ホームページ 前の話 次の話

32 ドラえもん

平成11年 3月23日(火)

昨日・今日の2日間は寒かったですね。 日曜日に池袋に行ったのですが、これは大変でした。

この日は、長女は友人たちと約束をしていて、家の近くの映画館で「ドラえもん」を見る予定でした。 3番目の子も、「ドラえもん」を見たいというので、中学生の長男に付き合ってもらうことになりました。 どうせ見るなら、家の近くのララポートでは画面が小さい、やっぱり大きな画面の方が良いと思い、池袋の映画館を目指すことになりました。 長女に家のカギを預けた後、長男と次女を連れ、この天気では傘を持っていこうと、折り畳みを背中のリュックの中に、4人で池袋に向かいます。

映画館は、ものすごい混みようです。 始まる時間は9時半だったのですが、2〜3分遅れくらいで映画館の前につきました。 すると、何やら長〜〜い行列。 そばに立っている映画館の人に聞いてみると、この列は次の12時からの回の整理券をもらう為の行列であるとのこと。 立ち見については、できるけれども中は大変な込みようであるという。 仕方がないので、しばらく並んで、整理券「106」「107」の2枚を手に入れる。 すると、11時20分までに来てくれという。 まだ、1時間半、時間をつぶさなくてはいけないのか。

仕方なく(?)、近くのロッテリアに入り、2度目の朝食とあいなった。

うーん、まだ時間があるぞ。 今度は近くにある「ビッグカメラ」だ。 何のことはない。 長男坊にプレステのゲーム「スレーヤーズ わんだほー」、次女にはビデオの「ポケモン ミューツーの逆襲」を買わされた。 その後、本屋をひやかして、やっと時間となる。

11時20分に、階段に再び整理券番号の順に並びなおしてから、しばらくその場で待ちました。 やがて、前の回が終わる10分くらい前に順に中に入るように指示されます。 映画は子供2人で見てもらい、親はその間に2人でウインドウショッピングでもしようと考えていたので、ここで子供たちとはお別れ。 終了予定の2時45分に、映画館の前で待ち合わせます。

サンシャインと東急ハンズの中を歩き回り(正直なところなんで女はこんなにエネルギッシュなのだろうと思いながら)、ゆっくりと時間をつぶします。 しかし、寒さに加えて、雨が降り出しましたね。 時間だから、映画館の前へと行きますと、なんと雨の中を小さな子供連れの行列が並んでいます。

これは、また次の回のために整理券をもらおうと並んでいるようですが、寒くて雨も降っているのに、子供連れで並んでいて良いのだろうか。 「ドラえもん」は長男が生まれる前から続いている漫画で、我が家の子供たちは、ビデオと映画館の上映を合わせて、今までの映画はすべて見ています。 安心して見せられる映画ですが、何時間も並んだり、寒いのを我慢したり。 そこまでするんですかね。

「ドラえもん」には、いろいろな夢がたくさん詰まっています。 「どこでもドア」なんぞは、切望する品物ですね。 あれさえあれば、朝の渋滞ともおさらば。 「4次元ポケット」を始め、欲しい品物が次から次へと出てきますね。

以前あった、「ドラゴンボール」でも、車をカプセルにできるのは、しびれましたね。 孫悟空も好きですが、私にはカプセルの方も気になりました。 ちなみに、私は「西遊記」を読んだ後で「ドラゴンボール」を見たわけですが、長男は「ドラゴンボール」を見てから「西遊記」に入り、面白いおもしろいと、感激していました。

「ドラえもん」は、藤子さんが亡くなっても、無くなって欲しくない漫画です。 私も子供の頃に本で見た「潮力発電」や「南極越冬隊」、南米のリャマなどに心を奪われました。 夢って、良いですよね。 うーーん、ちょっとくらい苦労しても、「ドラえもん」を見せてあげたいという、親心。 やっぱり分かるような気もします。

家に帰ってから、長女に近くの映画館の様子を聞くと、始まるだいぶ前に映画館の前に行って待っていたようで、好きな席を選んで座れたようです。 画面が小さくても、わざわざ池袋まで出ない方が正解かな。

ページのTOPへ戻る

ホームページ 前の話 次の話