〜3月下旬〜

 

 


2002年3月31日

〜どうでもいい挨拶シリーズ〜

俺の誕生日。(日本語で’もうそろそろ。’)

SYUです。やっと18歳です。

 

 

ちなみに、俺の中では「18歳=おっさんの仲間入り」となってます。

 

だって17歳と18歳ってすごく印象違うんだもの。

 

つまりもうおっさんですか、俺。なんてこったい。

 

 

そりゃね、18歳じゃないとできない事はいっぱいありますよ。

 

一歩大人になる自分には少し感慨深いモノもありますし。

 

 

だけど・・・、若さって失われていくと哀しいもんなんですよ・・・。

 

いや、決してイヤミとかではなく。

 

もう高校生だからって甘やかされることもないんですから。

 

 

でもまぁ、まずは一杯飲んで俺の誕生日を自分で祝うとします。

 

 

 

あ、酒は20歳からだったか。

 

 

 

 

 

んで、話は変わりまして。

 

ちょっと卒業旅行に行ってました。

 

前回のはクラブの卒業旅行、今回のはクラスの卒業旅行です。

 

 

 

 

 

 

 

そしてエライ目に遭いました。

 

 

 

 

まぁかいつまんで言うと警察沙汰?

 

俺、生まれて初めて事情聴取なんか受けちゃったりして。

 

 

 

 

・・・え?

 

 

 

 

・・・いやいや違いますよ!!!

 

俺被害者!!!被害受けた方!!!

 

加害者じゃないの!!!

 

前科とか持ってませんよ!!!!

 

 

まったく・・・、清純潔白なボクに対して大きな誤解ですよ・・・。

 

 

んで、詳しく話す程の話でもないんで一言だけ言いますね。

 

 

 

 

加害者の人たちへ。

 

 

お前らキレ過ぎ。

 

 

 

警察さんへ。

 

 

お前ら役に立たな過ぎ。

 

 

 

クラスの女の子たちへ。

 

 

お前ら泣き過ぎ。

 

 

 

実際ホント大した事ないんで心配とかは無用です☆

 

 

 

P.S.実は女の子の泣き顔にはちょっとグっときてたりして。

やっぱり武器ですよ、あれは。

 


2002年3月27日

〜どうでもいい挨拶シリーズ〜

最近1日置きに日記書いてる。(日本語で’サボリ。’)

SYUです。眠いです。

 

 

今日の朝たたき起こされたせいです。

 

 

いや、大学に手続きしに行かなくちゃいけないのにガースカ寝てた俺が悪いんですけどね。

 

 

だってすっぽり忘れてたんだもの・・・。

 

 

許せ、母上。

 

 

 

 

んで、今日は特にコレといったネタもなかったので久々にゲームレビューでもしてみました。

 

 

お題は、「CLOSE TO〜祈りの丘〜」です。

 

 

まぁ、暇な人は見てちょ。

 

 

プレイした人しか内容わからないと思いますが・・・。

 

 

 

P.S.荘厳、ちゃんと書いたぞ。(笑)

 


2002年3月25日

〜どうでもいい挨拶シリーズ〜

千と千尋の神隠しいいねっ☆(日本語で’見ました。)

SYUです。おもしろかったです。

 

 

ホント、ジブリ作品は味があっていいなぁと思いました。

 

 

突っ込みたい所も多々ありますが、それはそれで。

 

 

 

そして北海道旅行記第2回!!

 

暇じゃないのに更新するこの俺の魂の叫びを聞け!!

 

 

 

■北海道旅行記■

 

〜第二回〜

 

「酒と女と悲しい話」

 

 

 

 

売店へ移動した俺たち。

 

そこで俺はあるモノを見つける。

 

 

 

ピンボール。

 

しかし、このピンボールただのピンボールではない。

 

なんとタマはガムなのだ。

 

そしてそのガムをポコポコ打ち返して的に当てるとどんどんガムが貰えるという仕組み。

 

1回100円でタマは一個。

 

つまりミスればガムのタマ一個100円で買ったことになるわけだ。

 

 

興味をひかれた俺は早速プレイ!!

 

目標は5個ですよ!!おやっさん!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結果2個。

 

まぁ、なんていうか、そんなもんだよね現実って。

 

絶対リベンジしたるからな!!ちきしょう!!!

 

 

 

そして売店では特にすることもなく、とっとと部屋に戻る俺たち。

 

実に暇。

 

何にもすることがない。

 

 

するとなぜかは知らないが暴露話になる。

 

主に色恋系の修学旅行的なノリだ。

 

まぁこの手の集団の旅行ではよくある事ですね。

 

 

しかし、さすがは高校生。

 

中学生の頃とは話のランクが違う。

 

純粋可憐なおいらにゃ耳の赤くなる話ばっかでした。

 

 

 

例えばこんな話。

 

 

 

「なぁSYU、お前ヤった事ある?

 

 

「俺?ないよ。チェリー丸出し。

 

 

「ふ〜ん、まぁえぇけど。ヤマモリウンコ(仮名)の話知ってるか?

 

 

「何?」

 

 

スクール水着プレイしたことあるらしいぞ。

 

 

・・・マジで?!

 

 

「マジマジ。あいつが言ってた。しかも野外なんか何回もしてるらしいぞ。

 

 

!!

 

 

あいつすでに軽く1000回は超えてるとか言ってたし。すげぇな。」

 

 

「・・・・・・。」

 

 

 

 

例えばこんな話。

 

 

 

「SYU、お前どこまではやったん?

 

 

「はぁ・・・??入れる手前まで。

 

 

「そうなんや、やってはいないんや?

 

 

「おぅ。」

 

 

「へぇ〜、お前駅弁バリ気持ちいいで。

 

 

駅弁?

 

 

駅弁ファック。持ち上げてヤる奴。

 

 

・・・やったことあんの?

 

 

楽勝で。最高。

 

 

「・・・・・・。」

 

 

 

 

例えばこんな話。

 

 

 

それにダークマター(仮名)は学校のトイレでフェ○チオしてもらったらしいぞ。

 

 

マジかよ?!!

 

 

しかも中学生の時に。

 

 

「・・・・・・。見かけによらずやることやってんねんな・・・。」

 

 

「意外やんなぁ。まぁトイレプレイは普通やけど中学生はマズイよな?

 

 

「・・・・・・。」

 

 

 

 

最近の高校生はおかしいです。

 

 

 

しかし、極めつけはコレ。

 

ダークマターの暴露話。

 

もぅ、ビックリしちゃった。マジで。

 

 

 

「なぁ、ダークマター。お前前のメルトモどうしたん?めっちゃ可愛い言うてた子。」

 

 

・・・お前その話すんなや。

 

 

「なんで?なんかあったん?」

 

 

「まぁな。」

 

 

「何?何あったん?」

 

 

「えぇやん、別に・・・。」

 

 

「いいから言えって。」

 

 

「・・・はぁ〜・・・。・・・俺がそいつんち泊まったん知ってる?

 

 

「あぁ、聞いた。」

 

 

「ほんでな、そん時な、俺泊まったけどヤりはしなかったんよ。キスまでで。

 

 

「ふんふん。」

 

 

「それやのにな、子供できたって言われてん。

 

 

はぁ?!!!!

 

 

「なんかな、よく聞いたら前の彼氏の子やってんけどな。俺の子かと思って吐いたわ。

 

 

「・・・は、はぁ。」

 

 

「んでな、その子が言うんよ。

 

 

「・・・なんて?」

 

 

俺のことが本気で好きやって。

 

 

・・・子供おるやん。

 

 

「うん。だから俺断ったんよ。

 

 

「うんうん、そんで?」

 

 

そしたら堕ろすからお願い、とか言われてん。

 

 

「・・・・・・・・・・・・・。」

 

 

しゃぁないからめっちゃ話し合って諦めてもろた。

 

 

「・・・そ・・・そうですか・・・。」

 

 

 

 

最近の高校生は、おかしいです。

 

 

はい?なんですか?俺がうらやましがってんじゃないかって??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

羨ましいよ!!!悪いかこんちくしょう!!!!(男泣き)

 

 

 

 

そしてその後は酒盛り。

 

 

40度のジンをサイダーで割って飲みました。

 

 

 

しかし、いくら酔っても、ダークマターの話を忘れることはできませんでした・・・。

 

 

 

 

 

次回は北海道旅行第三回!!「進むこと。退くこと。」

 

こうご期待!!!

 

 

 

P.S.第3回はいつになるのやら。

 


2002年3月24日

〜どうでもいい挨拶シリーズ〜

ゼハーッゼハーッ。(日本語で’超忙しい。’)

SYUです。忙しいったらありゃしないです。

 

 

なんですかこれは?

 

受かっちゃいました!!やった〜!!で終わらないんですか?

 

 

家を決めて、入学の用紙を書いて、入学辞退の用紙を書いて、学校や、予備校に合格の電話をして。

 

それだけじゃない。友達とスーツ買いに行くし、家具だって買わなきゃなんないし。

 

それなのに卒業旅行part2の日時は迫ってくるし、花見の約束もしちゃったし。

 

 

まぁ俺がアフォみたいに予定入れまくってるせいなんですけどね。

 

 

 

でもね、そんなボクだって希望を持ってなんとかかんとかやってきたんですよ。

 

一人暮らしになればうっはうは、みたいなね。

 

クソ遅いISDNから解放されてADSLだ〜、みたいなね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すみませんが、基地局から遠すぎてADSLの開通はできません。

 

 

だからね、ボクはこの言葉を聞いたとき、一体何に対して怒りをぶつければいいのかわかりませんでした。

 

 

 

3,7kmの距離ですと、抵抗の関係上どうしてもうんたらこ〜たら。

 

 

ホントね、道ばたにいる奴らを無差別に殺っちまいそうでした。

 

 

 

申し訳ありませんが、NTTでは開通できません。

 

 

あっそ、ふーん。

 

 

 

4月6日以降、このHPは更新されないかもしれません。

 

 

 

P.S.北海道旅行記は俺の機嫌が悪いので延期です。

 


2002年3月22日

〜どうでもいい挨拶シリーズ〜

やっちまったよ。(日本語で’奇跡。’)

SYUです。やっちまいました。

 

 

皆さん聞いて驚かないでください。

 

もしもの時の為に救心をご用意ください。

 

おトイレを済ませてください。

 

それでも漏らしそうな人はパンパースをご用意ください。

 

パンパースじゃ心許ない方は夜も安心ウィスパー朝までガードをご用意ください。

 

さすがに成人用おむつはやめてください。

 

 

いいですか?

 

神様にお祈りは済ませましたか?

 

ママ宛てに遺書を書きましたか?

 

愛する人に最期の言葉を伝えましたか?

 

食いかけのドラ焼きは食べ終わりましたか?

 

隠しておいたエロ本は処分しましたか?

 

 

よろしい。

 

ならば今こそ言おう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後期試験受かりました。

 

 

つまり、国公立、受かりました。

 

 

 

明日、家探してきます。

 

 

 

 

P.S.北海道旅行記は雨天により延期です。

 


2002年3月20日

〜どうでもいい挨拶シリーズ〜

1日目。(日本語で’北海道旅行。’)

SYUです。とりあえず何回かに分けて旅行記を書く事にします。

 

 

だってさすがに長すぎてさ・・・。

 

まぁ、その辺りは優しい気持ちで見守ってくれると嬉しいな☆

 

 

 

 

■北海道旅行記■

 

〜第一回〜

 

「行くか行かないか、それが問題だ。」

 

 

 

 

とうとう待ちに待った北海道旅行!!

 

前日まで忘れていたなんて事は頭のどっかに追いやって、とりあえず何時集合かを聞く。

 

 

「朝7:30。梅田。」

 

 

この時点でボクは失禁寸前。

 

 

待ってよ、ちょっと待ってよ。

 

ボクのうちから梅田までどんだけかかると思っとんじゃぐるぁ!!!!!!!

 

お前1時間半くらいかかんねんぞ!!!何時起きや思っとんねん!!!!

 

 

とりあえず自分の部屋にあるじゃじゃまるの人形にキレてみる。

 

大きな声をはりあげる。

 

力みすぎてちょっぴり漏らす。

 

かまわずじゃじゃまるを殴る。ボコスカ殴る。

 

でもそんな無駄な体力使ってられないなぁ、と気づいた頭のいい俺はとっとと寝る事にする。

 

 

しかし、やはりボクも子供だなぁ。

 

ドキドキワクワクしちゃって寝れないよ。

 

 

ゴメン嘘、爆睡。

 

 

そして次の日。

 

 

朝早くから起きる俺。

 

母親に懇願しておいたおかげで車で最寄りの駅まで向かう事が出来る。

 

この辺り凡人との違いが出てることこの上なし。

 

 

駅について母親から諭吉をぶんどる。

 

なぜなら財布には夏目さんが数匹しか生息していなかったから。

 

これじゃ北海道では生き残れない。確実に死ぬ。たんすがあったら小指をぶつけるくらい確実。

 

帰ってきたらおろすからと適当に言い訳してとっとと目的地に向かう。

 

いや、もちろん返すよ。当然ですやん。

 

今6千円しかないけど。

 

 

 

そして集合場所に到着。

 

すでに何者かがいる。モンプチ(仮名)だ。

 

俺ですら15分前に到着というミラクル技を見せているのに、なんて奴だこいつは。

 

いつもは遅刻常習犯なのに。

 

 

かすかなジェラシーを燃やしつつ何時に来たのか聞いてみると、

 

 

「6:30。」

 

 

バカだこいつは。

 

集合時間は7:30だ。6と7の区別も付かないのか。

 

しょうがない。教えてやろう。

 

6はお前アレだ。0にピョロっとおちんちんがついてる奴だ。

 

7はアレだ。1にぽこっとおちんちんがついてる奴だ。

 

 

よしよし、わかったか。物覚えがいいぞ。

 

しかし鈍器で人を殴るのはやめておいた方がいいぞ。

 

もしもの場合ってのがあるからな。

 

 

と、まぁ、軽くスキンシップを交わしていると他の奴らもやってきた。

 

 

総勢10名。大所帯だ。

 

 

何人かくらい寝坊して置いていかれる事を予想していたが、そんなこともなくとっとと空港へ行く。

 

 

しかし何だ、あれか。

 

最近は梅田から関空まで1000円以上もするのか。

 

昔はちがったぞ。お前うまい棒も1本5円の時代だったんだぞ。

 

 

高ぇよ!!!!高すぎるっての!!!!!

 

ボケ!!!!!!!!!ボケ!!!!!!!!!

 

 

と、まぁ泣きながら切符を買って電車に乗り込む。

 

 

しかし、ホント男が10人集まるとムサイムサイ。

 

当然話題もムサイムサイ。

 

 

駅にいる女の子に手ふったり、乗り込んできた女の子の顔を批評したり、そんなんばっか。

 

 

いやいや、俺はちがいますよ!!

 

俺は清廉潔白、純真可憐なんですよ?

 

マジ、これマジ。横で奴らが女の顔を批評してれば、

 

 

「あれ、人違う。ゴリラ。確実にゴリラ。」

 

 

って素直な見解を言ったり。

 

横であの子可愛いとか言ってれば、

 

 

「とりあえず縛ろか?」

 

 

なんてジョークを飛ばしたり。

 

 

正直、まともなのは俺だけでしたね。

 

周りの奴らも俺のこと一味違うって誉めてくれました。

 

 

 

そして舞台は空港へ。

 

 

みんな膀胱破裂寸前って感じだったのでトイレへ行くことに。

 

 

まぁ、ここで俺は普通に女子便入ったんですけどね。

 

トイレの前の席に座ってるおばあちゃんに笑われましたよ。

 

お前逝かすぞ、コラ。

 

 

っていうかね?空港作った奴バカですよ。ホント。

 

普通トイレってのは入り口一つ、ゴールが二つじゃないですか。

 

中で男と女別れてる、みたいな。

 

 

それをお前元から分けられたら確実に間違うっちゅーねん。

 

中に男の便器ないから焦ったわ、ボケ。

 

 

まぁ、この事件のおかげで俺は「田代」と輝かしい名を付けられたワケですね。

 

有名ですね。この話は。

 

 

そんでまぁ、とりあえず次は飛行機乗り込むわけですよ。流れ的に。

 

そしたら飛び立ちますよね、流れ的に。

 

んじゃ墜ちるわけですよ、流れ的に。

 

 

なのに墜ちない。流れない。

 

実際流れたらこの日記かけないんですけどね。流れ的に。

 

 

まぁ流れないのはいいとして、ヤヴァイのはヤマモリウンコ(仮名)。

 

ビビリすぎですよ、あんた。

 

腕つかみすぎ。鬱血してるから。痛いから。

 

お前それあと15分くらいつかんでたら確実に壊死してまうわ。

 

顔もそろそろヤバイよ。

 

蒼白とかそういうレベルじゃない整形前→整形後って感じ。勘弁して。

 

 

まぁ、こんなイベントもあったわけですよ。

 

まだつかまれた痕が残ってますよ。

 

あぁゴメン、それは嘘。

 

 

 

そして北海道到着。

 

実は飛行機の中では、

ブタニク(仮名)、セコイヤ(仮名)、キチガイ(仮名)の3名による

スチュワーデスナンパ作戦が展開されていたそうですが、

俺はそのころ夢の中だったので全然わかりません。

 

なんか、生理の日までは聞き出したそうですよ。あいつらバカだね。

 

ホンマ、ナンパとか恥ずかしいわ。人のやることじゃない。

 

 

俺を呼べよ、まったく。うらやましい。(本音)

 

 

 

まぁそんな俺とは関係ない話は置いといて早速メシですよ。

 

北海道ですからね、当然うまいに決まってる。

 

適当にラーメン屋に入って味噌バターコーンラーメンをオーダー。

 

 

ほらほらやってきた。

 

うわぁ、なんて旨そうなんだ。

 

この器の汚れ具合といい、レンゲの汚さといい。

 

ホントに洗ってんのか?これ。

 

そして極めつけはこのバター!このかぐわしい香り。スープの味を最低にまでおとしめている。

 

しかもびっくりなこの値段!!これで1000円ですか!!!

 

 

なんで1000円もはらって拷問うけなあかんねん。

 

他の奴らもびっくりな顔。

 

ピリカララーメン頼んだオカレモン(仮名)なんか顔面が歪んでる。

 

味のコメントを聞いたら、

 

 

「人外の辛さが絶妙なハーモニー。」

 

 

だってさ。

 

すでに日本語じゃないね。

 

 

まぁそれでも腹の減っていた俺たちは青汁感覚でラーメンをかき込み店を出る。

 

 

正直、店に入る前の方が顔色がよかった。

 

満場一致でまずい。

 

他の客はなんであんなラーメン食ってられるんだ。

 

味覚障害患ってるとしか思えない。

 

 

 

そして、とりあえずホテルへのバスを待つ。

 

時間にして2時間。

 

実に暇。

 

 

よってUNOをする事になる。

 

ちなみに罰ゲーム付き。

 

っていうか罰ゲームないとおもしろくないよね。

 

お子さまランチにおもちゃがついてないくらいおもしろくない。

 

 

まぁそんで罰ゲームの内容だけど簡単簡単。

 

敗者はラーメン食って腹ふくらみまくりのあとに否が応にもパンを食わせる。自腹で。

 

飽食日本らしさが現れているゲームですね!!

 

 

 

<ゲーム開始>

 

 

30分経過

 

 

1時間経過

 

 

1時間30分経過

 

 

2時間経過

 

 

<ゲーム終了>

 

 

 

ふはは!!俺は食わずにすんだ〜よ!!

 

まぁマジな話、UNOって言えば俺ってくらい強いですから。

 

夏の合宿ではUNOで3000円勝つという俺ですから。

 

勝って当然、みたいな?

 

 

代わりにキチガイ君が5個くらい食べてました。

 

顔色悪いけどだいじょうぶ?

 

イチゴシュークリーム3個はきつかったんじゃない?あはは。

 

 

 

と、こんな感じで俺は上機嫌。

 

 

そんな調子でバスに乗りホテルへ移動。

 

 

 

しかし、バス内でも奴らはやっちまった。

 

常識がないのか、このバカ共は。

 

 

前に座ってる人がシートを倒してきたくらいでキレないの!!!

 

聞こえる声で、

 

「うざい、戻せ。聞いとんのか。羽蟲が。」

 

とか言わないの!!

 

バスガイドが一生懸命話してる時に騒がないの!!

 

バスガイドもその程度で俺たちに対して露骨にイヤな態度しないの!!

 

バス内でパシャパシャ写真撮らないの!!!

 

外に30メートルくらいの鬼の像があるからって騒がな・・・

 

すっげぇ!!!!でっけぇ〜〜〜〜!!!!!!!うひょ〜〜〜!!!!

 

 

・・・バスガイドさんはその程度で睨まないの・・・。

 

 

 

と、そんなこんなでホテルに到着。

 

 

そして驚く。

 

 

豪華。絢爛。

 

すげぇ、俺たち場違いですよ。

 

こんないいホテルに泊まっちゃっていいんですか?

 

正装とかしなくていいんですか?

 

 

うっほほ〜〜い!!!!

 

よっしゃ、まずは温泉だ!!!温泉だぁ〜〜〜!!!!

 

 

 

あっじぃぃぃぃぃぃぃ〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!

 

熱いわ!!!!!!!!!ボケぇ!!!!!!!!

 

このお湯熱すぎ!!!俺みたいなデリケートなお肌には灼熱だっちゅーの!!!!!

 

正直、適温はこのかかり湯だけやん!!!!!

 

 

するとダークマター(仮名)が一言。

 

 

「じゃぁかかり湯につかっとけや。間違えた〜っつって。」

 

 

こんな優しい友を持ってボクは嬉しいです。

 

 

まぁ実際風呂入れなくてずっとサウナにいたんやけどね。

 

 

 

そのあとはメシ。バイキング。

 

これも豪華。かつ旨い。

 

ガンガン食うよ。ガツガツ食うよ。

 

 

しかしここでもやりやがったヤマモリウンコ。

 

 

ここで大事なのは以前奴が泊まりに来たこと。ダークマター&モンプチと共に。

 

そしてそのとき、ネットでスカトロ系の画像を一緒に見てしまったこと。

 

 

奴は言った。

 

 

「このビーフシチュー・・・、あれに似てるな。とろけ具合とか。」(ヤマモリウンコ)

 

 

「ぶはっ!!!」×3(俺、モンプチ、ダークマター)

 

 

 

そのおかげでビーフシチューが食えなくなりました。

 

旨かったのに!!!!!!

 

 

 

 

さてメシも食って腹いっぱいな俺たち。

 

暇なので売店へGO!!

 

 

 

そして起きる数々の出来事!!

 

北海道旅行記第二回!!!「酒と女と悲しい話」

 

こうご期待!!!

 

 

 

P.S.第2回に続く。

 


2002年3月19日

〜どうでもいい挨拶シリーズ〜

ただいま。(日本語で’旅行終了。’)

SYUです。帰ってきました。

 

 

まぁ、なんつーか、しょ〜〜〜〜じき、疲れた。

 

いや、おもしろかったです。おもしろかったですよ。

 

けどまぁ、疲れました。もう、目が、寝たいって、言ってるの。

 

 

 

と、言うわけなので寝ます。

 

 

旅行記は明日より書きます。

 

すごいよ、波瀾万丈。チャンネルはそのままで。必ず見てね。

 

 

ほんじゃま、寝ますね。

 

・・・あ、大事なこと忘れてた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今から{自主規制}でも見て{自主規制}しまくって{自主規制}の上{自主規制}しないとね。

 

3日間も放置してたからすごいよ、ホント。

 

 

え?何かって?

 

わかってんだろ?あんたも好きねぇ。

 

 

 

 

 

 

今からメールでも見て送受信しまくって返信の上送信しないとね。

 

 

 

P.S.下草荘厳&ジュムさんへ。

土産、あります。

3000HIT踏んだ人へ。

土産、余ってます。

 


2002年3月16日

〜どうでもいい挨拶シリーズ〜

色々と。(日本語で’予定がね。’)

SYUです。最近更新頻度ガタ落ちですね。

 

 

いや、遊んでるわけじゃないですよ。

 

ボクだって忙しいんですよ。ホント。マジで。色々と。

 

 

例えば昨日何してたか言いましょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

友達んちで一日中「殺し屋イチ」と「タフ」読んでたんですよ。

 

布団の上でゴロゴロしながら一心不乱に読みふけってたんですよ!!

 

 

もうね、死ぬかと思いましたよ。

 

だって「殺し屋イチ」が10巻で、「タフ」が34巻で、合計44巻ですよ?

 

これだけの量を集中して読むのはホントつらい!!びっくりしちゃう!!チビっちゃう!!

 

 

ある意味、っていうかこれは拷問ですね。うん、拷問。

 

いやぁマンガ好きな俺じゃなけりゃ耐えれないんじゃないかなぁ〜、アハアハ。

 

 

しかも最近大量に本買っちゃいまして、

 

「ガンツ」「海猿」「編集王」って言うんですけどね。

 

あぁ、マンガですよ。当然。小説なんてかったりぃモン読んでらんねぇ。

 

いや、だからこれも読まないとダメなんですよ。

 

買っちゃったからには義務が生じますからね。うん。これは義務。うはぁ〜。

 

 

・・・うぅっ!!!

 

つらい!!ホントつらい!!!もう勘弁してっ!!!

 

こんなに読まないとダメなんて!!!きっつい!!きつすぎ!!!!どうすりゃいいんですかボカァ!!!(ニヤけながら)

 

 

 

プルルルルルルルル、ガチャ。

 

 

「はい、もしもし?」

 

「あぁ、SYU?明日お前バッグ何もってく?」

 

「はぁ?何が?」

 

「いや、だから卒業旅行の。」

 

「・・・・・・・あ!!!!!!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というワケで、明日から3日間北海道に行って来ます。

 

 

つまり、マンガお預けです。

 

 

 

あ〜も〜マジやってらんね〜。

 

 

 

P.S.北海道の古本屋でも行くかな。

 

 

戻る