2月2日(Vol.89)

もどる


 2月2日号
 鬼武者の話!
いやーホントすいません!
先に謝っておきますが、先週は急病でこのコーナーを更新できなくてすいませんでした。
雑誌で言えば穴をあけたというやつですね。
まさか入院するまでとは自分でも思いませんでした。我ながら自分の体の弱さが情けない・・・
入院中は、いろんな事があったので今度近い内にネタとしてこのコーナーで書きたいと思ってますのでお楽しみに!

で、もってここから今週の本題の「鬼武者」の話です。
プレステ2(以後PS2に省略)の待望の新作としてだいぶ期待して待っていた人も多いソフトだと思いますが、結論から言うとズバリ「買い」です。ゲーム自体の難易度は結構高めに設定してあると思うんですが、基本的な操作感やシステムはバイオハザードと同じなので、バイオハザードシリーズをプレーしたことのある人なら、すぐに慣れると思います。また、ストーリー展開が上手いので続きが気になって死んでも死んでもプレーしてしまう中毒性があり、時折見られるハイクオリティーなムービーもさすがPS2といった感じで凄いですね。
だから、「買い」です。

個人的なプレーしての感想は、面白い!
何が面白いのかと言うと純粋ににアクションを楽しめるところですね。このへんはバイオハザードシリーズからの、順当な進化だと思います。単純にバイオハザードの設定を戦国時代にして、敵を倒す武器を銃系から刃物系に変えただけといえば、そうなんですが、ベースがしっかりできてるだけに面白いでんよ・・・
ただ、私自身がプレーが下手だからかもしてませんが「終」の赤い文字が頻繁に出てきます。つまりゲームオーバーです。
敵との戦闘で傷ついて死んでゲームオーバーならまだ納得いくんですが、ストーリーの初めの方のパズルゲームぽいところでも失敗するとゲームオーバーはちと辛いですね!私がどんくさいからかもしれませんが・・・
あと、ムービーに関してもオープニングムービーがどこどこのCGの大会で、大賞をもらったそうで、超凄いですね!
でも、私個人としては、バイオハザード・コード、ベロニカ(DC版)のムービーも凄かったのでテレビや雑誌で騒ぐほど凄いとは思いませんでしたが・・・
と、まあ、私の中ではかなりの高得点を弾き出している事には変わりないんですが・・・

病気のお陰でまだエンディングを見ていないので、早くプレーを再開してエンディングが見たいですね!