ホームページ 前の話 次の話

40 県立大学は素晴らしい

平成11年 9月 5日(日)
やっちゃん
夏休み中に、県立大学の見学に行って来たよ。
まーちゃん
えっ? 県立大学なんて、あったっけ。
やっちゃん
うん。あんまり知られていないかもしれないけど、今年から看護・福祉を中心とした大学が、できたんだ。
まーちゃん
へーーー、どこらへんにあるの?
やっちゃん
越谷市の「せんげん台」という駅から歩いて行くらしいんだけど、良く分からないからバスを利用したんだ。
まーちゃん
遠いところで、大変だったね。
やっちゃん
いやーー、素晴らしい大学で、一目見た瞬間から惚れちゃったね。こんな大学に通える学生がうらやましいと思っていたんだけど、だんだん時間が経つにつれて複雑な気持ちになってきちゃった。
まーちゃん
どうしたの?
やっちゃん
いやね、考えてみるとこっちの高校も県立、向こうの大学も同じ県立。だけど見た目も、設備も、経費も、いろいろ比べるのが恥ずかしいくらい違うんだよね。
まーちゃん
それは、しょーがないんじゃないの?
やっちゃん
そんな事無いよ。一部の大学生にだけお金をかけるよりも、一般の高校生にももっとお金をかけて欲しいよ。
まーちゃん
そう言われてみれば、そうだよね。この頃は何でも経費削減ばっかりで、高校の経費も毎年減らされているって言っていたものね。
やっちゃん
まあ、文句を言っていても仕方が無い。でも、そんなことを言いたくなるほど、県立大学の施設・設備は素晴らしかったんだ。
まーちゃん
特に気に入ったのは、どんなところ?
やっちゃん
全体的にガラス張りで、明るいところ。かっこいい講堂。図書館かな。そして教育内容も良さそうだったよ。
まーちゃん
生徒にはぜひにと、勧めたいところ?
やっちゃん
もちろん。ちょっと遠いのが残念だけど、あんな学校に通えるならば、勉強にも力が入るんじゃないかな。
まーちゃん
じゃー、お金がかかってもしょうがないね。
やっちゃん
いや、やっぱり悔しい。教育はお金がかかるものなのだから、もっと教育費を増やして欲しい。誰でも、自分の子供には良い環境で勉強して欲しいと思っているんだから、へんなサッカー場を作るお金をこっちへまわして欲しいね。
まーちゃん
私にも欲しい!!

ホームページ 前の話 次の話

ページのTOPへ戻る