3月23日(Vol.96)

もどる


 3月23日号
 ついに発売「ゲームボーイ アドバンスド」
 今週は3月21日に発売された任天堂のニューハード「ゲームボーイ アドバンスド」の話題です。
もちろん「ゲームボーイ」と言えばたぶん知らない人はまずいないと思います。全世界で出荷台数が一億台を超えるモンスターハードで、今回発売された「アドバンスド」はその後継機となっています。

 簡単なスペックとしては、画面がワイド画面で(それにともない本体も横型)前のゲームボーイの1.5倍の大きさの2.9インチで3万2千色同時発色。
ゲーム機の心臓とも言える「CPU」は8ビットから倍の倍の32ビットに大幅にパワーアップしています。ちなみに32ビットといえば「プレステ」と同じなので、そう言われると「アドバンスド」のポテンシャルの凄さが分かってもらえると思います。
そして、今までの「ゲームボーイ」ソフトと完全互換性があり、「アドバンスド」でも前の「ゲームボーイ」ソフトが遊べてしまいます。

 今回の最大のウリと言えば、マルチプレイですね!
ソフトによりますが、一本のゲームのカートリッジで最大4人まで対戦が可能なんですよ!今までの対戦はお互いに「ゲームボーイ」本体とソフトを持っていないと対戦出来ませんでしたが、「アドバンスド」ではソフトが一本あって、本体が4台あれば4人で対戦出来てしまうんです。なんてお得!!
(この一本ソフトの対戦では機能が限定されています)

 実際に使用して見ての感想なんですが、かなり良い感じでした。使用したソフトは「F-ZERO」というレースゲームで、ちゃんと一本のソフトで対戦出来たし、画面もキレイで、処理速度もかなり良好でストレスを感じないでプレー出来ました。
ただ、画面が小さいので長時間プレーすると目が疲れますが、携帯ゲーム機なのでしょうがないと言えばしょうがないんですけどね・・・

 一言、クセを付けるとしたら、やはり画面の暗さですね。反射型TFTなので暗い所でプレーすると画面も真っ暗になってしまいます。バッテリーの問題だと思いますが、出来れば透過型にしてくれれば、もっとクリアな画面で鮮明なグラフィックを堪能できたのに残念です。でも、この点を除けば十分合格なのでお薦めできますね!