病 歴

戻る

 

基本的に鬱を伴うパニック障害(胸痛発作、過呼吸症、めまい等の発作があります)

不眠症・・・これは中学生頃から寝つきが悪く床離れも悪いと言う事で、その頃から続いていると考えられます。

基本中の基本アダルトチルドレン(AC)これは家庭環境(両親に不仲や父方の祖父母との同居による)の劣悪により起きたものと推測されます。

2002年初頭より離人症(解離性同一性障害)が発覚この頃色々精神的なダメージを相当受けてそれだ原因と推測される。

解離(離人症)発症については、あえて詳しく書かない、色々自分自身及び関係者に迷惑がかかる事を考慮して。

また現在服用中の薬や治療方法等は公開するつもりがありません、あしからず。

解離性同一性人格障害等については、いろいろなサイトで詳しく解説されていますのでここでは触れません。

 

解離(離人症)時の人格紹介

 CROW(主人格だと思う)

普段はこの人格で居る、若干鬱の影響があり、あまり外出しようとしない、性格的には大人しく内向的、友達づきあいが苦手、対人関係が上手く作れない、

人との争いを嫌います言い換えれば、対人恐怖症的な面があるからその部分で、他人との争いを嫌うのかもしれない。 

またこの人格は基本的にはやや社会性に欠け、引き篭もり気味、ACについての記憶もそこそこ知っている。

 阿修羅(ある意味全ての人格を知っている)

主人格を守る為に他人に対して冷徹、敵か味方かはっきりさせる傾向が強い。

敵とみると寄せ付けず攻撃する、それでも執拗に寄って来るととことん攻撃をする、言葉による攻撃で実際は暴力は振るわない。

ただ名前の通り、怒らせると相手の自尊心などと言ったものをことごとく破壊します、敵だと思われないでね。

 拓(拓也)

仕草などヤクザっぽいらしい、特に言葉遣いは関西弁(かなりヤバイ系)大阪弁に成れていない人は完全に引きます。

でも人に対して攻撃的なところは全く無く、一種の反抗期の少年と言えるだろう。

 正也

こいつは猜疑心の塊、人を信じる事が出来ない、また信じようともしない、引き篭もり傾向が強くたまに表に出ても危ないオーラ出しまくり。

世の中に対し拗ねているような部分があり、根本的にいつも何かに悩んでいる。

言い方を変えれば世の中を斜に構え、真正面から見ようとしない、相当裏切られてきた記憶があるらしい。

 他の人格

まだはっきりしない、コンタクト出来ない人格が2〜3名ほど居ます、分かり次第発表したいと思います。

 

 

戻る