4月27日(Vol.101)

もどる


 4月27日号
 「ルパン三世 カリオストロの城(DVD版)」
ちーす!
みんな「グランツーリスモ3」やってますか?
ずばり、私はやっていませんし、買ってもいませんが、今頃はみんなハマっている事だと思いますが今週はあえて、4月25日に発売された「ルパン三世 カリオストロの城 DVD版」の話です。

私は自分で言うのもなんですが、かなりアニメが大好きでありまして、最近のはよくわかりませんが私の青春時代はアニメとともにあったといっても過言ではありません!
アニメの中でも「ルパン三世」シリーズは特に大好きで映画版、テレビ版とも夢中になって見ていました。ルパンシリーズの中でも、アニメ界の巨匠「宮崎駿」氏の監督した作品がダントツに素晴らしいですね!
テレビ版のパート2版の最終回の一話前「飛べ!アルバトロス」と最終回「さらば愛しきルパンよ」はその二話のみ収録のビデオがリリースされているくらい超有名で、コアなファンの間では最高傑作と言われています。

その、テレビ版二話と匹敵するくらい超名作なのが、今回のネタ「カリオストロの城」です。順番的には「カリオストロの城」の方がテレビ版の最終回よりも前の作品になっています。
個人的には「宮崎駿」作品の中で一番好きです。宮崎作品の中では興行収益的にはもっとも低い作品ですがクオリティー的には今見ても色あせない面白さです。それだけ当時から完成された作品だったのだと思います。

約20年ぶりにDVDになって復活したわけですが完全リマスターという事で画像の方もかなり綺麗になっていて、公開当時の音声とステレオ音声と英語版も楽しめて、しかもおまけでもう一枚ディスクがついていて絵コンテや予告編が見れて、値段は\4700円とかなりのリーズナブルプライスになっています。これは、一家に一枚絶対必需品です。

ルパンの声を担当していた、山田康雄氏はもうお亡くなりになりましたが、私の中ではルパン=山田康雄という方程式が成立しているせいか、今のルパンの声の栗田貫一氏にはどうも違和感があって最近のルパンにはハマる事ができません。
声だけの問題ではないのですが、もう少し昔のシリーズのような面白さを取り戻して欲しいと思っています。一ファンとして・・・

この「カリオストロの城」を見た事がない人はたぶん凄く少ないと思いますが、見た事のない人にはもちろんの事、何度も見ているファンの人にも、もう一度と言わず何度も見て欲しい作品です。
そして、この「カリオストロの城」を通じて、日本映画にもハリウッド映画にも負けないくらいのアクション・エンターテイメント映画の最高傑作があるという事を全世界の人に知って欲しいと思っています。