<暇々ゲームレビュー>

 

 

 

 

お題目「加奈〜いもうと〜」(18禁エロゲー)

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

「KANON」「AIR」ときて、またも有名な泣きゲー「加奈〜いもうと〜」

 

「ろじぱら」さんでもやはり上位のこのゲーム。

 

「KANON」「AIR」と同じかと思ったら大間違いでした。

 

まだ全てのエンディングは見てませんが、とりあえずレビュー。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、いうわけで未だ涙で赤く腫れた目をこすりながらのレビューです☆

 

 

<CG>

 

 

基本的にうまくない。

 

色の塗り方、背景などでは確実に「KANON」にも劣る。

 

パースミスも多数。

 

 

しかしかなり古いゲームらしいので、

 

「これ首とれてるんちゃうか?」

 

「お前の目はどこを見つめとんねん。虚ろで怖いわ。」

 

なんてつっこみはやめておきましょう。

 

 

 

 

 

<音楽>

 

 

普通。

 

ホント普通。

 

 

特にほめるところはありません。

 

心に残るメロディーはありませんでした。

 

 

 

 

<キャラ>

 

 

〜藤堂加奈〜

 

題名の通り主人公の「妹」です。

 

 

先天的に腎臓に障害を持っているらしく、病弱です。

 

入退院を繰り返しています。

 

兄に対して少なからず好意を持っています。

 

 

 

 

 

〜鹿島夕美〜

 

 

主人公の幼なじみ。

 

幼いころ主人公をフった女。

 

主人公はそれがトラウマでこの女が嫌い。

 

 

 

 

 

〜霧原須摩子〜

 

 

主人公の叔母。

 

末期ガンによりホスピスにいる。

 

死を目前に控えた人。

 

 

 

 

 

 

 

<シナリオ>

 

 

痛い。

 

心が痛む。

 

 

人の生や死について考えてしまいます。

 

 

もし大事な人があと半年の命だったら・・・?

 

そういう考えを持ってしまう話です。

 

 

感動の涙、というよりは悲しみの涙でした。

 

 

 

あとは兄弟の禁断の愛って感じです。

 

この辺は実の妹がいるせいか全くうけつけませんでした。

 

 

 

 

ゲームとしてはエロゲーという感じもしました。

 

エロ描写がちょっときつい。

 

 

あんなにエロを入れなくてもいいと思うんだけどなぁ・・・。

 

 

 

他のHPではエロくないって言ってましたが。

 

 

 

で、やった後の感想ですが、

 

 

 

 

 

 

・・・ティッシュ3枚。

 

 

 

 

涙ふき取るのにティッシュ3枚。

 

 

そして嗚咽。死ぬかと思った。

 

 

 

プレイしてる時の俺の様子を描写すると、

 

 

 

 

 

 

う”ぁ”・・・う”ぁ”ぁ”・・・ひぐっ!

 

あ”がん”・・・あ”がんで・・・・!!

 

死んだらズズッあ”がんで”!!

 

がなは死んだらあ”が”んっっでぇ・・・・!!!!

 

 

 

 

 

(加奈の墓参りのシーン)

 

 

 

 

 

う”あ”あ”あ”あ”あ”ぁ”ぁ”ぁ”ぁ”〜〜〜〜!!!!!!

 

じんだっ・・・!!!あ”がっっ!!がながじんだっ・・・ァ”ッ!!!

 

 

 

 

 

 

(エンディングで遺言が伝わるシーン)

 

 

 

 

 

うぐぁっ”!!!!!ふごっ!!!!あがっぁ!!!!(嗚咽)

 

あぎっっが・・・うぁ”!!!!え”ぐぁっ!!!!!(嗚咽)

 

 

 

 

 

 

(加奈の最後の言葉)

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・ェグァッ。(呼吸困難)

 

・・・・・・・ォ”グッ・・・・・ガッ・・・ァ”ッ・・・・。(死にかけ)

 

 

 

 

 

こんな感じですね。

 

 

後一歩で俺が逝くとこでした。

 

 

 

 

 

でも・・・でも・・・、

 

これだけ泣いても・・・、

 

俺は「AIR」の方が好きだなぁ・・・。

 

 

 

 

 

 

あぁ、ちなみにすでに「堕ちた」感は微塵も感じていません☆

 

 

 

 

 

終わり。(いろんな意味で)

 

 

 

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜2月5日追記〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

は〜い、上で泣いてますね?

 

俺激泣きですね?

 

 

 

 

 

次のプレイで、それ楽勝で越えました。

 

 

有り得ないよ、あの泣きっぷり。

 

 

 

今、俺は世界で最高に感動してるって感じ。

 

 

 

いや、感動って表現はよくないな。

 

 

悲しい。

 

 

悲しいとしか言えない。悲しすぎる。

 

 

ホント、シナリオ書いた人の妹が死んだとしか思えない。

 

 

恐ろしい程のリアリティ。

 

 

 

今、どこかで、同じような兄妹がいてもおかしくない。

 

 

そんな気にさせる話。

 

 

 

もし、ただ泣ける話を求めるなら、これをやればいい。

 

 

正直、感情移入ができる人なら誰でも泣くんじゃないかって思う。

 

 

ただし、すごく考えたりしてしまうけど。

 

 

 

 

戻る