6月8日(Vol.106)

もどる


 6月8日号
 アレン・アイバーソンは新しい神かも!
どーもっす!
全国的についにというかやっぱりというか梅雨になりましたね。
このジメジメしたのが7月半ばまで続くのかと思うとほんとに毎日ユウツです。

て、話が変わって昨日は私にとってとてもエキサイティングな一日でした。
まず一つは、サッカーのコンフェデの日本代表!
信じられませんがついに決勝に進出してしまいました。相手の他の国の代表がベストメンバーではないとか、コンディションがよくないとかいろいろと要因はありますが、とりあえず結果を出した事は評価出来ると思います。
特に昨日の中田のフリーキックでのゴールは日本中を興奮させたと思います!
決勝はフランス戦なので、5-0で負けた時のリベンジを期待しています。

で、もう一つのエキサイティングはNBAファイナル!L.A.レイカーズ対シクサーズ戦でした。
もちろんBSの生中継で会社で観戦しました。
私が一番見てみたかった対戦カードだけに最高の一戦になったと思います。
大方の予想ではL.A.レイカーズの圧勝だと思われていましたが、いざ始まって見るとシクサーズが頑張る事頑張る事、結果から言ってしまうとシクサーズの勝ちですが、いろんな意味でこの一勝はシクサーズにとってとても大きな一勝ななったと思います。
第一に第一戦でしかもアウェイでの勝利。
第二にエースのコービー・ブライアントを抑え込んだ事です。
その中でもシクサーズのエースのアレン・アイバーソンの活躍はやはり凄かったの一言です。
前半だけで30点をとり、トータルで48点の暴れっぷりでした。しかも去年のチァンピオンチーム、L.A.レイカーズ相手にです。
ホント凄いの一言です・・・

昨日の試合だけではなく、アイバーソンはプレイオフに入ってから神がかり的なシュートやプレーを連発しています。レギュラーシーズンから凄かったんですが、特にプレイオフに入ってから集中力が増しているように見られます。
自分のシュートタッチが悪いときにはアシスト役やスチールにディフェンスに頑張り、ここで一本というところでは必ずシュートを決めています。
ラプターズ戦でお尻を怪我したりと、たぶん全身怪我だらけだと思いますが、183cmの小さな体で200mオーバーの男達を相手に戦っている姿は感動すら憶えました!
そんなアイバーソンのプレーを見ていて、思わず全盛時のマイケル・ジョーダンの姿がだぶって見えたくらいです。もしかしたら神様ジョーダンを超える選手になってしまうのかも知れません。これは、新しい凄い伝説の始まりなのかもしれません!
頑張れアイバーソン・・・
明日は仕事でテレビで応援できないけど、仕事しながら応援しているよ!