5月11日(Vol.102)

もどる


 5月11日号
 「RioVolt」は超便利!
どうもです!
ゴールデンウィークも終わってしまい当分楽しみがない日々が続きますが皆さんはいかがお過ごしでしょうか?
私の場合、ゴールデンウィーク中はずーっと仕事だったので、私のゴールデンウィークを返して欲しいと会社の方に言いたいですね!

で、今週は「Riovolt」と言う、携帯型MP3プレーヤーの超使える凄いところを皆さんに知らしめたいと思います。
この「Riovolt」は記憶メディアがCD、CD−R、CD−RW対応で、対応フォーマットはMP3、WMAです。
凄く簡単に言ってしまうと、普通の音楽CD、CD−R、CD−RWに入ったMP3、WMAのファイル形式の音楽データを再生出来てしまうんです。CD−Rは1枚だいたい100円くらいで650〜700MBの容量があります。他のメディアだとだいたい64MBで1万円くらいします。しかも64MBで普通の音楽CDアルバム1枚分しか記憶できません。CD−Rなら約10枚分の音楽CDアルバムが記憶できます。まさにその差歴然ですね!(MP3ファイル等に音楽データを圧縮した場合)
しかも、この「Riovolt」は単三電池2本で約15時間連続再生可能なんです。これは好きな音楽CDアルバムを10枚持って歩いているのと同じ事で、会社や学校への通勤、通学時に往復で音楽CDアルバムを2枚聴くとすると、5日間も1枚のCDーRですんでしまうことになり、つまり月曜日から金曜日までということになります。下手なオートチェンジャー付のカーステより優秀ですね。
あと、旅行やドライブの時などにあらかじめ編集しておけば1枚のCDーRと「Riovolt」を持って行くだけでBGM関係はすんでしまいますし、その分別の物を持って行くことができてしまいます。なんて素敵なんでしょうか・・・
これは、みんな買うしかないですね!ただ、「Riovolt」は超便利な分少し他のMP3プレーヤーより価格が高くなっています。高いといっても実売で二万円くらいなんですが・・・でも良く考えて見ると他のソリッド型MP3プレーヤーなんかよりずーっと割安になっています。例えば、ソニーの「メモリーステック ウォークマン」を本体3万円くらいで買って、64MBのメモリーステックを1万円で買えば、合計で4万円で、もうこの時点で「Riovolt」が2つも買えてしまいます!と考えると「Riovolt」は安いとも言えます。
大きさはデザイン的に丸びをおびたデザインになっていているので、一昔前のポータブルCDプレーヤーと言った感じで、結構大きいですが、それにあまる利便性があるので、後は好みの問題になってしまうと思います。