.
ホームページ 前の話 次の話

58 でもやっぱり、茶髪じゃない方が良いな

平成12年7月25日(火)

やっちゃん
この前の茶髪の話は、なかなか難しいね。茶髪だから不良というのは間違っていると思うけれど、高校生が茶髪にしているのは、私としてはあまり賛成できないということかな。
まーちゃん
あー、やっぱり反対なんだ。わかったような顔をしていても、結局は学校の先生なんだね。
やっちゃん
そー言われちゃうと反論できないんだけれど、でもね、高校生って茶髪にする必要なんてあるのかな。
まーちゃん
それは当然、本人たちにしてみれば必要だと思うんじゃないの。高校生だって自分を表現したいだろうし、その一つとして茶髪や指輪・ピアス・化粧があるらしいよ。
やっちゃん
やっぱり、それは間違っているよ。人間って1人では生きていけないから、他人との関係を大切にしなければいけないんだ。そりゃー誰だって自分の好きなことだけをやって生きていけるんなら、楽だよね。でも、そんな人っているかな。多分いないよね。
まーちゃん
無理だろーね。
やっちゃん
自分のやりたいことだけ出来たら、幸せだろうね。好きなときに起きて、好きなときに寝る。好きな食べ物を食べて、好きなものを着て、もしくは着ないで、人のものでも欲しいと思ったら取り上げて、何でも好きなものを買って、もしくは奪って、嫌いな人間は徹底的にいじめちゃうなんて、どーなのかな。
まーちゃん
極端なことをいう人だね。うーーん、幸せとも言えないよーな。そこまで行くと、怖いよね。歴史上の有名な暴君でもそこまで出来る人はほとんどいなかったでしょ。そんなに好きなことをしていても、私だったらなんだか虚しく感じそー。
やっちゃん
経験無いから分からないけれどね。やりたい放題出来る時と、いろいろ規制されているときでは、意外と規制が多い方が結局は楽しめるんじゃないかな。人間というのは、ある一定の枠の中で何かを達成したというのが快感なので、何をしてもよいといわれて喜ぶのは最初だけ。学校のいろいろな規制も、そんな風に考えると、結構楽しめるんじゃないかな。
まーちゃん
なんだか、ちょっと無理やりこじつけている感じ。
やっちゃん
でもね、実際に多数の人たちが、制服などの指定が無かったり化粧が自由に出来る学校を選ばないでしょ。人間ってやっぱり規制されることが好きなんだよ。
まーちゃん
そーは言っても、規制を嫌う人も多いよね。
やっちゃん
規制を守れることが大切なんだよ。
まーちゃん
そーなのかな。
やっちゃん
例えば人前では洋服を着なければいけないという、一般的なルールがある。これを守らないと軽犯罪法に違反となってしまう。男性では完全に痴漢行為になってしまうし、女性が裸になっても喜ぶ人もいるかも知れないが普通は怒られちゃいますね。
まーちゃん
それと茶髪や指輪・ピアス・化粧をいっしょにするのは、ちょっと違うでしょ。
やっちゃん
いや、極端かもしれないけれど、自分の好きな格好ができないということは同じだよ。
まーちゃん
洋服を着ないと怒られるのはどこでも同じだけれど、もう一つの話は学校の中だけでしょ。
やっちゃん
洋服を着なくて良い場所だって、あちらこちらあるでしょ。少なくとも1人でいるときには自由だものね。着るものにしたって、場所や時間に応じて決まっていることも結構多い。本当に自由な服装が認められているのはかえって少ないんじゃないの。
まーちゃん
だからって、学校で茶髪や指輪・ピアス・化粧を制限するのはどうかな。一応制服は着ているんでしょ。
やっちゃん
うーーん、その制服もあまりきちんと着ていないんだけどね。やはり高校生にとって、他の人にどのように見られるかというのは大切で、自分を少しでもよく見て欲しいんなら茶髪や指輪・ピアス・化粧はやめた方が良いよ。
まーちゃん
じゃー、他人の目を気にしないでも良い人は別にかまわないのか。
やっちゃん
人の目を気にしなくても良い人なんて実際にはいないよ。「関係ねーだろ」なんて言っている生徒でも、意外と他人の目を気にしている。逆に言うと、他人の目を気にして茶髪なんかをしているんだよね。
まーちゃん
それじゃ、茶髪にしなくちゃ仲間になれないんだ。
やっちゃん
でも、そんなことで人の仲間になるってなんだか悲しいよね。例えば、茶髪やピアスのお兄さん、お姉さんが向学心に燃えて高校に通っているっていうんなら格好良いよね。
まーちゃん
それじゃ、認めているのかな?
やっちゃん
やっぱり、よく分からない。
ホームページ 前の話 次の話

ページのtopへ戻る