番組制作スタッフに常識的な人間はいないのか?
 NHK広島の「お好みワイド広島」では天気予報士の人が俳句を紹介したり、星座を紹介したりしている。よっぽどやることがないのね、と思えてくるが、ローカルだからこんなもの、と正直あきらめている。しかし今日(4月18日)の予報には驚いた。
  
くもり 後 雨  (降水確率) 午前80% 午後50%
 矛盾してるやん!さらに、時間別ポイント予報では、、、
6〜12時 雨  12時〜18時 雨  18時〜24時 雨
 いつくもりになるんですか?同じ人が予報したのに?
 こんな間違いは誰でも気付きそうなものだ。なのに訂正もなく司会者たちは平然と番組を進行させる。スタッフに常識人はいないのか、と思う。ここ最近バラエティ番組を見ていて何度も同じことを考えていた。スタッフにまともな人がいたならばこんな企画はしなかっただろう、だとか、スタッフに常識ある人がいたならばこんな内容にはならなかっただろう、だとか1週間に何度思わされたことか。テレビ局のスタッフは全員総入れ替えをした方が良い。もちろん良く出来た番組とかもたくさんある。しかし、そんな番組よりも、
こういった酷い番組が目立つのだ。テレビ局に憧れる時代はもう終わった。