.
ホームページ 前の話 次の話

47 母の愛?

平成12年2月3日(木)
やっちゃん
少女を誘拐して、9年以上も監禁していた事件は、なんかすごいね。
まーちゃん
驚いちゃった。なんで、被害者は逃げなかったんだろう?
やっちゃん
それは、しょうがないよ。最初に逃げ様とすると暴力を振るわれるという経験を重ねていると、何回か続けば誰でも逃げにくい状況になると思う。さらに、女の子は当初9歳だったので、余計に恐かったと思う。逃げられなくなる方が、当たり前でしょ。
まーちゃん
そうかな。しかし、9年も上の部屋に監禁されていたのに、加害者の母親はなぜほっといたんだろう。
やっちゃん
うーん、この頃の母親の過剰愛と同じだろうと思うよ。今の母親は、昔に比べれば子供の数も少なくなり、子育てが格段に楽になったと思うのだけど、逆に子供に間違った愛情を注いでいるケースが多い。
まーちゃん
なにが、間違っているの?
やっちゃん
今回のケースで言うと、子供が明らかに異常な行動をとっているのに、母親として注意しないばかりか、逆に子供の行動を助けたり庇ったりしているように思われるっていうこと。
まーちゃん
それは、母親として当然じゃない?
やっちゃん
どうだろう。そりゃー、一生その子の面倒を見てあげられる人は良いよ。だけど、実際には子供が大きくなってくると親が見られる部分はどんどん減っていくでしょ。そういうときには子供自身が立ち向かって行くんだけど、親がその準備をさせないで、可愛がっているだけじゃ、無責任でしょ。
まーちゃん
でも、親の気持ちとしては、子供はいつまでも子供でしょ。
やっちゃん
そんな事はない。だんだん小さくなって行く子供も、いつまでも成長しない子供もいない。子供は必ず少しずつでも成長して行く。だから、早く子離れしなくちゃ子供のためにならない。
まーちゃん
でも、今回の新潟の事件の場合には、もうどうしようもないでしょ。
やっちゃん
僕も人の親だから、簡単に親が悪いとはいえないけれど、母親としては少しでも身体を張って子供を正しい方向に導くようにしなくちゃだめだよ。
まーちゃん
そんなこと言って、自分では出来るの。
やっちゃん
えっ、それは‥‥‥。今日は早く寝なくちゃ。
まーちゃん
すぐこれだ!

ホームページ 前の話 次の話

ページのtopへ戻る