フレッシュケールジュース


ケールはキャベツの仲間

ケールぱキヤペツやブロッコリーの先祖にあたる野菜、別名:リョクヨウカンラン緑の葉のキャベツと云われております。

ケールは野菜の王様

ケールは健康食ブームで日光を浴びた野菜の二責糧にあげられますが、ビタミン(特にA・B・Cが豊富)はもとより、カルシウム、タツパク質も多く含まれております。又最近は発ガン物質を抑える性質があることもわかって注自されています。

ケールの原産地

ケールを含むキヤペツ類の原産地はイタりアの海岸から山間にかけてであろうといわれ(BEKER1950)又BOSWELL(1945)東部地中海から小アジアか原産地で、ゲルト人により欧州に移され1疋と云われております

ケールで言うこんな人は

忙しい人、疲れやすい人、外食中心の人、野菜ぎらいの人、食欲のない人、太りすぎの人、やせっぽちの人、便秘がぢの人、生理不順の人、暖れない人、顔色の悪い人、カゼをひきやすい人、口臭・体臭気になる人、乗り物に酔いやずい人、冷え性の人、アレルキー体質の人。

ケールの品種

PortugueseKale(ポルトガルケール)は2年生土木、又は環境条件の変化により1年生となり、草だけ低く単茎しばしばそう葉が種を作るが結球しない葉はろう質が強く大きい、葉が分厚くて、丈の低い、キャベツによく似た品種です。主としてポルトガル人によりバーミューダ島で栽培され、茎葉を一時に収穫し、ニューヨークに輸出している。
PortugueseKaleの1品種ブラカンザ、広茎カンランという、葉は密につき葉肉は厚く、晩秋には半結球する、霜に非常に強く、外葉も内葉もやわらかく甘いので当方ではこの品種を選んでおります。

ケールで美しくなろう

肌をキレイに、肌荒れに、顔面黒色症に、にきび吹き出物に、色が白くなる、シミ、そばかすに、くちびるの荒れに、爪の色つやに、かぶれに、スマートな外形に。

ケールの栽培

ケールやキャベツ類は一様に冷涼な気候を好み春期と秋期に旺盛な発育をとげ、耐暑耐寒性ともに強いと云われていますので栽培は箱根山中において有機栽培、無農薬で栽培しております。

箱根山中のケール畑:天気が良ければ富士山が見えるのですがこの日は曇っていて見えませんでした。