トップページへ

テープ起こしのいろいろ
6types4.htm

index を使って項目にジャンプしますと、
上の左隅のブラウザボタンで戻れます

index

テープ起こしのタイプ
テープ起こしの基本料金
諸費用について
クライアントへのお願い
秘密厳守のご誓約
123456

さて、ご存じかと思いますが、
録音テープなどから原稿を起こすには、
その使用目的によって、いろいろな方法がございます。
次にその方法を記しますが、
大きく分けますと、A.情報重視型(1,2,3,4)、要約型(5)、 雰囲気重視型(6)
の3つに分けられ、細部にはおよそ6つに分類できます。

この分類法は、基本的には、TCCの分類に従い、一部編集しております。
TCCはこの表の、雰囲気重視型は標準型に入っております。

                       テープ起こしのタイプ                         
テープ起こしの
タイプ
説                 明
1 原音再生型 あー」や「えー」のようなケバも、間違った発言もすべて聞こえるとおりに起こす。
  ●(方言研究や言語解析研究などに使う)
2 逐語書き型 ケバは取り去り、明白な間違いは訂正するが、その外は言ったとおりに起こす。議事録は最近、話し言葉の無駄を削って、読みやすくまとめることを求める注文が増えております。2の逐語書き型か、3の標準型のどちらかになります。
  ●(会議や委員会などの議事録に使う)
3 標準型 内容は、何一つ削らないがケバや重複のカット、文末の整理や適切な改行ですっきりした読みやすい原稿に起こす。ただし、議事録の場合は、『証拠のための記録』ですので、意味不明でもそのまま起こします) 
  (講演会や議事録、その外、授業やレクチャーに使う・)
4 1次リライ型 話し言葉の重複などの無駄を削って、語尾の「です、ます」を書き言葉の「である」調にまとめ、話の内容は何一つ落とさずに、できるだけ短く起こす。
  (最大30%以内でカット)
5 2次リライト 完全な編集リライト原稿。雑誌などのスペースの関係で、例えば3万字のものを5000字に要約して、文全体のタイトルや小見出しをつけて読みやすい原稿に起こす。
 雑誌やニュースレターなど、要約原稿としてよく使われる)
6 雰囲気重視型 座談会の出席者の語り口調、個性や人柄など、その場の和やかな雰囲気などが読者に伝わるように起こす。そのため、ケバなどのカットは最小限にとどめ、語順の倒置もできるだけそのまま起こす。 
 【対談・鼎談(ていだん)・座談会に使う】

                 トップページへ
                      
                                     戻る

 (基本的には、TCCの分類に従い、一部編集しています)

テープ起こしの基本料金    
                                                 

 テープ起こしの料金は、上の6つの型と60分の長さを基準にし、
それに納品期限も加味して決めております。

1年間  20%  off
(  )内の赤の金額が20%割引の料金です。

1年間とは、ご注文をいただいてから、1年間のことです。

テープ等が、次の表にある所定の時間を超えたり、あるいは所定の時間に満たない場合、
いずれの場合も、1分単位の計算をさせていただき、
割り増し、あるいは割り引きさせていただきます。


なお、テープの計時は、トランスクライバーが行います。

《原音再生型(1)・逐語書き型(2)・標準型(3)・雰囲気重視型(6)》     
 中3日 中4日 中5日 中6日 中7日
30分 7000円
(5600円)
6000円
(4800円)
 
60分 14000円
(11200円)
13000円
(10400円)
90分 21000円
(16800円)
20000円
(16000円)
120分 28000円
(22400円)
27000円
(21600円)
(   )内の赤の数字が20%割引の料金です。最初のご注文から1年間有効です。
中4日」とは、例えば、当方がテープなどをお預かりした翌日から数えて4日目までの正味の日数
  をいいます。
(テープなどの納品に要する日数は含みません)
                    トップページへ                                                                          戻る        

 

《1次リライト型》(内容は何一つ削らず、できるだけ短く起こす》
                                             最大30%のカット                          
     
中4日 中5日 中6日 中7日 中8日
60分 15000円
(12000円)
14000円
(11200円)
90分 22500円
(18000円)
21500円
(17200円)
 120分 30000円
(24000円)
29000円
(23200円)
     )内の赤の数字が20%割引の料金です。最初のご注文から1年間有効です。
中4日」とは、例えば、当方がテープなどをお預かりした翌日から数えて4日目までの正味の日数
  をいいます。(テープなどの納品に要する日数は含みません)
                  トップページへ                                                         戻る     



2次リライト型》 (40%カットの編集原稿)
                    タイトル(大見出し)をつけたり、   
         
小見出しをつけたりします。

タイトルや小見出しが不要な場合は、
2000円割り引きます。
中6日 中7日 中8日
60分 18000円
(14400円)
17000円
(13600円)
90分 27000円
(21600円)
25000円
(20000円)
120分 35000円
(28000円)
34000円
(27200円)
   )の赤の数字が20%の割引料金です。最初の注文から1年間
有効です。

中4日」とは、例えば、当方がテープなどをお預かりした翌日から数えて
4日目までの正味の日数
をいいます。
テープなどの納品に要する日数は含みません)
  
            トップページへ                           戻る
  
   


         クライアントへのお願い         
1.(各種の資料・メモの添付について)・・・座談会・会議・委員会などの場合
座談会、会議、委員会などで、複数の発言者のご氏名や、必要であれば、肩書きなどがわかる資料 および発言順がわかるようなメモを添付してくださるようお願いいたします。
●「発言順がわかるメモ」・・・例えば、A さんが「その問題はですね、過去の事例からみても・ ・・・」と発言した場合「A、その問題は・・・」のように、そして、B さんが「しかし事例を取り巻く状況が・・・」と発言したとしますと、「B、しかし事例・・・」のように、簡単なメモをとっておきますと、テープ起こしは非常にはかどります。したがって、座
談会などの録音ではそのようなメモを作成する方を、お一人、専門に割り当てることが必須の要件になりますので、よろしくお願い申し上げます。
2.(講師のプロフィール)・・・講演会などの場合
講演会などでは、講演者のお名前、プロフィール、講演会の演題などの資料を添付してくださ
い。その他、講演場所、時間などもよろしく、お願いします。
3.(聞き取り不明のときの処理法)・・・音質不良・音声があいまいなときに発生します。
納品された原稿中に(・・・・?・・・・)とありますのは、どうしても聞き取りができなかったときの、表記です。できるだけ努力はしますが、録音の状況によってはやむを得ないことが起こります。 私が、2002年になって、テー プ起こしをしたものは、2時間の講演中、80分が消えて無くなっていたというテープでした。このようなことは極めてまれですが、おこります。
4.(人名の漢字が不明なときの処理法)・・・添付資料が無いときに起こります
原稿中に、例えば(?キシュウタニ)とありますのは、無名な人名の固有名詞をどのように漢字等で表記すればいいか、添付資料がないために、わからない場合の表記です。(地名については、ほとんど解決できrます。)
5.(録音テープのダビングについて) 
万一の事故に備えて、録音テープは、ぜひダビングをしておかれますように、お勧めします。 その場合、オリジナルテープをお届けください。先日、お預かりしたテープが120分テープで、しかも何度も使用したものであったらしく、トランスクライバーで作業中に、巻き込みが起こりました。セロテープで接続しましたが、作業が終わるまで神経を使いました。
テープは60分、90分の方が、120分よりテープの厚みがあって堅ろうです。巻き込み等の事故が起こり難くできています。60分用と90分用との併用とか、あるいは90分のみをお勧めします。
(録音のお断り)
当方、テープ等の録音は設備等の関係で、いたしかねます。よろしくご了解ください。
7.(音質の良否の判断時期について)
録音の質が、非常に悪い場合は、テープ起こしに時間がかかります。状況によりましてはお断り、または30%の割増料金でお願いすることがありますので、よろしくご了解ください。
※ ただし、音質の良否についての判断は、あらかじめテープを聞かせていただき、そのあと、作業に入る前に、ご相談させていただきますので、ご安心ください。
8.(テープ等のご返却について)
お預かりしましたテープなどの録音素材やその他の資料につきましては、ご依頼主が、納品された原稿などの点検・確認の作業がすべて終了しましたら、当方が責任を持って、無料でご返却いたします。
9.(常用漢字表や付表の制限漢字について)
使用する漢字は原則としまして、「常用漢字表と付表」にある制限漢字数以内で表記しますが、各分野の専門用語や特殊な用語などは漢字で表記します。その場合、行幅の余裕がない場合は、用語の直後に(   )を付し、ふりがなを打ちます。また、裁判所や市議会関連で、特別に許容されたり、また禁止されている用語等についきましても、十分配慮いたします。
具体例:合成の誤謬(ごびゅう)、仕事の斡旋(あっせん)、魑魅魍魎(ちみもうりょう) など
10.(テープ起こしの日数)
お急ぎでなければ、テープ起こしの日数は原則として、「中4日〜中5日」の猶予をいただければ、非常にありがたいと思います。
「中4日」とは、発注者からテープなどが届けられた日の翌日から数えて4日目
での正味の日数
のことを言います。納品に要する日数は含まれませんので、よろしくお願いします。
また、特にお急ぎの場合は、相談に応じますが、20%の割増料金になります。
11.(料金の振り込みについて)
納品された原稿等のすべての点検と確認が終了しましたら、請求書と振り込み用紙を発送いたしますので、1か月以内に所定の銀行口座に振り込みをお願いいたします。恐れ入りますが、振り込み費用はお客様のほうでご負担をお願いいたします。
                                                                                                                                トップページへ                                                          戻る                                  
                                                                                                             


秘密厳守のご誓約
                                                                                                     

最後になりましたが、
裁判記録や、市議会関連の議事録
あるいは各種委員会や建築審査会の聴聞会等
の録音テープ等をお預かりしました時点から
当方には、テープの中身につきまして
当然のことながら、秘密厳守の義務が発生いたします。
それにつきましては絶対厳守することをご誓約申し上げます。
どうかご安心の上、ご依頼くださいますように、
お願い申し上げます。


テープ起こし工房ViaVoz 屋    店主 どっとこむ /  dot.com