トップページへ

                                                                                                                              

 

私の趣味など、いろいろ
    
profile6.htm
index
私の最近の姿 嫌いな言葉
家族 嫌いな人間
簡単な経歴  好きな人間
初めてのテープ起こし
〜谷健次郎氏との出会い
 
性格・気質
趣味 パソコン歴 
好きなテレビ

                             トップページへ

私の最近の姿

  男(常時)。身長、163
いつも金縁の老眼鏡をかけている
口ひげは常時、あごひげは、はやしたり、そったり
今は生やしている
そるたびに、みな、一喜一憂する
テニス仲間は、もっともっと伸ばせとおだてる
私は乗らない
浦島太郎みたいなのが、イヤだから

髪の毛ふさふさ
白いものが混じっている
近頃、小出監督に似てきたという
自分でも、そうかなと・・・
 
ビン・ラーディンという人も
やっぱり、小出監督がよろしい

                                                                        

                                                                                                                                                 戻る

《家族》



家内が一人。私同様、高齢者
(高齢者とは65歳以上。昔は、「老人」といっていた)
息子が一人(35歳)。イヤ、6か。パラサイトシングル

女の子が一人、スージー(Susie)
ラブラドール(yellow, 8歳。7月生まれ)

動物を飼うと
いつの間にか、オスとか、メスとか
言わなくなる。不思議である
いつまでも、オスとか、メスとかいっていると
だんだん、のけ者になる・・・ご用心

多分、ブリーダーがタブーな交尾をずっとさせていたのか
Susie の発育状態が悪い
前脚の関節が悪く、ヨッタ、ヨッタ歩く
他人も同情するほどかわいそう

                                            




簡単な経歴

      

昭和10年(1935年)1月、大阪生まれ
昭和20(1945年)1月
幌馬車で丹波篠山へ疎開。生まれて初めて
50センチの積雪を歩く
ものすごく、新鮮で、うれしかった
小学校4年生
これ以来、雪が好きになる


少年時代を篠山で過ごす
地元の県立高校を卒業し
関西の某公立外大英米学科を卒業

公立高校で、34年、英語を教える
私立高校で、(講師として)5年

生徒との年齢差を感じ、ジレンマに陥る
2000年7月、講師を退く

2000年、暑い季節(8月)
某テープ起こし技能士養成講座を受講
2001年8月、終了検定試験に合格
現在に至る

                                


 《初めてのテープ起こし》
灰谷健次郎氏との出会い




当時、私が48歳ごろ
全校生徒に週1時間、『太陽の子』を、読書の時間に
読ませていた

計画では、半年で読み切って、その後、灰谷さんの講演を聴き
そのあとまた、有志が灰谷さんを囲んで座談会を持つた

その講演が成功することは
これから講演が始まろうとするそのときに
わかった

灰谷さんが壇上にあがるとき、生徒の拍手がしばし
なりやまず
灰谷さんは切り出せなかった

教師もつられて拍手していた

何回も経験した講演会で
始まる前に生徒が拍手するのを
私は初めて見た

座談会や講演会のテープ起こしはしんどかったが
灰谷さんが与えてくれた感動が
私を励ましてくれた



それ以後、何度となく、テープ起こしは
したが、ただ問題点があった

「常用漢字表と付表」の存在は
知ってはいたが、実践していなかったこと

これは非常に恥ずかしい

そのせいで、今もなお、この原稿を書きながら、
辞書と首っぴきである

言語を専攻しているせいか、言葉には敏感だと思う
文章構成などにも関心がある
それが災いして
養成講座のプロたちに、よく言われた

「自分の文を作るな」

そういうこともあって
2次リライトのような原稿を編集するのが好き

タイトルや小見出しをつけたりするのが自分でも
一番得意ではないかと思う
                                          




《趣味》



硬式テニス。囲碁。カラオケ
クラシックギター・フォークギター(昔の話)
いまでもギターの音色(ねいろ)は耳に心地よい
年を取るとピアノの音が好きになった

車の旅行、スージーを連れて
だからペンションしか泊まれない
それも、泊まれるところは
数が少ない

テニスは中学、高校、およそ5年。(前衛)
40歳頃から、硬式を習う
現デビスカップの監督、小浦猛プロに
手ほどきを受ける

腕前は、上級の下か?
「今年中に上級の中になりたい」と
毎年思っている

最近は、ホームページ作りで
テニスは週一回

                                                 

                                                                                                                                                                 

                                                                                                                                       戻る

《好きなテレビ》



日曜日の朝、「報道特集2001年」
「サンデープロジェクト」(最近少し飽きた)

火曜日、NHKの「プロジェクトX」
(「襟裳岬に春を」だったかな?一番よかった)
その外、NHKのドキュメンタリ・プログラム

歌謡番組(美空ひばり)
私は ひばりとともに大きくなった

サンマの番組(すべて)etc.

NHKのスタジオパーク
司会の上田さんの大ファン

夜10時ごろからのニュースステーションのこと・・・

私はこの司会者の、というのか、この局のというのか
司会手法が気に入らない

けっこう、お金を使って、報道の中身は濃い
視聴者をすごく気分に
のせるのがうまい。ところが
こちらが、ある程度気分がのったところで
サッと
体をかわして、「次です」と言って
話題を変えるテンポに
ついていけない

だから、キライなテレビである
見なくなった
               
        

                                                                                                                                                                                  

          トップページへ                                                                                                   戻る

《嫌いな言葉》



「生きざま」

理由、言葉として、こなれていない


どうしてか
この言葉を聞くと
全身、身の毛がよだつ

                                                                                                 

   この原稿を書きながら、念のため辞書で「生きざま」を調べた。
                                                ビックリした。載っていた。           
                                                                                                                                                                                                 ■

 『新解 国語辞典(三省堂 金田一京助)』による
(1991年12月25日第7刷発行)
   
    「生きざま」・・・その人の人間性をまざまざと示した生活態度。
    「ざま」は「様」の連濁現象によるもので、「ざまを見ろ」の「ざま」
    とは違い、悪い寓意(ぐうい)は全く無い。一部の人が、上記の
    理由で、この語をいやがるのは、全くいわれがない。

 アレー、いやがる人が一部にいたのか。全く知らなかった。
私は自分だけだと思っていた。

お言葉ですが、「生きざま」を聞いて
私は「ざま見ろ」の「ざま」を連想などしない。

私の場合、理由は外にある。

 人間、生きるときの様子が、
何となく人に壮絶
(そうぜつ)感を覚えさせるようで、
イヤなだけである。 

これはひょっとして、私だけかも。
「壮絶な戦」の「壮絶」である。

(注)
(壮絶な=他に比べもののないほど・勇ましく(おごそかで)、
見たり聞いたりする人の襟を正さしめる様子
(同上辞典より引用)

 
外面はさらりと生きて、もっと堪え忍んで、
 内面に壮絶感を自分で感じればいい。

「壮絶な生き様」のように、
「壮絶な」という形容詞は「生き様」と結びつくのか、
と想像するだけで、もう鼻持ちならない。

これは私の考え過ぎかな。だれか教えてください。
 
(鼻持ちならない=言動がきざで、見聞きするのも不愉快)

 たいてい、人間は、苦しいときも、悲しいときも、寂しいときも、
耐えて生きているのでは・・・。

たいがい、みな、そうなのでは・・・


「その人の人間性をまざまざと示した生活態度」って、なに・・・?
 こんな言葉は、私はもう、dead language (死語)にしてほしい。

      トップページへ                                                                                              戻る

《閑話休題》

                                                                            

外に、最近、テープ起こしの
ホームページを捜していて
「テープ起こし者」
というのを見つけた

どの会社か、メモをとっておけばよかった

でも、これなどは、まだ同情の余地がある

右を見ては、「テープ・リライター」(登録商標)
左を向いては、「テープライター」(少し違いますぞ!)
(多分、登録商標にあらず。ただし某社がすでに使用中)

さりとて、「テープ起こし」の「し」は「士」でも「師」でもない
気持ちはよくわかる

車の名前なら、いざ知らず、仕事や職業の名前を
登録商標にするの
もうやめましょう、みなさーん  (^^)/

「てーぷ起こし工房」。だれが、使ってもいいですよ

                                                                                                                                          戻る

                                                                                         

                                                                                                                                                                     

《嫌いな人間》



最近で言えば、
仕事上のことで、泣く人間、男も、女も

自分がまいた種で、泣くなどは許されない
株で、すっても、泣いたらいけない、男も、女も

公園広場で、ゴルフする人間、男も、女も
こういう手合いは、結局、バランス感覚が
欠如しているのかも

人を食い物にする人間、すべて

 あんな不安定な商品(Windows Meのこと)
よく売るわ。あきれる。

この原稿を書いているとき、
つまりホームページを作製中
私のPC,完全にフリーズしてしまった

2001年1月に買った製品、2002年の2月ごろまで、
百回はオーバーだが、
月に4回ぐらい、50回ほど、フリーズした

こんなことは、*5や*8を使っているころは無かったと思う。

そのことを、PC買ったところで、言うというと、
月4回はまだ少ないほうだ
と言われた。

そんな状態で、
いつ壊れるか、いつ壊れるか、と不安だった
しかし、ついに、時がきた

C ドライブのデータを緊急避難して、フォーマットして
リカバリーしてもらった

電気屋は、自分でできると言っていたが、完成間近のホームページの
データをなくすのが怖くて、5000円でやってもらった

                                  トップページへ                                                                                   戻る


《私の好きな人間》



やさしさを持った、きびしい人、だれでも
バランス感覚のある人、男も、女も




《性格・気質》



責任感、普通の人の2倍
正義感、普通の人の3倍

人に寛大
自分に厳しい
(これが災いして、息子のしつけに失敗)

集中力、人の三倍
テープ起こしを12時間ぐらい、
食べるのも食べないでやることがある

 
車の運転
12時間ぐらいは平気
(ただし睡眠不足のときは、ダメ)

整理整とん好き、きれい好き

人にかまわれるのが嫌い
自分のことは、自分でする
人のことも自分がする

だから、私の家内は、
何もしなくなった

なんにでも、こだわる
好奇心旺盛

change of pace(気分転換)が好き
for a change (気分を変えて)という英語が好き
書斎や居間のレイアウトもよく変える

寝室も時には、変える

家内は変えていない

                                                                                           

                                   トップページへ                                                                                       戻る

《パソコン歴》



PCは4台目。あまり自慢にならない
MS−DOSのときから、やっている
最初の3台は、みな、NEC

4台目は富士通

しかし、富士通のワープロ専用機、OASYS−30AX
があったので、
一太郎、や WORD とは無縁であった

だが、インターネットを使って
テープ起こしの営業となれば
ワープロ専用機では力不足も否めない
だから、決別した

私の家の暖房機は、
石油を使うFF式ヒーター

石油を入れるところには
90リッターがいっぺんに入る
これを、24年間、使っている

途中ちょっとした故障が2回ほど

しかし、コンピュータの製品のなんと、短命なことか

  ここまで読んでくださった方、
どうもありがとうご ざいました。

                                                                                                                                                                   

                                    トップページへ                                                                                        戻る