下浦などの水深50〜70mを狙うときなど,スピニングリールではラインが潮に流されてしまって釣りにならないときがあります.また,ラインも1号程度のものがベストで,2〜3号の太いラインでは潮流による抵抗をもろに受けてしまい,ルアーの落下が遅くなってしまいます.ラインシステムを2〜3mとれば,1号程度の細いラインで十分に対応できます.

 なお,バス用タックルはグリップエンドの部分が短いものが多く,魚が掛かったときに両腕でのタメができないものがほとんどです.この釣りに入れ込むのであれば,細身のジギング専用ロッドを新調するのもよいでしょう.


 ・小魚がもがき苦しむ様を演出

 イナダのジギングではとにかくルアーを速く巻くことがコツですが,タチウオに関してはリトリーブの速度はあまり重要ではありません.基本は水面まで下げた竿先を水平までキュッ!としゃくり上げ,直後にその分だけリールを巻き,再び竿先を下げてしゃくる,という動作を繰り返します.しゃくりのペースは毎秒1〜2回程度ですが,とにかく小刻みに行うと効果があることが多いようです.傷ついた小魚がもがき苦しんでいる様子を演出する…といった感覚です.

 タックルがライトなので,タチウオが掛かった瞬間の衝撃は格別です.あわてて巻き上げる必要はありませんが,タチウオが上に泳いでラインを噛み切ってしまうことがたまにあるので,引きが弱くなったときはラインがたるまないように注意してください.

 


トップページへ戻る>


このページは GeoCitiesです 無料ホームページをどうぞ