★ ★ ★ ★ ★
新年を迎えるということ
 2004年です。遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
 四季の感覚を失いつつあるとよく言われる現代人。「四季の感覚がないのに衣替えなんかしてどーする」。風習に理屈などいりません。ただ伝承されていくだけでいいんです。
 
新年のカウントダウン中継など見ると若者大盛り上がりでしたな。それで良いんです。「お正月というだけでバカ騒ぎをするなんてしょうもない」、その考えの方がよっぽどしょうもない。暦なんて人間が考えだしたもの新年を迎えるということは大して意味を持ちません。気分転換の機会になるだけです。だからこそ必要なのですよ。お正月の過ごし方にケチをつけてはいけません。