大畑善夫ホームページ

心が動くとそれを表現したくなるものです。
「見て。虹がでているよ」とか「これ美味しいから食べてみて」とか「見た 王様の耳はロバの耳だぞ」とか誰でもあることだと思います。そばに人がいれば思わず伝えたいものです。とはいえ、思考と感性のパラダイムは様々です。

訴えたい事があります。明らかに悪いことしているのに社会からは罰せられず反対にいいことをした人が損な目に会うなんていう図式がよくあります。幼児や病人が寝ている深夜、爆音を轟かせているバイクは昔から無くなりません。どういう訳かこの行為に対しての規制があまいのです。どんな政治家もこの問題には触れません。予算がなくてもできることです。そのくせ、買い物のおばさんや、善良な市民の交通違反は物陰に隠れてハイエナのように捕まえます。
一部の人ですが許認可権を濫用し、職責の大義名分に隠れて自分の存在を誇示したいサディストのお役人がいます。

犯罪が激増している原因は経済的なものは二の次だと思います。偉い人達に人相の悪い人が多くて、日々の低俗ドラマを見ていると旧約聖書のロトの物語を思い出します。これでいいのかと叫びたくなることがあります。一人では無力でも大勢集まれば何とかならないものかと考えます。

知りたいことがあります。たとえば霊なんて存在するのでしょうか。お化け、幽霊、背後霊、天使、仏様、神様、すべて科学的には存在を証明できないようですが、世界中で昔から多大なる関心をもたれています。
 私もその一人で子供の頃から関心をもち続けているのですが、残念ながらイマイチ体験がありません。生態的には在ると信じている人と無いと信じている人では、前者のほうが明らかにカッコいいのですが、錯覚でなく自分で体験したいものです。私の多段論法によれば1匹お化けがいれば百匹お化けがいるはずで、そうなると天使や神様も在ることになります。これは宇宙人や若返りの薬が発見されたより大きな問題です。その人の人生観や世界観が根底からひっくりかえります。

 私が書いた、詩、川柳、童話、民話、ショートストーリー、疑問、黒浜沼の魚を守る集いをインターネットという有史以来の膨大なメディアで発信するのはそのためです。
 
 地球外の知的生物に応答を求めて宇宙に電波を送っているオズマ計画やセチ計画があります。 私が確実に存在する地球の、日本の未知の知的生命体にこのメッセージを発信することにしました。この空の下のどこかに、私のメッセージのどこかに波長が合う方、応答していただければ大変嬉しく思います。
mail

詩のリンク

あの世の席順

多数決

伝言

一匹の羊

カアー

みみずく

春の叙勲

ねむのきのセレナーデ

うさぎを殺す子供

童話 、民話、川柳、ショートストーリー、提案のリンク

お盆の迎え火
l
初夏の国

真説 浦島太郎

黒浜沼の河童


川柳


黒浜沼を守る会


イエス伝

一貫さん

天国考