キャプテン挨拶

 

我がチームは、一部の高校野球経験者以外は、野球における基本動作即ち、キャッチボールトスバッティングもまともに出来ない≪ど・素人集団≫である。

それゆえに、勝った時の喜びは計り知れないものがある。今は、バッテリーと、相手チームの自滅で勝っている。

このままでは、一点を争う凌ぎ合いには、まず勝てない。チームを預かるキャプテンとしては、まず全員にキャッチボールトスバッティングの重要性を説きたい。これが出来ないと、前には進めない。レベルアップは出来ない。

目指せキャッチボールトスバッティングの名人!七條