9月1日(Vol.69)

もどる


9月1日号

C@Mailというデジカメの話


 先週の8月26日に、テレビのニュース等でみなさんもご存知だと思いますがついにあの
大作RPG「ドラゴンクエスト7」が発売されました!買うために行列などもできて大変盛り
上がっていたようで、あいかわらずの人気がうかがえました。
もちろん私も買ってしまいました。先週のこのコーナーでは「FF9」が終わったら買って
プレイするとか何とか流暢な事を言っていましたが、仕事の現場の近くに「トイザラス」が
あってそこに寄ったらたまたま売っていたので思わず買ってしまいました。まあ、ドラクエに
関する事は後でゆっくり書くとして・・・

 で、ここから本題に突入します。
「C@Mail」とういうデジカメを買ったのは7月のはじめの頃だと思います。あまりの暑さに
エアコンを買わないと死にそうだったのでエアコンを買いに家の近所の「コジマ電気」に
行った時に、以前からずーっと欲しくて探していた「C@Mail」を見つけ即買いしてしまいました。

 なぜ、私がそこまでこのデジカメを欲しくて欲しくてたまらなかったのは、なんと言っても
その値段にあります。実売で税込みで¥8000くらいで、コンピューターとの接続がUSB、
フォトレタッチのソフト付きと、まさに至れり尽せりって感じです!
この値段の秘密は発売元がなんと、おもちゃの「バンダイ」と言う事もあって機能を制限して
画素も10万画素とはっきり言って高性能とはまったく言えませんがそれゆえにおもいっきり
おもちゃ感覚で手軽さに絞ったところにあります。
デザインもスケルトでまんまおもちゃなんですけどね・・・
そこに私もすごーく共感してしまったからで、イメージとしては使い捨てカメラのデジカメ版とでも
言ったところでしょうか?
で、使って見ての問題の画像ですが、キレイとは言えませんが、そこそこちゃんと写っているし、
メールやホームページに載せる程度なら全然問題ないレベルですね。少し全体的に白っぽいけど、
フォトレタチソフトでいくらでも修正可能なのでほんと問題なしです。まさにデジカメの入門機には
もってこいですね!
この「C@Mail」をさんざん使い込んで高い高機能のデジカメにシフトして行くのもありではないで
しょうか!

 補足ですが、私も買った初期型「C@Mail」がどうやらバカ売れしたらしく、つい最近マックにも
対応した新型が発売され、これでマックユーザーも使えますね!
では、今週はこのへんでバイバイブー!