平成堂薬局のホームページへようこそ
〜漢方免疫研究所〜



五臓六腑の相関



  臓腑の概念

   臓腑とは、基本的には解剖学的な名称に基づいた概念で、次のように分類されます。

     臓  : 心・肺・脾・肝・腎          (一般に合わせて五臓という)

     腑  : 小腸・大腸・胃・胆・膀胱・三焦   (一般に合わせて六腑という)

     上の臓と腑をあわせて五臓六腑といいます。              

   中医学でいう臓腑は、さまざまな生理的・病理的な現象を解剖学的名称の臓腑に
   あてはめたもので、1種の機能単位とでもいうべきものです。             
   したがって、西洋医学でいう同名の臓器とは異なる部分が多くあります。     
   各臓器の生理機能および臓腑・組織間の関係などについては、各論において  
   具体的に述べられますが、主なものについて一覧にして示します。        


 表1 臓腑の生理機能及び組織との関係   

五臓 生理機能 器官 開竅 精神意識
小腸 血脈を主り、神を蔵す 脈管
大腸 気を主り、水道を通調する
運化を主り、血を統帥する 肌肉
疏泄を主り、精を蔵す
膀胱 水を主り、精を蔵す

 ※表の見方 (例)
   心は、小腸と表裏の関係(臓は裏、腑は表)にあり、管脈をコントロール します。
  また心の病変は舌にあらわれ(竅を開く)、顔の色・つや(華)にあらわれます。
  そして(七情)の過度は心を傷つけます。


  五行説

    五行説とは・・・・・ 宇宙間の一切の事物をすべて5種(木・火・土・金・水)の
   性質に帰属させて、 同時に宇宙間の一切の事物は、この5種の物質の相互作用、
   相互変化によって 構成されているという考え。 医学領域においてもを人体の内臓、
   組織、器官、情志などをみな 5種(五行)に帰属させています。
    
  
表2 五臓の色体表(五行の配当表) /(五行属性帰類表)

五行
五臓
五腑 小腸 大腸 膀胱
五竅
五主 血脈 肌肉
五色
五味
五季 土用
五志
五液
五声

    相生と相克 五行説において一切の事物が5種の物質から構成されていることについて
   は前述したとおりですが、さらに各種の物質間には互いに連携があり、 それぞれの間には、
   切り離して考えることのできないに相互依存の関係があります。
   この相互関係は相生、相克という二つの面にあらわれます。
   正常な生理機能を維持するためには、相生・相克がうまく結合してバランスが
   とれていることが重要です。

 ○
相生 : 相互支持、促進、助長のこと (肝は心を生む、心は脾を生む。脾は肺を生む・・・)

 ○
相克 : 相互制約、抑制のこと     (肝は脾を克す、脾は腎を克す。腎は心を克す・・・)

   
ただし、破壊を意味するものではありまでん。

    肝と他の臓との関係をみますと、肝生心(肝は心を生む)、 腎生肝(腎は肝を生む)、
   肺克肝(肺は肝を克す)、 肝克脾(肝は脾を克す)となり、これらの 4方面の力が
   バランスよく保たれることにより、肝の 機能は正常に維持されています。
   他の臓腑も同様です。
    したがって、一つの臓の機能が、何らかの原因で亢進または衰退すると、
   正常な相生・相克のバランスに影響が及んで、様々な病理変化を引き起こします。




     

Copyright(C)2000 Chinese medicine immunity institute / Heiseido pharmacy. All Rights Reserved.