4月7日(Vol.50)

もどる


4月7日号

ベイグランドストーリーの話!

今週もまたまたゲームねたで行きたいと思います!
で、今週は少しタイムリーではないのですが、スクエアのプレステ用ソフトの「ベイグランドストーリー」
(以後ベイグラに省略)のお話です。

いやーっ、でも何と言ってもこのベイグラの話をする時には一番に言わなくてはいけない事がありま
して、それは何かと尋ねれば(言いまわし超古)、あの週間ファミ通のクロスレビューのコーナーで、
プレステソフトでは初の40点満点をとった、輝かしいソフトであります、あのバカ売れした「FF8」や「
ポケモン金・銀」でさえとる事ができなかった満点パパ(超古2)を取ったソフトなのです。
以前に満点をとったソフトはN64の「ゼルダの伝説」だけで、ベイグラと合わせて2本しかない事で凄
さがよりわかってもらえると思います!
しかも、週間ファミ通のクロスレビューはかなりの厳しさで有名で、まさにイタリアのサッカーの採点表
なみで10点満点中、半分の5点とったとしても並以下扱いで6点以上をとってやっと並というか普通
の評価になるといった感じで、ホントにソフトメーカーさん泣かせのコーナーなので、本当に満点はモノ
スゴイ事なんです!
このくらいでたぶん皆さんにやっと凄さがわかってもらえると思います!(超しつけー!)

で、ベイグラとはどういうゲームなのか、すげー簡単に言うと、アイテム(武器・防具)合成ができ、ダ
ンジョンは変わらないシレン(不思議のダンジョンシリーズ)とメタルギア・ソリッドを足して割ったよう
なゲームです。(たぶんゲームファンしか理解不能)

ベイグラを作ったのが私の大好きなクリエーターの松野さんで、松野さんの代表作は、「オウガバトル」
「タクティクス・オウガ」「ファイナルファンタジー・タクティクス」でどれも最高傑作ばかりです。
ただ、松野さんの作品に共通して言える事は緻密な舞台設定のあまりゲームとしての敷居が高い&
間口が狭い、事ですね。
つまりライトユーザーには難しいイメージを与えてしまう事です。決して不条理に難しい事はないので
すが、イメージ先行でプレイせずに終わってしまう・・・プレイするところまで行かないのが私は凄く残
念です。
とりあえず食わず嫌いはやめましょう!だって本当にもったいないと思うし一度食べてからでも嫌いに
なるのは遅くないし、じつはすごく美味しいかもしれないし・・・
絶対に松野さんの作品は美味しいし、しかもスルメ見たいに噛めば噛むほど味が出てくる作品ばかり
です!
さあー!だんだんやりたくなってきたでしょう!そう思ったら速攻でお金を持って買いに行きましょう!
もちろんベイグランドストーリーを・・・

来週は、お蔭様で「祝!50号記念スペシャル」です!
では、また来週・・・