11月12日(Vol.30)

もどる


11月12日号

今週は久々に音楽の話しです!

今、私が猛烈に聞いているのは「コイル」という日本のバンドで「スガシカオ」と同じ事務所で
「スガシカオ」の後輩にあたる人たちです。

バンド形体は男二人組です。よくは知りませんが二人とも30才ぐらいだそうでいろんなアーテ
ィストに楽曲を提供したりしていたそうで、下済みがかなり長かったみたいです。
彼等は“宅録(自宅で録音すること)”のスペシャリストでほとんどの楽曲が“宅録”でつくら
れている見たいですよ!

デビューシングルが“天才バカボンド”セカンドシングルが“あいすいません”サードシングル
が“クルクルフェチ”フォースシングルが“バード”とあとフルアルバムが一枚でていると思い
ます。
どの曲も個人的に大好きです。「ビートルズ」を彷彿させる曲調で独特の雰囲気を持っています。
是非、一度聞いて見て下さい。ほんとにお薦めです。

次に聞いているのが「クラプトン」のベストですね!
これもお薦めの一枚ですね、コアなファンには少しもの足りないかもしれませんが“チェンジ・
ザ・ワールド”くらいでファンになった人には入門も含めて良いのではないでしょうか。

「クラプトン」といえば、面白い話があります。
知り合いのビデオカメラマンの人の話しなのですが、かなり昔にイギリスに住んでいる友人の家
に遊びにいった時の話しです。
その友人が隣に住んでいる怪しい人から家に招待されたそうで、友人の人は一人でその怪しい隣
人の家に行くのが怖かったので、たまたま遊びに来ていた私の知人のビデオカメラマンの人に付
合ってもうことにしたそうです。
二人でよそよそとその怪しい隣人の家にいったところ、なんとその怪しい隣人は「クラプトン」
だったそうで、私の知人は「クラプトン」の大ファンだったので超感激したそうですが、その友
人の方は「クラプトン」の事をまったく知らず終止キョトンとしていたそうです。
いやー!嘘のようなホントのうらやましい話しでした。

てな感じで今週はこのへんで・・・