ストロング・ヒーロー /Strong Hero

 

・解説

筋力(STR)を最大の長所とするクラス。近接戦闘や物理的な力を必要とする行動に優れる。

 

・キャラクター例

ボクサー、武道家、兵士、運動選手、労働者など。

 

・能力値

最も重要なのは筋力(STR)。加えて、耐久力(CON)、敏捷力(DEX)、そして最低でも1つの非物理的能力に優れている場合が多い。

 

・ヒットダイス

レベル当たり1d8点のヒットポイントを得る。初期レベルでのヒットポイントは8+耐久力(CON)修正となる。

 

・アクションポイント

初期レベルと、その後このクラスのレベルを上昇させる毎に、5+(キャラクター・レベルの二分の一(端数切捨て))点のアクションポイントを得る。

 

・クラス技能

登攀 /Climb(STR)、製作 /Craft(大工 /Structural)(INT)、*動物使い /Handle Animal(CHA)、跳躍 /Jump(STR)、*知識 /Knowledge(時事 /Current events、ポップカルチャー /Popular culture、ストリートワイズ /Streetwise、戦術 /Tactics)(INT)、職業 /Profession(WIS)、外国語読み書き /Read/Write Language(なし)、*修理 /Repair(INT)、*外国語会話 /Speak Language(なし)、水泳 /Swim(STR)

 

初期レベルの技能ポイント:(3+知力(INT)修正)×4点を得る。

レベル上昇毎の技能ポイント:3+知力(INT)修正点を得る。

 

・初期レベルの特技

全ての初期レベルキャラクターが得る自由選択の特技二つに加えて、単純武器習熟の特技を得る。

LV

基本攻撃B

頑健セーヴ

反応セーヴ

意志セーヴ

クラス特典

防御ボーナス

名声ボーナス

+1

+1

+0

+0

タレント

+1

+0

+2

+2

+0

+0

ボーナス特技

+2

+0

+3

+2

+1

+1

タレント

+2

+0

+4

+2

+1

+1

ボーナス特技

+3

+0

+5

+3

+1

+1

タレント

+3

+1

+6/+1

+3

+2

+2

ボーナス特技

+3

+1

+7/+2

+4

+2

+2

タレント

+4

+1

+8/+3

+4

+2

+2

ボーナス特技

+4

+1

+9/+4

+4

+3

+3

タレント

+5

+2

10

10/+5

+5

+3

+3

ボーナス特技

+5

+2

・タレント

1、3、5、7、9レベルで、ストロング・ヒーローは以下のタレントの中から1つの能力を選択して得ることが出来る。選択時に習得条件を満たしていないタレントは選択できない。特に記述がない限り、同一のタレントは複数回取得出来ない。

初期レベルでのタレント:瞬間剛力、硬度無効化、近接打撃から1つ選択。


瞬間剛力系:【筋力】判定(ドアを破るなど)と筋力基準の技能判定(〈跳躍〉など)にボーナスを得る。

瞬間剛力

フルラウンドアクションを使用する。【筋力】判定と筋力基準の技能判定に+2ボーナスを得る。

瞬間剛力強化

フルラウンドアクションを使用する。【筋力】判定と筋力基準の技能判定に更に+2ボーナスを得る。瞬間剛力のボーナスと重なる(合計で+4)。

習得条件:瞬間剛力習得済み

上級瞬間剛力強化

フルラウンドアクションを使用する。【筋力】判定と筋力基準の技能判定に更に+2ボーナスを得る。瞬間剛力、瞬間剛力強化のボーナスと重なる(合計で+6)。

習得条件:瞬間剛力、瞬間剛力強化習得済み

硬度無効化系:物体のハードネス(頑丈さ)をいくらか無効化し、近接攻撃での破壊を容易にする。

硬度無効化

  物体のハードネスを2点無効化する。

硬度無効化強化

   物体のハードネスを更に2点無効化する(合計4点)。

   習得条件:硬度無効化習得済み

   >上級硬度無効化強化

    物体のハードネスを更に2点無効化する(合計6点)。

    習得条件:硬度無効化、硬度無効化強化習得済み

近接打撃系:近接攻撃のダメージを増加する。

 >近接打撃

  近接攻撃のダメージに+1ボーナス。

  >近接打撃強化

   近接攻撃のダメージに更に+1ボーナス(合計+2)。

   習得条件:近接打撃習得済み

   >上級近接打撃強化

    近接攻撃のダメージに更に+1ボーナス(合計+3)。

    習得条件:近接打撃、近接打撃強化習得済み

 

・ボーナス特技

2、4、6、8、10レベルで、ストロング・ヒーローは以下の特技の中から1つ選択して習得することが出来る。特技ごとの習得条件は満たす必要がある。

動物好き(Animal Affinity)、古風武器習熟(Archaic Weapon Proficiency)、アスレチック(Athletic)、無視界戦闘(Blind-Fight)、喧嘩上手(Brawl)、薙ぎ払い(Cleave)、マーシャル・アーツ(Combat Martial Arts)、迎え撃ち(Combat Reflexes)、薙ぎ払い強化(Great Cleave)、喧嘩上手強化(Improved Brawl)、マーシャル・アーツ強化(Improved Combat Martial Arts)、強打(Power Attack)、武器熟練(Weapon Focus


ファスト・ヒーロー /Fast Hero

 

・解説

敏捷力(DEX)を最大の長所とするクラス。防御力と射撃戦闘、反射神経を必要とする行動に優れる。

 

・キャラクター例

スタントマン、プロドライバー、射撃の得意な警官や兵士、エージェントなど。

 

・能力値

最も重要なのは敏捷力(DEX)。加えて、魅力(CHA)、判断力(WIS)、知力(INT)に優れている場合が多い。

 

・ヒットダイス

レベル当たり1d8点のヒットポイントを得る。初期レベルでのヒットポイントは8+耐久力(CON)修正となる。

 

・アクションポイント

初期レベルと、その後このクラスのレベルを上昇させる毎に、5+(キャラクター・レベルの二分の一(端数切捨て))点のアクションポイントを得る。

 

・クラス技能

平衡感覚 /Balance(DEX)、製作 /Craft(機械 /Mechanical)(INT)、運転 /Drive(DEX)、脱出術 /Escape Artist(DEX)、隠れ身 /Hide(DEX)、*知識 /Knowledge(時事 /Current events、ポップカルチャー /Popular culture、ストリートワイズ /Streetwise)(INT)、忍び足 /Move Silently(DEX)、*操縦 /Pilot(DEX)、職業 /Profession(WIS)、外国語読み書き /Read/Write Language(なし)、騎乗 /Ride(DEX)、*手品 /Sleight of Hand(DEX)、*外国語会話 /Speak Language(なし)、*軽業 /Tumble(DEX)

 

初期レベルの技能ポイント:(5+知力(INT)修正)×4点を得る。

レベル上昇毎の技能ポイント:5+知力(INT)修正点を得る。

 

・初期レベルの特技

全ての初期レベルキャラクターが得る自由選択の特技二つに加えて、単純武器習熟の特技を得る。

LV

基本攻撃B

頑健セーヴ

反応セーヴ

意志セーヴ

クラス特典

防御ボーナス

名声ボーナス

+0

+0

+1

+0

タレント

+3

+0

+1

+0

+2

+0

ボーナス特技

+4

+0

+2

+1

+2

+1

タレント

+4

+1

+3

+1

+2

+1

ボーナス特技

+5

+1

+3

+1

+3

+1

タレント

+5

+1

+4

+2

+3

+2

ボーナス特技

+6

+2

+5

+2

+4

+2

タレント

+6

+2

+6/+1

+2

+4

+2

ボーナス特技

+7

+2

+6/+1

+3

+4

+3

タレント

+7

+3

10

+7/+2

+3

+5

+3

ボーナス特技

+8

+3

・タレント

1、3、5、7、9レベルで、ファスト・ヒーローは以下のタレントの中から1つの能力を選択して得ることが出来る。選択時に習得条件を満たしていないタレントは選択できない。特に記述がない限り、同一のタレントは複数回取得出来ない。

初期レベルでのタレント:身かわし、速度増加から1つ選択。


防衛系:身を守るための能力。

 >身かわし

反応セーヴ(Ref Save)に成功するとダメージを半減できるとき(グレネードの爆発など)、セーヴに成功することでダメージを完全に無効化できる。この能力は軽装時か防具無しのときのみ使用できる。

  >直感回避 1

   立ちすくみ状態(flat-footed)や、隠れていた敵から奇襲された時に、防御力(Defense)への敏捷力修正によるボーナスを失わずにすむ。ただし、絡みつきなどによってボーナスを失うことはある。

   習得条件:身かわし習得済み

   >直感回避2

    多数の相手に対しても効率的に戦闘できるようになる。そのため、挟撃(flanking)の影響を受けなくなる。

    習得条件:身かわし、直感回避 1習得済み

   >防御ロール

    戦闘で受けるダメージによってhpが0点以下になってしまうとき、アクションポイントを1点消費して反応セーヴ(Ref Save)を行う。難易度(DC)は受けようとしているダメージに等しい。セーヴに成功すると、実際に受けるダメージを半減できる。このセーヴでは身かわしは効果を発揮しない。絡みつき状態など、身体を有効に動かせないときはこの能力は使用できない。

    習得条件:身かわし、直感回避 1習得済み

  >追い討ち

   この能力を使用するのにアクションポイントを1点消費する。能力を使用すると、近接攻撃でダメージを受けたキャラクターに対して即座に機会攻撃(AoO)を行うことが出来る。この攻撃は1ラウンドでの機会攻撃(AoO)として計算する。たとえ特技《迎え討ち》を習得していても、この能力の使用は1ラウンドに1回のみ。

   習得条件:身かわし習得済み

速度増加系:基本速度を上昇する能力。

 >速度増加

  基本速度が5ft増加する。

  >速度増加強化

   基本速度が更に5ft増加する(合計10ft)。

   習得条件:速度増加習得済み

   >上級速度増加強化

    基本速度が更に5ft増加する(合計15ft)。

    習得条件:速度増加、速度増加強化習得済み

 

・ボーナス特技

2、4、6、8、10レベルで、ファスト・ヒーローは以下の特技の中から1つ選択して習得することが出来る。特技ごとの習得条件は満たす必要がある。

アクロバット(Acrobatic)、攻防一体(Combat Expertise)、投げ飛ばし(Combat Throw)、受け流し(Defensive Martial Arts)、ダブルタップ(Double Tap)、対射撃戦闘(Elusive Target)、集中力(Focused)、武器落とし強化(Improved Disarm)、強行突破(Mobility)、個人火器習熟(Personal Firearms Proficiency)、近距離射撃(Point Blank Shot)、隠密(Stealthy)、武器の妙技(Weapon Finesse


タフ・ヒーロー /Tough Hero

 

・解説

耐久力(CON)を最大の長所とするクラス。肉体の頑健さ、持久力、生存能力において優れている。

 

・キャラクター例

スタントマン、ボディガード、エンフォーサー、プロレスラー、運動選手など。

 

・能力値

最も重要なのは耐久力(CON)。続いて筋力(STR)、敏捷力(DEX)、判断力(WIS)、知力(INT)の順で優れている場合が多い。

 

・ヒットダイス

レベル当たり1d10点のヒットポイントを得る。初期レベルでのヒットポイントは10+耐久力(CON)修正となる。

 

・アクションポイント

初期レベルと、その後このクラスのレベルを上昇させる毎に、5+(キャラクター・レベルの二分の一(端数切捨て))点のアクションポイントを得る。

 

・クラス技能

 登攀 /Climb(STR)、精神集中 /Concentration(CON)、製作 /Craft(機械 /Mechanical、大工 /Structural)(INT)、運転 /Drive(DEX)、威圧 /Intimidate(CHA)、*知識 /Knowledge(時事 /Current events、ポップカルチャー /Popular culture、ストリートワイズ /Streetwise)(INT)、職業 /Profession(WIS)、外国語読み書き /Read/Write Language(なし)、騎乗 /Ride(DEX)、*外国語会話 /Speak Language(なし)、視認 /Spot(WIS)、サバイバル /Survival(WIS)

 

初期レベルの技能ポイント:(3+知力(INT)修正)×4点を得る。

レベル上昇毎の技能ポイント:3+知力(INT)修正点を得る。

 

・初期レベルの特技

全ての初期レベルキャラクターが得る自由選択の特技二つに加えて、単純武器習熟の特技を得る。

LV

基本攻撃B

頑健セーヴ

反応セーヴ

意志セーヴ

クラス特典

防御ボーナス

名声ボーナス

+0

+1

+0

+0

タレント

+1

+0

+1

+2

+0

+0

ボーナス特技

+2

+0

+2

+2

+1

+1

タレント

+2

+1

+3

+2

+1

+1

ボーナス特技

+3

+1

+3

+3

+1

+1

タレント

+3

+1

+4

+3

+2

+2

ボーナス特技

+3

+2

+5

+4

+2

+2

タレント

+4

+2

+6/+1

+4

+2

+2

ボーナス特技

+4

+2

+6/+1

+4

+3

+3

タレント

+5

+3

10

+7/+2

+5

+3

+3

ボーナス特技

+5

+3

・タレント

1、3、5、7、9レベルで、タフ・ヒーローは以下のタレントの中から1つの能力を選択して得ることが出来る。選択時に習得条件を満たしていないタレントは選択できない。特に記述がない限り、同一のタレントは複数回取得出来ない。

初期レベルでのタレント:エネルギー抵抗系、意識保持、強健、体力回復から一つ選択。


ダメージ減少系:ほとんどの武器によるダメージをいくらか無効化する能力。エネルギーや特殊攻撃によるダメージは防げない。

 >ダメージ減少 1/

  近接、遠隔攻撃によるダメージを1点無効化する。

  習得条件:エネルギー抵抗系か耐久能力系から1つ習得済み

  >ダメージ減少 2/

   近接、遠隔攻撃によるダメージを更に1点無効化する(合計2点)。

   習得条件:エネルギー抵抗系か耐久能力系から1つ、ダメージ減少 1/−習得済み

   >ダメージ減少 3/

    近接、遠隔攻撃によるダメージを更に1点無効化する(合計3点)。

    習得条件:エネルギー抵抗系か耐久能力系から1つ、ダメージ減少 1/−、ダメージ減少 2/−習得済み

エネルギー抵抗系:特定の種類のエネルギーに対する抵抗力を得る。

 >酸抵抗

  酸によるダメージを耐久力修正分だけ無効化する。

 >冷気抵抗

  冷気によるダメージを耐久力修正分だけ無効化する。

 >電撃抵抗

  電気によるダメージを耐久力修正分だけ無効化する。

 >火炎抵抗

  炎によるダメージを耐久力修正分だけ無効化する。

 >音波/衝撃抵抗

  音波や衝撃によるダメージを耐久力修正分だけ無効化する。

耐久能力系:その他の特殊能力。

 >意識保持

hpが0点以下になっても気絶せず、あたかも満身創痍状態(disabled)であるかのように行動できる。その結果、hpが−10になって死亡するか、1点以上に回復するまでの間、1ラウンドに攻撃アクションか移動アクションのどちらかを行うことが出来る。そのほうが良いと判断した場合、自発的に気絶してもよい。

 >強健

この能力を習得したら即座にタフ・ヒーローのレベル分だけ最大hpが上昇する。その後、タフ・ヒーローレベルが上昇するたび、最大hpが1点上昇する。

 >体力回復

  アクションポイントを1点消費することで、即座に耐久力修正分だけhpを回復する。この回復で現在のhpが最大hpを越えることはない。

  >スタミナ

   休息時の回復速度が2倍になる。例えば8時間の睡眠でレベル当たり2点のhp、2点の能力値ダメージを回復することができる。また、意識を失っていても通常の半分の時間で目覚めることが出来る。

   習得条件:強健習得済み

 

・ボーナス特技

2、4、6、8、10レベルで、タフ・ヒーローは以下の特技の中から1つ選択して習得することが出来る。特技ごとの習得条件は満たす必要がある。

鋭敏感覚(Alertness)、アスレチック(Athletic)、喧嘩上手(Brawl)、大胆(Confident)、持久力(Endurance)、頑健無比(Great Fortitude)、喧嘩上手強化(Improved Brawl)、突き飛ばし強化(Improved Bull Rush)、フェイント強化(Improved Feint)、ノックアウト(Knockout Punch)、強打(Power Attack)、ストリートファイト(Street fighting)、追加HPToughness)、運転手(Vehicle Expert


スマート・ヒーロー /Smart Hero

 

・解説

知力(INT)を最大の長所とするクラス。知識と技術力において優れた能力を持つ。

 

・キャラクター例

科学者、研究者、学者、戦術や推理力に長けた警官や軍人、会社員など。

 

・能力値

最も重要なのは知力(INT)。加えて肉体的能力の内一つ(敏捷力(DEX)など)と判断力(WIS)、魅力(CHA)に優れている場合が多い。

 

・ヒットダイス

レベル当たり1d6点のヒットポイントを得る。初期レベルでのヒットポイントは6+耐久力(CON)修正となる。

 

・アクションポイント

初期レベルと、その後このクラスのレベルを上昇させる毎に、5+(キャラクター・レベルの二分の一(端数切捨て))点のアクションポイントを得る。

 

・クラス技能

 コンピュータ /Computer Use(INT)、製作 /Craft(化学薬品 /Chemical、電子工学 /Electronic、機械 /Mechanical、薬学 /Pharmaceutical、大工 /Structural、視覚芸術 /Visual art、文書 /Writing)(INT)、解読 /Decipher Script(INT)、*爆発物 /Demolitions(INT)、*装置無力化 /Disable Device(INT)、偽造 /Forgery(INT)、捜査 /Investigate(INT)、*知識 /Knowledge(神秘学 /Arcane lore、芸術 /Art、行動科学 /Behavioral sciences、ビジネス /Business、公民 /Civics、時事 /Current events、地球&生命科学 /Earth and life sciences、歴史 /History、物理学 /Physical sciences、ポップカルチャー /Popular culture、ストリートワイズ /Streetwise、戦術 /Tactics、科学技術 /Technology、宗教学&哲学 /Theology and philosophy)(INT)、ナビゲート /Navigate(INT)、職業 /Profession(WIS)、外国語読み書き /Read/Write Language(なし)、*修理 /Repair(INT)、調査 /Research(INT)、捜索 /Search(INT)、*外国語会話 /Speak Language(なし)

 

初期レベルの技能ポイント:(9+知力(INT)修正)×4点を得る。

レベル上昇毎の技能ポイント:9+知力(INT)修正点を得る。

 

・初期レベルの特技

全ての初期レベルキャラクターが得る自由選択の特技二つに加えて、単純武器習熟の特技を得る。

LV

基本攻撃B

頑健セーヴ

反応セーヴ

意志セーヴ

クラス特典

防御ボーナス

名声ボーナス

+0

+0

+0

+1

タレント

+0

+1

+1

+0

+0

+2

ボーナス特技

+1

+1

+1

+1

+1

+2

タレント

+1

+1

+2

+1

+1

+2

ボーナス特技

+1

+2

+2

+1

+1

+3

タレント

+2

+2

+3

+2

+2

+3

ボーナス特技

+2

+2

+3

+2

+2

+4

タレント

+2

+3

+4

+2

+2

+4

ボーナス特技

+3

+3

+4

+3

+3

+4

タレント

+3

+3

10

+5

+3

+3

+5

ボーナス特技

+3

+4

・タレント

1、3、5、7、9レベルで、スマート・ヒーローは以下のタレントの中から1つの能力を選択して得ることが出来る。選択時に習得条件を満たしていないタレントは選択できない。特に記述がない限り、同一のタレントは複数回取得出来ない。

初期レベルでのタレント:調査系から1つ選択。

 

調査系:知識系の能力。

大科学者

 選択した技能1つの判定にスマート・ヒーローレベル点のボーナスを得る。複数回習得可能。その時は別の技能を選択すること。技能は以下の中から選択する。{コンピュータ、製作(一種)、解読、爆発物、装置無力化、偽造、捜査、知識(一種)、ナビゲート、修理、調査、捜索}

語学の才

 未知の言語に対して、その意味を理解できるようになる。[スマート・ヒーローレベル+知力修正]で判定する。筆記された言語に対しては〈解読〉技能にスマート・ヒーローレベルをボーナスとして加えて判定することができる。既知の言語と同じグループの言語の場合DC15、未知の言語(既知の言語と異なるグループ)ならDC20、古代の言語や珍しい言語の場合DC25となる。判定に成功すれば意味を理解することが出来る。読み書きや会話が出来るようになったりするわけではない。

 習得条件:〈外国語読み書き〉もしくは〈外国語会話〉が3種類、1ランク以上あること

戦略系:頭を使って立ち回る能力。

 >弱点分析

  戦闘開始から1ラウンド後、特定の相手一人に対して有利になるよう試みることが出来る。移動アクションを消費する。[知力修正+スマート・ヒーローレベル]DC15の判定。成功すると、残りの戦闘の間、攻撃判定で筋力や敏捷力の代わりに知力を用いることが出来るようになる(有利になった相手への攻撃のみ)。

  習得条件:調査系から1つ習得済み

 >計画立案

  特定の状況に対しての作戦を立てる。不意打ちされた時や、予想外の出来事には使用できない。[知力修正+スマート・ヒーローレベル]DC10の判定。この判定で出目10や出目20はできない。DCを上回った結果によって、ヒーローとその仲間全員の技能判定、攻撃判定に状況ボーナスが得られる(達成値10-14で+1、15-24で+2、25以上で+3)。

最初の3ラウンドは初めのボーナス分だけ修正が得られるが、以降1ラウンドごとにボーナスが1ずつ減少していく(ボーナスの最低値は+0で効果消滅)。

  習得条件:調査系から1つ習得済み

 >トリック

  相手を混乱させる。相手は知力が3以上で、ヒーローの30ft以内に存在し、ヒーローの発言を聞いて理解できる状態である必要がある。フルラウンドアクションを消費して、[知力修正+スマート・ヒーローレベル]DC15の判定。判定が成功したら、対象は反応セーヴ(Ref Save)を行う。DC[10+スマート・ヒーローレベル+知力修正]になる。失敗すると対象は1ラウンド幻惑状態(Dazed)になる(行動不能、防御は普通に出来る)。この能力は一回の遭遇につき特定の対象に対して1回だけ効果がある。判定の成功・失敗に関わらず、対象はその遭遇の間はトリックの影響を受けなくなる。

  習得条件:調査系から1つ習得済み

 

・ボーナス特技

2、4、6、8、10レベルで、スマート・ヒーローは以下の特技の中から1つ選択して習得することが出来る。特技ごとの習得条件は満たす必要がある。

製造者(Builder)、慎重(Cautious)、攻防一体(Combat Expertise)、教育(Educated)、ギアヘッド(Gearhead)、

武器落とし強化(Improved Disarm)、足払い強化(Improved Trip)、鋼の意志(Iron Will)、神速の反応(Lightning Reflexes)、気配り(Meticulous)、勉強家(Studious)、運転手(Vehicle Expert)、武器熟練(Weapon Focus
デディケイテッド・ヒーロー /Dedicated Hero

 

・解説

判断力(WIS)を最大の長所とするクラス。意志力、五感、知覚力、洞察力に優れた能力を持つ。

 

・キャラクター例

医療サービスの従事者、聖職者、活動家、調査員など。

 

・能力値

最も重要なのは判断力(WIS)。加えて知力(INT)と最低一つの肉体的能力に優れている場合が多い。

 

・ヒットダイス

レベル当たり1d6点のヒットポイントを得る。初期レベルでのヒットポイントは6+耐久力(CON)修正となる。

 

・アクションポイント

初期レベルと、その後このクラスのレベルを上昇させる毎に、5+(キャラクター・レベルの二分の一(端数切捨て))点のアクションポイントを得る。

 

・クラス技能

 製作 /Craft(薬学 /Pharmaceutical、視覚芸術 /Visual art、文書 /Writing)(INT)、賭博 /Gamble(WIS)、捜査 /Investigate(INT)、*知識 /Knowledge(神秘学 /Arcane lore、芸術 /Art、行動科学 /Behavioral sciences、ビジネス /Business、公民 /Civics、時事 /Current events、地球&生命科学 /Earth and life sciences、歴史 /History、物理学 /Physical sciences、ポップカルチャー /Popular culture、ストリートワイズ /Streetwise、戦術 /Tactics、科学技術 /Technology、宗教学&哲学 /Theology and philosophy)(INT)、聞き耳 /Listen(WIS)、職業 /Profession(WIS)、外国語読み書き /Read/Write Language(なし)、真意看破 /Sense Motive(WIS)、*外国語会話 /Speak Language(なし)、視認 /Spot(WIS)、サバイバル /Survival(WIS)、治療 /Treat Injury(WIS)

 

初期レベルの技能ポイント:(5+知力(INT)修正)×4点を得る。

レベル上昇毎の技能ポイント:5+知力(INT)修正点を得る。

 

・初期レベルの特技

全ての初期レベルキャラクターが得る自由選択の特技二つに加えて、単純武器習熟の特技を得る。

LV

基本攻撃B

頑健セーヴ

反応セーヴ

意志セーヴ

クラス特典

防御ボーナス

名声ボーナス

+0

+1

+0

+1

タレント

+1

+1

+1

+2

+0

+2

ボーナス特技

+2

+1

+2

+2

+1

+2

タレント

+2

+1

+3

+2

+1

+2

ボーナス特技

+3

+2

+3

+3

+1

+3

タレント

+3

+2

+4

+3

+2

+3

ボーナス特技

+3

+2

+5

+4

+2

+4

タレント

+4

+3

+6/+1

+4

+2

+4

ボーナス特技

+4

+3

+6/+1

+4

+3

+4

タレント

+5

+3

10

+7/+2

+5

+3

+5

ボーナス特技

+5

+4

・タレント

1、3、5、7、9レベルで、デディケイテッド・ヒーローは以下のタレントの中から1つの能力を選択して得ることが出来る。選択時に習得条件を満たしていないタレントは選択できない。特に記述がない限り、同一のタレントは複数回取得出来ない。

初期レベルでのタレント:共感、治療技術、技能熟達から1つ選択。

 

共感能力系:共感、協調に関する能力。

 >共感

  相手に共感する能力。少なくとも1分間、対象を観察する必要がある。その対象への〈はったり〉、〈交渉〉、〈動物使い〉、〈威圧〉、〈芸能〉、〈真意看破〉判定にデディケイテッド・ヒーローレベルのボーナスを得る。

  >協力強化

   協力(aid another)の判定に成功した時に対象に与えられるボーナスが1点増加する(合計+3)。複数回習得可能。習得するたび、対象に与えられるボーナスが更に1点増加する。

   習得条件:共感習得済み

  >直観力

   危険な空気を感じ取る能力。意志セーヴ(Will Save)でDC15に成功すると、全て問題ないのか、それとも特定の状況について何か悪い予感がするのかをGMによる最良の判断のもとに知ることが出来る。この能力は1日につきデディケイテッド・ヒーローレベル回使用できる。

   習得条件:共感習得済み

治療技術系:治療に関する能力。

 >治療技術

  全ての〈治療〉判定に+2のボーナス。

  >癒しの手 1

   〈治療〉判定によるhp回復や手術の際に、回復するhpが2点増加する。

   習得条件:治療技術習得済み

  >癒しの手 2

   〈治療〉判定によるhp回復や手術の際に、回復するhpが更に2点増加する(合計4点増加)。

   習得条件:治療技術、癒しの手 1習得済み

洞察力系:洞察力による能力。

 >技能熟達

  選択した技能1つの判定に+3ボーナス。

  >警戒

   不意打ちを避けるための〈聞き耳〉、〈視認〉の技能判定に基本意志セーヴボーナスを加えることができる。

   習得条件:技能熟達習得済み

  >信念

   アクションポイントを1点消費することで、1回の攻撃判定、技能判定、セーヴ判定、能力値判定の達成値に判断力修正を加えることが出来る。

   習得条件:技能熟達習得済み

   >沈着冷静

    能力習得時に[3+判断力修正]個の技能を選択すること。選択した技能の判定では、本来出目10Take10)出来ない状態(戦闘中など精神が集中できないとき)であっても、出目10を選択することができるようになる。

    習得条件:技能熟達に加えて警戒か信念のどちらか習得済み

 

・ボーナス特技

2、4、6、8、10レベルで、デディケイテッド・ヒーローは以下の特技の中から1つ選択して習得することが出来る。特技ごとの習得条件は満たす必要がある。

上級火器習熟(Advanced Firearms Proficiency)、鋭敏感覚(Alertness)、古風武器習熟(Archaic Weapon Proficiency)、注意力(Attentive)、無視界戦闘(Blind-Fight)、ごまかし(Deceptive)、教育(Educated)、

遠射(Far Shot)、鋼の意志(Iron Will)、治療者(Medical Expert)、気配り(Meticulous)、手術(Surgery)、追跡(Track)、武器熟練(Weapon Focus
カリスマティック・ヒーロー /Charismatic Hero

 

・解説

魅力(CHA)を最大の長所とするクラス。情報収集、交渉など他者とのやり取りにおいて優れた能力を持つ。

 

・キャラクター例

説得力のある指導者、魅力的な有名人、政治家、交渉人、芸能人、魅力的な人物、詐欺師、大胆なスパイ、上品なギャンブラーなど。

 

・能力値

最も重要なのは魅力(CHA)。加えて最低一つの肉体的能力に優れている場合が多い。

 

・ヒットダイス

レベル当たり1d6点のヒットポイントを得る。初期レベルでのヒットポイントは6+耐久力(CON)修正となる。

 

・アクションポイント

初期レベルと、その後このクラスのレベルを上昇させる毎に、5+(キャラクター・レベルの二分の一(端数切捨て))点のアクションポイントを得る。

 

・クラス技能

 はったり /Bluff(CHA)、製作 /Craft(視覚芸術 /Visual art、文書 /Writing)(INT)、交渉 /Diplomacy(CHA)、変装 /Disguise(CHA)、情報収集 /Gather Information(CHA)、*動物使い /Handle Animal(CHA)、威圧 /Intimidate(CHA)、*知識 /Knowledge(神秘学 /Arcane lore、芸術 /Art、行動科学 /Behavioral sciences、ビジネス /Business、公民 /Civics、時事 /Current events、ポップカルチャー /Popular culture、ストリートワイズ /Streetwise、宗教学&哲学 /Theology and philosophy)(INT)、*芸能 /Perform(演技 /Act、舞踏 /Dance、鍵盤楽器 /Keyboards、打楽器 /Percussion instruments、歌唱 /Sing、喜劇 /Stand-up、弦楽器 /Stringed instruments、管楽器 /Wind instruments)(CHA)、職業 /Profession(WIS)、外国語読み書き /Read/Write Language(なし)、*外国語会話 /Speak Language(なし)

 

初期レベルの技能ポイント:(7+知力(INT)修正)×4点を得る。

レベル上昇毎の技能ポイント:7+知力(INT)修正点を得る。

 

・初期レベルの特技

全ての初期レベルキャラクターが得る自由選択の特技二つに加えて、単純武器習熟の特技を得る。

LV

基本攻撃B

頑健セーヴ

反応セーヴ

意志セーヴ

クラス特典

防御ボーナス

名声ボーナス

+0

+1

+1

+0

タレント

+0

+2

+1

+2

+2

+0

ボーナス特技

+1

+2

+1

+2

+2

+1

タレント

+1

+2

+2

+2

+2

+1

ボーナス特技

+1

+3

+2

+3

+3

+1

タレント

+2

+3

+3

+3

+3

+2

ボーナス特技

+2

+3

+3

+4

+4

+2

タレント

+2

+4

+4

+4

+4

+2

ボーナス特技

+3

+4

+4

+4

+4

+3

タレント

+3

+4

10

+5

+5

+5

+3

ボーナス特技

+3

+5

 

 

・タレント

1、3、5、7、9レベルで、カリスマティック・ヒーローは以下のタレントの中から1つの能力を選択して得ることが出来る。選択時に習得条件を満たしていないタレントは選択できない。特に記述がない限り、同一のタレントは複数回取得出来ない。

初期レベルでのタレント:誘惑、早口、調和から1つ選択。

 

魅了系:他者を魅了する能力。

 >誘惑

  特定の性別のキャラクターに対する、全ての魅力基準技能判定にカリスマティック・ヒーローレベル点のボーナスを得る。習得時に同性に対して有効か、異性に対して有効かを決めること。この能力は対象がヒーローに対して無関心か友好的である場合のみ効果を発揮する。

  >支持

   他人からうまく情報や装備などの援助を引き出してくる能力。能力を使用するのにアクションポイントを1点消費する。支持判定を行い、成功することで情報や資金援助、装備の提供を受けることが出来る。支持判定は[1d20+カリスマティック・ヒーローレベル]で行う。DCは要求に応じてGMが決定すること。目安としては、簡単な要求でDC10、非常に危険/高価/違法な要求でDC30となる。この判定では出目10、出目20は出来ない。また、同じ要求を繰り返すことも出来ない。

   習得条件:誘惑習得済み

   >魅惑

    対象の興味を自分にひきつける能力。対象は知力3以上で、ヒーローの30ft以内に存在し、ヒーローの姿を見てその発言を聞き、理解できる状態である必要がある。攻撃アクションを消費して、[魅力修正+カリスマティック・ヒーローレベル]DC15の判定を行う。成功したら、対象は意志セーヴ(Will Save)によって影響を逃れようと試みることができる。意志セーヴでDC[10+カリスマティック・ヒーローレベル+魅力修正]の判定を行う。セーヴに失敗した対象は、ヒーローに注目する。1ラウンドの間、対象は周辺に注意を払わなくなる。この効果は対象が攻撃されたりすると終了する。ヒーローはこの効果を次のラウンド以降も持続させるよう試みることが出来る。ヒーローは毎ラウンドの間全力で注意をひきつけるよう集中する必要がある。対象は毎ラウンド新たに意志セーヴを行うことが出来る。ヒーローが集中を止めるか、対象がセーヴに成功するまで効果は続く。

    習得条件:誘惑、支持習得済み

言いくるめ系:言葉や魅力によって相手を騙したり混乱させたりする能力。

 >早口

  嘘をついたり、イカサマしたり、真実を捻じ曲げたりする際の〈はったり〉、〈交渉〉、〈賭博〉判定にカリスマティック・ヒーローレベル点のボーナスを得る。

  >目くらまし

   言葉や表情によって相手を惑わす能力。対象は知力3以上で、ヒーローの30ft以内に存在し、ヒーローの姿を見てその発言を聞き、理解できる状態である必要がある。攻撃アクションを消費して、[魅力修正+カリスマティック・ヒーローレベル]DC15の判定を行う。成功したら、対象は意志セーヴ(Will Save)によって影響を逃れようと試みることができる。意志セーヴでDC[10+カリスマティック・ヒーローレベル+魅力修正]の判定を行う。セーヴに失敗した対象は、攻撃判定、能力値判定、技能判定、セーヴ判定に−1のペナルティを受ける。この効果はカリスマティック・ヒーローレベルラウンドの間持続する。この能力は複数回習得でき、習得するたびにペナルティが1点増加する。

   習得条件:早口習得済み

   >愚弄

    相手を侮辱し、混乱させる能力。対象は知力3以上で、ヒーローの30ft以内に存在し、ヒーローの姿を見てその発言を聞き、理解できる状態である必要がある。攻撃アクションを消費して、[魅力修正+カリスマティック・ヒーローレベル]DC15の判定を行う。成功したら、対象は意志セーヴ(Will Save)によって影響を逃れようと試みることができる。意志セーヴでDC[10+カリスマティック・ヒーローレベル+魅力修正]の判定を行う。セーヴに失敗した対象は、1ラウンド幻惑状態(Dazed)になる(行動不能、防御は普通に出来る)。この能力は何回でも使用できる。

    習得条件:早口、目くらまし習得済み

指揮能力系:他者を指揮する能力。

 >調和

  仲間を協力して行動させる能力。ヒーローの30ft以内にいる仲間のうち、カリスマティック・ヒーローレベルの半分(端数切捨て、ただし最低でも1)までの人数に効果がある。1ラウンドを消費して【魅力】判定でDC10を行い、成功したら対象の攻撃判定と技能判定に+1ボーナス。効果は魅力修正ラウンドの間持続する。

  >鼓舞

   仲間を鼓舞する能力。対象はヒーローの声を聞くことができ、ヒーローを見ることが出来る必要がある。ヒーローの30ft以内にいる仲間のうち、カリスマティック・ヒーローレベルの半分(端数切捨て、ただし最低でも1)までの人数に効果がある。1ラウンドを消費して【魅力】判定でDC10を行い、成功したら対象のセーヴ判定、攻撃判定、ダメージ判定に+2士気ボーナス。効果は魅力修正ラウンドの間持続する。

   習得条件:調和習得済み

   >叱咤激励

    仲間を強く鼓舞する能力。対象はヒーローの声を聞くことができ、ヒーローを見ることが出来る必要がある。ヒーローの30ft以内にいる仲間のうち、カリスマティック・ヒーローレベルの半分(端数切捨て、ただし最低でも1)までの人数に効果がある。1ラウンドを消費して【魅力】判定でDC10を行い、成功したら対象のセーヴ判定、攻撃判定、ダメージ判定に更に+1士気ボーナス(合計で+3)。効果は魅力修正ラウンドの間持続する。

    習得条件:調和、鼓舞習得済み

 

・ボーナス特技

2、4、6、8、10レベルで、カリスマティック・ヒーローは以下の特技の中から1つ選択して習得することが出来る。特技ごとの習得条件は満たす必要がある。

突き返し(Agile Riposte)、創造力(Creative)、ごまかし(Deceptive)、回避(Dodge)、威圧感(Frightful Presence)、鋼の意志(Iron Will)、神速の反応(Lightning Reflexes)、無名(Low Profile)、近距離射撃(Point Blank Shot)、名声(Renown)、信頼(Trustworthy)、追加収入(Windfall