★Mercyのオセロ講座★



オセロを強くなる方法の一つに『定石を覚える』ことがあります。
実際、オセロの強い人はほとんどの人が定石を知っています。 しかし・・・

定石を学ぶのは結構難しいことなのです。
Mercyは以前、オセロを強くなりたいと思って定石を勉強してはみたのですが、
正直、なんのこっちゃわかりませんでした・・・(* ̄∇ ̄*ゞ

そこで、

同じような人のために、
Mercyが今までの試合から見出した、勝つためのコツやワザ
できるだけわかり易く、紹介しちゃいます☆


Level_1Level_2Level_3Level_4Level_5



Level_1  オセロの基本


2c 2d 2e 2f
3b 3c 3d 3e 3f 3g
4b 4c 4f 4g
5b 5c 5f 5g
6b 6c 6d 6e 6f 6g
7c 7d 7e 7f





ご存知の通り、
オセロは、黒・白どちらもが置くことができない状態になった時点で、
自色の数が多いほうが勝ちです。

そのため、初心者の方が最も勘違いしやすいのが、
『序盤からガンガン取った方が有利』
だということです。

この方法で戦った場合、ある程度までのレベルの人が相手ならば、
お互いに取り合った末、うまいこと勝つことや、
途中で全てを自色にすることで勝つことがありますが、
基本的には、序盤からガンガン取った方は不利になります。

何故、序盤にガンガン取ると不利になるのか?
それは、取り過ぎることで自分の置ける場所が限定されていくからです。
置く場所が限定されると、たとえ置いてはいけないとわかっていても、
角を取られる場所(星など)に置かなければならなくなります。

オセロはほとんどの場合、如何に角を取るかで勝負が決まります。
いくら序盤で自色の数を稼いでいても、角を取られただけで、
簡単にひっくり返されてしまいます。

このことに付随して言えることとして、
基本的には、辺を自色で占有し過ぎることも、自分を不利にします。
占有している辺の隣の角を取られれば、辺は全て取られてしまいます。


『できる限り少なく取ること』『辺を占有しすぎないこと』
まずはこの二つを心掛けてみましょう☆




Level_2  オセロの基本







弱い人が相手ならば、基本気世韻任發なり勝てるようになりますが、
基本気瞭睛討肋しオセロを知っている人ならば、みんな知ってます。
このことを、「だから何?」ですませてはいけません。
相手も自分と同じように少なく取ってくるのですから、
基本気世韻任蓮⇒グ未卜つことができなくなるのです。

ではどうするか・・・

極端な話、相手の邪魔をすればよいのです。

相手が少なく取ろうとしてくるのだから、
相手が少なく取ることができないようにするのです。

自分が置いたあとで、相手がどこに打つのかを想像しましょう。
もしも、相手が少なく取れるような形になるのならば、
他の場所に置いた場合を考えましょう。
そして、最善だと思う場所に置けばよいのです。


ただし、基本気汎韻犬、基本兇發△訥度強い人ならば、
当然のようにやってきます。

ではどうするか・・・

この先には、はっきりとした答えはありません。
オセロには必勝法が存在しないのです。
そして、ここからの知恵比べが、オセロの醍醐味なのです。

オセロを強くなる絶対条件は実戦経験を積むこと
もちろん闇雲に打っていても強くはなれません。
考えながら打ちましょう。

そして、勝つためのワザを知ることで、確実に強くなれます。
Level_3からは、いよいよMercyの知っているワザを紹介します。
少しずつでいいから覚えて使って下さいね☆




Level_3  不完全辺と完全辺


1a 1h
2b 2g 2h
7b 7g
8a 8g 8h





左図における上辺と左辺の状態を完全辺
左図における下辺の状態を不完全辺(通称:ウイング)とします。
また、不完全辺の尖っている側を先端とし、反対側を後端とします。

完全辺は、一方の角を取ることで、その辺の自色が確定するのに対し、
不完全辺では、後端の角(8h)を取ると、その間(8g)に入られてしまい、
その辺と反対側の角(8a)を全て取られてしまいます。

よって、一般には完全辺のほうが好まれる傾向がありますが、
左図のように、不完全辺の先端に完全辺を作ると、
下辺と左辺を一気に取られてしまう可能性があるため、
隣り合う辺との関係を考えて、完全辺を作る必要があります。

ちなみに、このことを利用すると・・・
相手色の不完全辺がある場合に、その後端の角をあえて与えることで、
その辺と反対側の角を自色にすることができます。
そして、その不完全辺の先端に、相手色の完全辺があれば、
もう一つ角を取ることができるため、ほとんどの場合、有利な状態になります。

逆に、自色の不完全辺の先端に完全辺を作ると、
不利になる可能性があるため、注意する必要があります。
不完全辺の後端に完全辺を作るのは、特に問題はありません。




Level_4  中立辺


1a 1c 1h
2b 2g 2h
7b 7g
8a 8e 8h





左図の上辺と下辺の状態を中立辺とします。
自色側を後端とし、相手色側を先端とします。

左図の下辺において、角(8h)に置かれた場合、
不完全辺の時と同じ要領で、その間(8e)に置けば、
もう一方の角(8a)を取ることができます。
そして、その中立辺の先端に相手色の完全辺があれば、
もう一つ角を取ることができるため、ほとんどの場合、有利な状態になります。

逆に、上辺のように、中立辺の後端に自色の完全辺を作ると、
不利になる可能性があるため、注意する必要があります。


Level_3とLevel_4の内容を表にまとめると以下のようになります。

自色の不完全辺の先端に自色の完全辺不利
相手色の不完全辺の先端に相手色の完全辺有利
中立辺の先端に相手色の完全辺有利
中立辺の後端に自色の完全辺不利





Level_5  特殊な不完全辺


図A
1a 1g 1h
2a 2b 2g 2h
3a
4a
7a 7b 7g 7h
8a 8g 8h


図B
1a 1g 1h
2a 2b 2g 2h
3a
4a
7a 7b 7g 7h
8a 8g 8h





Level_3で、不完全辺の後端の角を取ると、
間に入られてしまうことを紹介しましたが、
ここではその例外を一つ紹介します。

図Aにおいて、黒が不完全辺を攻めようとして、2gに置くと、
図A-1のようになります。

ここで、白が角(1h)に置くと、黒の思惑は成功するのですが、
白は角を取った時の隙間となる1gに先に置くことができます。(図A-2)
その後で角を取れば、自色の辺を奪われることもありません。
不完全辺の勝利です!!
図A-1
1a 1g 1h
2a 2b 2h
3a
4a
7a 7b 7g 7h
8a 8g 8h
図A-2
1a 1h
2a 2b 2h
3a
4a
7a 7b 7g 7h
8a 8g 8h
原理は、相手が星に打った時点で、
不完全辺の後端に垂直になる列に自色がないため、
隙間になるはずの場所から順に置けるというわけです。

この原理からわかるように、図Bのような場合にも、
図Aの場合と同じように、隙間となるはずの場所から順に置くことができます。

この他にも、もう一つ特殊な不完全辺があるのですが、
とても難しく、実践で使えることも稀ので、とりあえず止めときます。





この他にも、様々な大技小技がありますが、
とりあえず、今回紹介できるものはこれぐらいです。

以上のことを常に意識できるようになれば、
あなたは間違いなく強くなります☆

オセロは強くなればなるほど面白くなるから、
いっぱいいっぱい強くなって、
JgameでMercyとも勝負しましょー♪







top