教育実習生日記


6月8日(木) 【実習第10日目】
〈ドーピング 2日目・・・〉

予想通り、2日目に突入です。ドーピング。
そりゃ、ドーピングだってするってもんですよ。無理してるもん・・・。(T_T)
でもね、今日は昨日よりはいっぱい寝ました。
今日は古典のほうの授業の準備がほぼ無いに等しかったので。
でもね、最後の授業で実施する『授業アンケート』を作りました。

で、本日の睡眠時間は“2時間30分”。

今日はいよいよ研究授業!!

始業前。
今日の研究授業の正式な指導案が昨日までに書き上がらなかったため、
今日は7時30分出勤
で、朝早くから指導案を印刷して、ホッチキス留めして、印鑑押して、
っていう一連の作業をこなしました。
なんとか朝の職員打ち合わせまでに間に合わせました。

第3校時。
ホームルームクラスの2年5組の現代文の授業。
2年5組の授業はこれが最後だった。
心の中は『次の時間が研究授業なのにー・・・。(;o;)』 って感じ。
しかも、研究授業は古典なのよね。(^^ゞ

現代文の授業って最初は不安で不安で仕方なかったんだけど、
いざ授業を行ってみるとその不安は解消され、次第に自分でも作品を楽しむことができた。
授業自体も現代文の授業は結構自分でも上手くいったと思う。
相当試行錯誤した結果なので結構満足。
ただ、現代文の授業って結局実習中で各クラス3回しかできなかったので、
『もう少し時間があればよかったのに・・・』ってゆーのが正直な感想。

この時間は最後の授業ということで、
指導の先生が俺が好きに使っていい時間をいっぱいくれた。
そこで授業アンケートを行う。
生徒からの評価は・・・、結構いい評価なんじゃないかな??

そうそう、授業をしてたら英語科の先生が授業を見に来てくれた。
最初は全然気がつかなくて、いきなり後ろに座ってたからビックリした。(^_^;

第4校時。
2年2・3組の古典の授業。
で、研究授業
授業前の一番の心配事は時間配分
指導案には本当に大雑把な時間配分が書いてあるんだけど、
俺と指導の先生だけは、もっともっと細かい時間配分を作っていた。
古文の一文一文に“この文は○分”って感じで・・・。
で、
結果は・・・、大成功
最後の“この時間のまとめ”の部分だけ、ちょっと時間がなくなっちゃったんだけど、
それまでは恐ろしいほど予定時間通り。
これほど時間配分の面で上手くいったのはこの実習初めてだった。
これまでの実習で学んだことを存分に発揮できたと思う。

研究授業には結構たくさんの先生が来てくれた。
国語科の先生はもちろんのこと、教頭や高2の時の担任(数学科)など・・・。
うれしいもんだ。

昼休み。
国語科の先生方と今の研究授業の反省会を兼ねた昼食会。
なんと寿司
まさか学校で寿司を食うことがあるとは思わなかったよ・・・。(^^ゞ
しかもこの寿司、結構いいものなんじゃないかな??
“玉子がふつうの形してない”
で、
反省会のほうでは、結構色々と国語という専門のほうのことを突っ込まれた。
まぁ、声のでかさだとかの基本的なことはもともと実習始めた頃からクリアしていたので・・・。
『いい意味で実習生にしかできない授業』とも言われた。
そりゃーこのテンションで授業できる学校の先生はいないでしょう・・・。

第5校時。
2年1組の現代文の授業。
この授業では研究授業の疲れがちょっと出てしまったかな。
ちょっと気が楽になりすぎて、時間が上手く使えなかったとこがあった。
予定通りには進んだんだけどね。


さて、明日はいよいよ最終日!!
4コマ授業という最後までハードスケジュール。
頑張って有終の美を飾らなきゃね!!o(^o^)o

ちなみに、
今日の下校時刻はやっぱり19:30
しかもそれだけ残ってたのに今日の日誌は書けず仕舞い。
困ったもんだ・・・。


今日学んだこと

日誌はその日のうちに書きましょう。




Thank you for your coming!!

since Feb,2000
kazuto-y@geocities.co.jp