大野帝國の風土
 緑豊かな自然と文化の調和した活力ある国。それが大野帝國です。陽光にきらめく海と、鮮やかな緑が広がる山々に囲まれ、また、個性的な国民もかねそろえ決して飽きることもなく、美しさと楽しさとくつろぎをまとめて味わっていただける、世界でも指折りの住み心地を提供しております。


大野帝國の公的機関と制度
<政治制度>
大野帝國評議会・・・国民が選挙で選んだ議員が国の将来について論議するのが大野帝國評議会です。24時間繰り広げられ、専用チャンネルでテレビ中継されており大変人気の高い番組です。評議会の進行役をつとめる評議長は任期もなければ人気もありません。杓子定規な取り決めである法律を設けていないため、何かもめごとが起こると、一家に一台設置されている「おもいっきり生電話」で評議会に電話することになります。その問題に関して論議し、評議会の権限で対処します。
大野帝國元老院・・・外国との交渉を担当するのが大野帝國元老院です。条約などを制定します。皇帝が肯定すると有効、皇帝が否定したら駄洒落にならないので皇帝は無視されやはり有効。皇帝の指名にもとづき構成される。

<公的機関>
大野帝國学校・・・6歳になった子どもたちは大野帝國学校への入学が義務づけられています。ここでは算術・言語学・社会学・科学・体育の基礎知識を習得させ、芸術分野への関心を持たせ、身体的向上も図りつつ、諸外国での啓発活動も数多く体験します。6年制。
大野帝國高等学校・・・大野帝國学校卒業後、同じく義務として入学することになります。算術・言語学・社会学・科学・保健体育の中から選択した2科目の専門授業を受け、残りの3科目の補充授業を、希望者はさらに芸術(音楽,技術,絵画,書 の中から1つ)を受講できます。6年制。
大野帝國大学・・・入学試験を要する。高等学校よりさらに高度な授業となります。基本的に4年制ですが、各自のプランに合わせ延長可能です。
役場・・・住民の方の生活をサポートする機関です。全国に80あります。24時間完全対応です。よりよい住環境の確保に取り組みます。公立病院もこの中にあります。トラブルが起きれば評議会の決定に従い解決へ運びます。
総務監督庁・・・公務員の採用を決定する公務員試験の実施や、役場だけでは対応しきれない問題への対応などを行います。通常評議会の指示に従いますが、異論があれば評議会に代表を参加させ議論に参加することができます。総務監督庁の最高責任者は大臣とよばれます。



よくある質問 Q&A
Q1.なぜ大野帝國という名前なんですか?
A.あなたもなぜ自分の名前がつけられたか御両親に聞いてみたらよろしいと思います。初めての子どもだったから「一郎」。名前に意味がないこともあります。優しい女性に育ってほしかったから「優子」。大抵その名の通りに育ってくれないものです。このように名前には理屈はありません。名前の由来などにはこだわらず、別の質問をしなさい。
Q2.なぜ大野帝國という名前なんですか?
A.大野町の中に存在するからです。
Q3.経済体制はどのようになっているんですか?
A.ベニマンサク経済を採用しています。
Q4.なんですか、それは??
A.国民には最初10万ベニマンサク与えられます。大野帝國銀行には全国民が一人一つの口座を持っています。10万ベニマンサクから必要なだけおろしていきます。仕事によって収入を得れば貯金もできます。10万ベニマンサク全て使ってしまった場合は、職業安定所で職を求めて生活することになります。どうしても職が見つからなかった場合は、最終手段として強制的に「鉄道研究会」に入ってもらい、我慢してもらいます。
Q5.鉄道研究会ってなんですか?
A.実は誰も何なのかを知りません。
Q6.どんな企業が大野帝國にはあるんですか?
A.大野放送局(通称BS大野)。大野帝國新聞社。三国志マニアッククラブ、など。
Q7.交通機関はないんですか?
A.歩くことのはとても健康にいいことですよ。
Q8.大野帝國民に有名人はいますか?近所に有名人がいたらうれしいんですけど。
A.私です。私が近所に引っ越しましょう。
Q9.大野帝國民になるメリットはないということですか?
A.シャンプーのメリットぐらいは手に入りますよ。
Q10.まじめに答えてますか?
A.まじめです。大まじめです。超まじめで言うならばメリットはありません。
Q11.それじゃダメじゃないですか!
A.ツッコミされてはQ&Aが成り立ちません。