6月18日(Vol.10)

もどる


 6月18日号

バッシュクロスレビューVol.3

○AJ-7 

このモデルはAJシリーズで最初で最後のオリンピックモデルがでた唯一のモデルで
このオリンピックモデルは今でもマニアの間で高値で売買されている。
もし、もっているなら大事にして欲しいシューズです。
機能的にはシューズのインナーが“ハラチシステム”で足首の適度な開放感とホールド性を
融合している優れたモデルではあるが、如何せんファーストカラーのインナーの色がパッチワーク
見たいで私はどうも好きになれませんでした。

デザイン
8
ホールド感
9
グリップ
8
クッション
9

総合点

8.5

 

○AJ-8 

このモデルはAJ-7を継承したモデルでインナーが“ハラチシステム”で、その頃出た
アウトドア(ストリート)用バッシュ“エア・レイド”のクロスベルトも付いている盛り沢山の
機能でした。
履いて見た感じ、自慢のクロスベルトのお陰で脱着が面倒なのを憶えています。
しかも自慢のクロスベルトは思った程ホールド感はなく、私はこのモデルで足首を捻挫(重傷)
したくらいです。
でも、MJ自体はこのモデルで3ピート(三連覇)しました。そのお陰で次のモデルが日の目を
見ないモデルになってしまうとは・・・

デザイン
8
ホールド感
7
グリップ
8
クッション
8

総合点

7.75

 

○AJ-9 

AJ-8のところでも少し触れましたが、このモデルはMJが唯一一度もNBAの公式戦で使用しなかった
モデルです。それは、みなさんもご存じだと思いますが、一時引退してしまったからで、超有名な
話しなのでここではあえて触れません。
このモデルもフルモデルチェンジと言っていいと思います。
ソールからアッパーまでが一体になったようなデザイン、個人的に大好きです。
中でも黒×オリーブ(茶)のカラーが大好きです。
履いて見た感じ今までの中で一番軽い感じがしました・・・
余談になりますがMJがバスケを一時引退してメジャー(野球)に挑戦の際、このモデルの特製スパイク
(ナイキがMJの為に特別に作ったモデルで未販売)を履いてプレーしていました。
この特製スパイクは世界中で45足しか存在せず一足一足に手書きのシリアルナンバーが書いてあります。
私はこのスパイクが猛烈に欲しい!でも信じられない値段なので買うことはできません。
だからなおさら欲しいっ!

デザイン
9
ホールド感
8
グリップ
8
クッション
8

総合点

8.25

○AJ-10 

結構このモデルもある意味日の目を見ずに終わったモデルです。
MJがカンバックしてから使用したモデルですがMJの足にはフィットせずにあまり使用されませんでした。
でもこのモデルほどカラーバリエーションが豊富にあるモデルはなくマニア心をくすぐったモデルも
ありませんでした。
実際に履いて見た感じですが、AJ-9よりも重く感じられました。そしてインナーのワイドが広く日本人の
足には一番あうモデルではないでしょうか?

デザイン
9
ホールド感
7
グリップ
8
クッション
8

総合点

8

○AJ-11   

このモデルはシリーズ初のパテントレザー(エナメル)を使用した斬新なデザインで個人的には
好きなデザインです!特にファーストカラーの黒×白は最高です!
履きごこちもなかなか良く、ただ靴ひもがほどけやすいのがちっとといった感じでした。
でも全体的には合格点をあげられる仕上げになっています!
個人的には日本限定カラーのオールホワイトのモデルが欲しいです!
もうちょい安ければ絶対買うんだけど・・・

デザイン
10
ホールド感
8
グリップ
9
クッション
9

総合点

9

※右はローカットモデル

それではこのへんで今回は終了です。