Some liquor and music in the wooded country

             

 

いらっしゃいませ。ぜひ掲示板に一言おねがいします。ココをクリックしてね。

NEW⇒「笑えるお話集4」久しぶりに「笑えるお話集」を更新しました。



 
【new】2006.5.2
会社のホームページなかなか更新できませんが、少しずつ少しずつ気づかない程度に更新していますので、良かったら見てくださいね。
http://kitacute.net/myp/raxy/
http://www.aquafits.com

・「徒歩見聞録」100年前の『九州旅行日記』
100年以上前の明治29年夏、旧制山口高等学校在学中の多田省吾氏(ホームページ作成者の祖父)は学友6人と約1ヶ月かけて九州一周旅行を敢行した。この時の旅の記録は「九州旅行日記」として子孫に伝えられた。

・珈琲ブレイク
私の親戚の許斐宗孝さんがExcel2000VBAで作成したボードゲームです。
湯布院の宿に宿泊した時に、置いてあった木製のゲームです。ルールは単純ですが、なかなか・・・・。
   
         
  「森とお酒と音楽」なんて書いてあるから、さぞロマンチックなサイトだろうと思って期待して見てみたら、何の事はない。「森とお酒と楽器」の絵があるだけではないか?」と言う厳しいご指摘がありましたが、全くそのとうりで、本年も相変わらず、その線で行くつもりですのでどうぞよろしお願い致します。ただ少し面白話を追加していこうと思いますが、なんせ”ネタ”が無いので皆様のご協力お願いします。なんて事はありませんこの下のような、身近でつい笑ってしまったような事でも結構ですよ。

 

兄:「明日(あした)、明後日(あさって)、明々後日(しあさって)の次は何やったっけ?」
私:「う〜ん・・・・・・・。」
兄:「そうそう『さしあたって』かな〜。」
私:「・・・・・・・・・・・。」
 


  それは、息子がまだ幼稚園の年少さんの頃。
欲しがっていた自転車をかってやると、それは大変喜んで水を得た魚のように乗りまわしていたそんなある日・・・。いつものように自転車を倒してしまい、自転車を起こせなくて「できなーい、できなーい」と泣いていた。そこでそばにいた妻が「頭を使ってごらん。」というと息子は自転車に頭をゴリゴリ押しつけて、さらに「できなーい、できなーい」と痛がって泣いていた。本気だったのか、わざとだったのか今となってはもう分からない。
 

  やっぱり息子がまだ幼稚園の年少さんの頃。ある日妻が、家にいるメスの犬に比べてやっぱりオスの犬の方が胸板が厚いねって言うと・・・・。息子はオス犬の胸を恐る恐るさわって「そんなに熱くないよっ」ていっていた。  


つい最近、近くの遊園地が動物公園に様変わりしたので、家族で見に行った時のこと。息子も私も小学校の時にこの場所の林間学校に通ったのでとても懐かしく思いながら動物達を見て歩いていた。ライオンの場所に着くとガラス窓から覗けるように工夫してあったので、私は危ないから「きっと分厚いガラスを使っているんだろうなぁ」と思いながら、ガラスを触り「ほら、やっぱりいね。」と言うと息子も「ほんとだ!すごくいねぇ〜」と同じようにガラスを触りながら繰り返した。すると近くで見ていた妻が近寄ってきてガラスに触ると何を勘違いしたのか「なーんだくないじゃない」とつぶやいた。私は「良く似た親子だなぁ」と昔を思い出してまた懐かしい思いに浸った。

  先日、息子が一つ年下の友達に、卒業の祝いに花束を持っていったところ、本人は不在で、その子の母親が玄関に出てきました。その花束を、その子の母親に渡し息子は、こういうのが苦手らしく、何を慌てたのか、「あっ、ありがとうございました!」と言って花束を渡したそうだ。いったい何が有り難かったのだろうか?  


旧掲示板はお陰をもちまして無事跡形もなく崩壊致しました。これまでご利用頂きました皆様には絶大なるご支援を賜りありがとうございました。今後もし万一何かお話しがありましたら、右◆⇒のbQ掲示板をご利用ください。


 

  お立ち寄りありがとうございました。上のようなくだらない話でも何でも結構です。身近にあった笑える話がありましたら是非一言足跡をお願い致します。返事がなかったら下のメールで催促お願いします。  

 

掲示板2

 

人に教えたい面白い話や、質問がありましたら是非メールをくださいね。

◆このページは06/11/11 に最終変更しました。