私のPCと周辺機器  
      
 mypc3.htm
PC FMV−DESKPOWER K/5 80WLT
OS : Windows XP (2002/5/〜)
 
ディスプレイ: 17型・TFT Wide
 
CPU : Pentium V PROCESSOR 800 MHz
 
ハードディスク :61 GB
 
システム RAM(メモリ): 512 MB
 
(この1年間不安定だったが、Windows Meが原因だった)
ソフトウェア  一太郎 11 / WORD 2000   (一太郎は秀逸)
     
WORDには罫線機能で悩まされた。パグがあるとわ
         かり一太郎に乗り換える。一太郎を購入直後、
         Ver.12が出た

 ViaVoice Ver.9 Pro USB Edition
(IBM)
 Voice ATOK 14 
(Just System) 
     
変換効率はATOK,音声入力は ViaVoice
 Home Page Builder 6
(IBM) (すぐれもの)
     
Ver. 6を 買った直後に、Ver.6.5が出た
ViaVoice with ATOK 15 (IBM) (軽量級ですぐれもの)
・5/1購入。ViaVoice Ver.9の重たさ(500MB)を思うと、ある意味では待望し ていた製品。軽量級のViaVoice は、200MB.
・かなり使い込んだが、安定感が抜群。
・IBMのサポートの二人に相談して、確信を得た。A4サイズ30枚ぐら い、一気に入力しても大丈夫という証言を得た。
・要するに多くの機能の不要なものを削って、ただひたすら、テキストを入力するとい うことに特化した製品。
・だから、音声ファイルもない。ひたすら、テキストファイルで保存するタ イプ。
・これこそ、テープ起こしを専門にする人向けに開発されたもの、と自分  で勝手に思っている。(一部そのことを認めたサポートの人もいた)

Norton AntiVirus 2002
・ウイルスなどは、これまでは、対岸の火災視していたが、ホームぺージを立ち上げてから、急に心配になってきた。
・毎朝、一番にNortonを立ち上げ、scan する。それから仕事を始める。
 live update は2,3日に1回ぐらいするように努力している。
・大事なファイルは全て、internet disk に緊急避難した。
 (ここでは、ウイルスに侵されることはない)
・internet disk は100MB まで無償で使えるので、My Documents
 を全てこのdisk に保管してもしれている。(Just Systemの製品で一太郎11以降の製品を持っている人は100MBまで無償でもらえる)
音響機器  Transcriber BM-67 (Sony)         (必需品)
   Foot Control Unit FS−85
(Sony) (別売必需品)
  
Voice−Trek DM−1(IC Recorder)
(OLYMPUS)
   (with)ViaVoice Ver.8  
(IBM)
   
oiceーTrekはViaVoice とコンビで ViaVoice 9
    
並の力を発揮するが、操作性に難点

 Tape Recorder
Victor)  (特に必要なし)
プリンタ  PM−880C (EPSON)(少しスピード不足。色も不満)
スキャナー  CannoScan N 1220U (Cannon) (無くてもいい)
ワープロ専用機   OASYS 30ーAX301 (Fujitsu)   (不要)
    
・十数年使用した愛機。英語の半角の下線が
     ついぞ引けなかった。


目次へ                                                                                                  戻る

    トップページへ