本の宣教師

ここでは同志を増やすべく、お勧め本を御紹介。まだ読んでないあなたは是非味見してみてね。

★実用

東城百合子先生の本
 世の中のすべての女性に読んで欲しい。男女同権でも、女性と男性は役割が違うということを。女性が手抜き料理をすれば、家族の健康は失われ、家庭も崩壊する。何よりも手作りした真心のこもった料理を作ること。当たり前だけど、実行するのが難しいんだから!家族の健康を守ってあげるのは、貴方なんですよ。

★冒険系

亡国のイージス 上・下 福井晴敏 講談社文庫
 私には装備も銃器も分からないし、人も沢山死ぬけど、物語のスケールは大きいから、読みごたえあります!仙石曹長と、如月くんのコンビが好きです。

ホビットの冒険 トールキン著 
 指輪物語の前に読むと、更に面白い一冊。フロドの義父ビルボの冒険物語り。某魔法使い、あの人の父上や、指輪物語りのあの「指輪」、あの人の父も出て来ます。

指輪物語 トールキン著 
 魔力ある指輪をめぐって、(当初)9人の仲間が旅をするファンタジー。物語りが大きくて、非常に面白い。きっとあなたの好きなきゃラが見つかるはず!

亜州黄龍伝奇 狩野あざみ著 
 香港を舞台にした黄龍をめぐる伝奇小説。とにかく、面白いから一度読んでみて!香港に行きたくなりますよ。秋生くんに甘い過保護な龍虎の陰険漫才は必読でしょう。

陸小鳳伝記 古龍 小学館文庫
 武侠小説。いい男3人が活躍する中国剣客アクションとでも言いますか。陸小鳳、花満楼、西門吹雪かっこいいですね。あえていうなら花満楼さま!男の世界は酒と刀といい女で、決まりでしょ。
    劉徳華の出ている映画『決戦紫禁城』を見て、そういう世界があるんだなぁ、と知りました。しかも原作が有るなんて!映画の009が、陸小鳳なんですね。原作とはルックスがかけ離れているけど。西門吹雪はそのまんま。一度剣を抜いたなら、相手が死ぬか己が死ぬか。かっこいいですね。

★着物・日本服装史系

男のキモノ 笹島寿美著 神無書房(実用)
 裃の着付けまで載っている(笑)。一体何に使うんだ?袴のたたみ方とか付け方とかか、私に教えてくれた本。袴の結び方にしろ、羽織りの紐の結び方にしろ、種類があって楽しいわ。  男の方!たまには着物もいいですわよ。女物より断然着付けが楽なんだから、着なきゃ損!損!

江戸服飾史談 大槻如電講議録 吉田豊編著 芙蓉書房出版
 とにかく大槻氏の講談ちっくな、服装史は面白いんです。江戸時代は夢のような世界。

高畠華宵美少年図鑑 
 春信ばりの高畠華宵の着物の絵は大変美しく、はまります。この方の書かれる着物姿は格別!時代衣装の絵も原本を華宵流に描いてあって綺麗ですよ。個人的には洋装短髪の絵は嫌いです。

★漫画 剣・時代系

「レタスバーガープリーズ。OK,OK!」 松田奈緒子著 集英社ヤング ユーコミックスワイド版(漫画)
 戦国江戸オタクの時代小説作家の綾と、十手マニアの劇画風挿し絵画家の稲造くん(←かっこいいのはお決まり)の恋愛話。綾のように美人ではないけれど、私と綾ってそっくりなんだよね(笑)。綾の気持ちがすごくよく分かるの。綾はおそらく、上杉ファンですね。特に山城好き。稲造さんがクールでかっこいい。デート先は歴史スポットなんて、最高。稲造さんのような良き理解者がいてくれたら、楽しいでしょうね。

鏡花夢幻 波津彬子 白泉社文庫(漫画)
 泉鏡花が好きです。波津彬子も好きです。特に好きなのは「天守物語」。姫川さまが、素敵。やっぱり、和風幻想はいいよね。泉鏡花の作品は、戯曲が多いので読みにくいけど、漫画なら大丈夫。

無限の住人 沙村広明
 両親を無骸流に殺された、少女凛が不死身の剣客卍次さんとともに親の敵討ちの旅に出る。それぞれの刺客の個性、武器デザインがいい。とにかく絵が美しい。

  ★吸血鬼 ゴス系小説

ヴァンパイアクロニクルズスリーズ アン・ライス著 扶桑社
 「インタビュー・ウイズ・ヴァンパイア」と言えば皆さん御存じでしょう。その原作です。美しきヴァンパイアが沢山出てきます。「インタビュー・ウイズ・ヴァンパイア」では準主人公のレスタト様は、シリーズの中心人物。毎回、レスタト様にはハラハラドキドキさせられ思わずどんどん読んでしまいます。「クイーン・オブ・ザ・ヴァンパイア」もゴシック映画の傑作!
『夜明けのヴァンパイア』のみ早川書房、『ヴァンパイアレスタト』以降は扶桑社刊。

★和風妖怪小説

  京極堂シリーズ 京極夏彦著 講談社
 知らない人はいないでしょうね。まだ、京極先生がデビューしたての頃に電車の中の広告で題名に一目惚れしました。子供をさらう妖怪の夏とは何ぞや?と。宣伝文句に陰陽師とか、ありましたからね。  京極堂が私の好みなのは言う間でもない。

★時代物

  白波五人男 鈴木輝一郎 二葉社
 白波五人男関係の本で一番最初に読んだ本。5人の泥棒が家康の秘宝「ちらのぞう」を探しに行く。果してちらのぞうとは!?やっぱ5人の中では弁天が一番好き。歌舞伎も見に行きたいな。