「ハリー・ポッター」はファンタジーなのか?
 ファンタジーというのは(子どもに)夢や希望を与えてくれる、言ってみれば現実離れしたストーリーのものだと思う。大ベストセラーの児童文学書「ハリー・ポッター」シリーズの分類はファンタジー。魔法学校が舞台であるし、ちっともおかしくないように思える。しかし、一冊目を通したことがある方なら分かると思うが、暗すぎじゃん!陰険極まりない同級生(中学生)はわんさかいるし、肉体的暴力によるいじめはないもののいじめはあるし、夢と希望はどこにあるのだね。クライマックスはめでたしめでたしなわけではあるが、勇気を持って行動し誠実な人間が報われるなんちゅうのは教訓以外の何物でもない。だいたい変人校長があそこでああいったところで校則違反に違いはないのだ。こういうことを子どもに勧めるのもどうかとは思うぞ。勇気だけでかたがつくとは限らないんだからね。やはりこれはファンタジーではなかろう。最後に大どんでんがえしが用意されているのだからミステリーといったところではないのか。魔法が出てくるからといってファンタジーとは限らないのではないのか。ちなみに上のは作品自体の評価ではないので、あしからず。