トップページへ






























トップページへ戻る↑





















































  ホームページ作製に利用した参考書
  買った参考書
書  名など 私のコメント
全部無料で作る初めてのホームページ
  ●for Windows Me/98
  
Internet Explorer 5.5対応 

         

浅岡省一郎著・翔泳社(325ページ)
2001年5月15日初版第1刷すり発行
12001年5月15日
初版第1刷発行
1980円+税金・CDROM 有
*全部無料だから、ホームページ作製用ソフトは使わない。HTMLのタグは使いやすい設定にしてあるが、私には少し難しい。
ホームページ素材集
Special 3


株式会社インプレス(編集部)編(150ページ)
1999年8月11日初版第1刷発行
2000年2月11日初版第2刷発行
 2980円+税金・CDROM 有
*価額に見合った数の素材数だと思うが、このSpecial 3 は女性好みのものが多い感じがする。シックで落ち着いたものは、外の素材集にあるようです。
例えば、Special 4などに。Special シリーズになっている。
           
   
Web配色事典ーWeb
●セーフカラー編

シーズ著・技術評論社
平成14年1月14日初版第1刷発行
1880円+税金
CDROM 有
*表示色256色以上の環境下で、プラウザ表示させた場合カラーシフト(色の置き換え)が生じない、216色に限定している。この216色は、Webデザインにおけるカラー選択の基本とされている。つまりほとんどのPCで見ることができる色彩ということである。
 
「春夏秋冬の季節」から の配色

「スポーツ、デパート、カフェなど」のコンテンツからの配色など、説得力があって、参考になる。
王さまとつくるはじめてのホームページ
これ一冊で誰でもカンタンホームページ作成
for Windows 95/98/Me/2000

 

 はちばら著・SOFTBANK Publishing(212ページ)
株式会社
2001年8月31日初版発行
1600円+税金・CDROM 有
*カラーフルな写真を多用して、初心者にわかりやすく、重点的な項目を選んで解説している。
*付属のCDROMに入っているフリーウェアソフトの6つのうち4つまで私のPC(Me)にはインストールできなかった。  
ホームページビルダー
Ver.6 300の技


林知波・ アイティティ共著(447ページ)
技術評論社
平成13年10月7日
初版第1刷発行
2380円+税付き
CDROM 無
*索引的な参照の仕方で、ハンドブック的な利用ができる。タグも使いやすく、わかりやすい。比較的よく利用した。
ホームページの作成と公

●このとおりやればすぐできる
●ホームページビルダーer.6&6.5対応
for Windows XP/Me
●ホームページ・ビルダーによる 作成から公開までの最短
ガイド 
青木恵美著・技術評論社(287ページ)
平成14年2月25日初版第1刷発行
1680円+税金・CDROM 有
*ロバイダー別ホームページ
解説ガイド
(@/ nifty/BIGLOBE/So-net/Yahoo!)


*
コラム、見てもらえるホームページを作るコ

*ホームページコーヒーブレイク

*ホームページお助けガイド

*印がついた4つの特色ゆえにこれを買ったようなもの)  
                                                                       図書館で借りた参考書
ファイル整理 テクニック

 ●困ったとき役に立つWindow
s

高作義明、高野久恵著・新星出版社
2000年7月15日初版発
   1600円+税金・CDROM 無し
*ファイル管理や階層構造(ディレクトリ)はWindows の範ちゅうなので、ホームページ作成ソフトには説明が皆無であるといってよく、参考になる。

やりなおしのホームページ

このままでは誰も見てくれない
誰も教えてくれなかった、
ホームページを”最適化”するテクニック


内藤淳之著・明日香出版社
2001年4月30日初版発行
  1600円・CDROM 無し
*「最適化」というのは、この作者がホームページ作製で初めて使った用語らしい。要するに、今のホームページの悪いところを指摘して、それを「適正化」しようと呼びかけている。大いに参考になる。

*
あとがきを見て、ビックリした。著者はホームページ作成に関わって、まだ1年の初心者とは、オドロキである。
                                                                  その他利用した参考書
入門 MS−DOS
 改訂新版

アスキー・ラーニングシステム 
入門コース


村瀬靖治著・アスキー出版局(255ページ)
1984年7月7日初版発行
1989年12月21日
 第3版第1刷発行
1600円・CDROM 無し
*MS-DOSの定番。入門・実用・応用の中の1冊。解説はわかりやすく定評がある。ファイルの階層構造を理解するのに十分な1冊。「ファイルの組織的な分類整理法」はとてもわかりやすい丁寧な説明である。 
IBM ホームページ・ビルダーVersion 6
ユーザーズ・ガイド 
1.入門編

(132ページ)



日本アイ・ビー・エム
株式会社



*入門編は、非常にわかりやすい
*まず、「あなたは'どこでも配置モーdo’のタイプですか、それとも'標準モード’のタイプですか」と、アンケート形式で丁寧に説明して、自分が好きなモードを決めさせる。


*
それから、 極めて簡単な(4枚組の)ホームページを実際に作らせ、それを自分が作ったWebサイトへのせるところまで、あっという間に誘導されてしまう。

*
この指導法は、実に絶妙である。
「私も作れる!」という気にさせてしまう

*実際,私も「2002年初日の出を見よう会」という4枚組のホームページを作って、インターネットにのせることができた。 
         
IBM ホームページ・ビルダーVersion 6
ユーザーズ・ガイド 
2 参照編

(459ページ)

日本アイ・ビー・エム
株式会社



あとがき


には高校時代から,
学習参考書を買うとき
奇妙な癖がありました。
例えば、仮に私が
「もし〜だったら、〜であろう」
という
仮定法の文法がわからなかったとしますと
本屋で立ち読みします。
「これはなかなか、分かりやすい。丁寧な説明だ」
となると、
「よしこれだ!」とうなずいて、
それを買ってしまいます。
いまもその癖は残っています。

「ホームページを作るのに5冊も、
多いのでは」と思われる方が多いと
思いますが、これが私の癖です。
少し特色があると、それを買ってしまいます。
例えば、
『ホームページの作成と公開』は、
コラムがあるから、
という理由だけです

*解説はわかりやすい。事実、定評がある。いまのところ、ベストセラー。

*しかし、「スタイルシート」といって体裁を整える、フォントや文字のレイアウト機能などが、IBM社以外のグループのパテントらしく、十分このソフトに生かし切れていないのが、非常に残念である。もっとも肝心な機能なのに、皮肉なことに、最も使いにくい。

*今後のIBMの努力に期待せざるをえない。これはHTMLで、編集する時の必須(ひっす)の機能なのでもっと便利に使えるようにしてほしい。

*IBMの社員は「これは付録です」なんて言っていた。
*特筆すべきは、マニュアルの第22章にある「誰もが利用しやすいホームページを目指して」という項目でしょう。
  • 「目の不自由な人」
  • 「視力の弱い人」
  • 「体の不自由な人」
のために、利用しやすい方法を示唆していること。そして、ホームページが完成した後、あなたのホームページが10項目にわたって、点検できるプログラムも用意されている。こういう点が、今なお、ベストセラーを堅持しているゆえんの一つでしょう。
トップページへ