T. 肥満の増加と栄養指導の必要性

厚生省の栄養調査などによると、最近の日本では総人口の約1/3はエネルギー摂取過剰であると指摘されていますが、反対にエネルギー消費量は減少しています。その原因として、生活の合理化、簡便化などにより、日常生活活動における消費エネルギー量が減少してきたことが考えられます。
このような状況から、近年肥満者が増加し、これに伴い糖代謝異常脂質代謝異常が増加し、国民の健康上の問題になっています。
肥満は種々の疾病を誘発しやすく、肥満が原因で起こる疾病としては、糖尿病、高血圧、動脈硬化症、痛風、心疾患、高脂血症、胆石、肝臓病などがあげられます。
これらの疾病は、肥満の食事療法を実施することにより、ある程度改善されます。

U. 食事療法の基本方針

@ 摂取エネルギーの決め方

1日にどの位のエネルギーを摂取すれば良いかは、性別・年齢・身長・体重・生活状況(仕事内容・運動量)などによって違ってきます。また体重減少の速度についても、個人の状態に応じて決定します。

A 各栄養素摂取量の決め方

・ タンパク質
標準体重1kgあたり、1〜1.5gのタンパク質が必要です。但し、1日最低60gは摂取すること。肥満者はとかく極端な制限をしたがることが多く、そのことが減量を中断する原因ともなります。

・ 糖質
体脂肪にもっとも変化しやすい栄養素であるため、制限が必要です。しかし、1日最低100gを確保する。これ以上制限する必要はありません。それは、糖質は体脂肪がエネルギー源として完全燃焼するためにも、一定量必要であるからです。また、あまり不足すると疲労の原因にもなります。

・ 脂質
脂質は少量で高エネルギーの栄養素ですが、極端な制限は空腹感のもとになり、糖質、間食の摂取を促す原因にもなります。1日30〜40gは摂取することが必要です。
摂取量とともに、脂質の種類を選ぶことも大切です。つまり、体脂肪になりにくいとされている、リノール酸を含む多価不飽和脂肪酸の多いものを摂取する。このことは同時に、高脂血症、高血圧症などの予防・治療にも有効です。

・ ビタミン類
健康時の食事に準じて摂って下さい。

・ ミネラル
ビタミン類と同様に考えて下さい。但し、ナトリウム(塩分)は高血圧症をはじめとして、その他の疾病がある場合は、その症状の程度に合わせた制限が必要です。
また、合併症がない場合でも、塩分は食欲増進につながるので注意が必要です。

B 食品について

・ できるだけ使用を控える食品
アルコール飲料・砂糖・甘味品

・ 取り過ぎないように注意する食品
米飯・麺類・パン類・いも類・もち・脂身の肉や脂の多い魚肉・油・せんべい・チョコレート・ケーキ・和菓子・落花生など

・ 普通に摂って良い食品
脂の少ない鳥肉や赤身の肉・白身魚・貝類・大豆製品(油揚げやがんもどきは除く)・牛乳・卵類

・ 割合い多く摂取して良い食品
生野菜・果物・海藻類・こんにゃく・おからなど

食事療法を継続させることが一番大切です。


メール

編集 : 管理栄養士 滝澤邦子


栄養相談とは?糖尿食について食べながらのダイエット栄養補助食品(サプリメント) TOPへ