.
ホームページ 前の話 次の話

44 オウム

平成12年1月22日(土)

今日本中で、イジメが行われている。こんなことを書くとみんなに怒られるかもしれないが、日本中の市町村がオウムイジメをしているように思えて仕方が無い。

私は別にオウム真理教に味方するつもりは無い。しかし、上祐さんが刑務所を出所した時の報道合戦などを見ても、異常な事態であると思う。日本は確か法治国家ということになっているので、裁判の結果刑に服した人間には、それ以上攻撃を加えることは如何であろう。ところがマスコミは売れれば良いから(つまり自分のため)、パパラッチまがいの追いかけを行い、あまりの取材合戦の凄まじさを理由に、ホテルにも宿泊を断られている。私には良く分からないのだが、一般の受刑囚が出所するときに同じような騒ぎがあれば、人権蹂躙だという人も出てくるんではないだろうか。刑務所から出所した人間だからといってホテルで宿泊を断ることなんか、あるんだろうか。

もっと気になるのは、あちらこちらで行われている転入拒否である。オウム関係者は自分たちの市町村に住んではいけないという。なるほど、気持ちは良く分かる。一連の事件やその報道を見ていると、近くに住んでもらいたいという人はまずいないだろう。しかし、オウム関係者は出て行けというのだったら、彼らはどこへ行けば良いのだろう。どこかにオウム村でも作って、そこに押し込めようというのだろうか? 引きうけてくれる場所があるのだろうか? それとも極端に言えば全員死んでしまえということだろうか。

学校では、生徒が何をしようと、体罰は出来ない。当然だろう。先日のテレビドラマで、生徒たちと約束をしたのに守れないから体罰になってしまうというお話があった。しかし、現実には生徒がイジメをしようが、生徒に暴力を振るわれようが、体罰は絶対にしてはいけないのである。生徒同士でも、1人異質だからといってイジメをすることは誰でもいけないといっている。中にはイジメられる方が悪いなんて言う人もいるが、こんな人はちょっと怖い。ところが日本中がオウムに対しては当然のように、胸を張ってイジメをしている。

怪しげな集団を非難したり、マスコミで分析したり、それは許そう。しかし、ちょっとやりすぎという意見も出てこないと変ですよね。

ホームページ 前の話 次の話

ページのtopへ戻る