全部ひっくるめて面白いと思えるとずいぶん違うよね。

ごめん。
忘れないと思う
待ち合わせた 桜の下
さざめく桜を一人受け たたずんでいたその姿
人混みの中 桜とあなたと そして私を結ぶ線
見つけた時に 春も見つけた気になった
わからないとは思うけど
 
凍てつく氷を抱いてるような わたしの中で
あなたにふれた部分だけは ほのかに暖かいだなんて
私にも、人の弱さというやさしさが確かにあるのだと感じることができる
無意識の中 あなたに甘え
意識しながら あなたに接した
春の桜も冷たい氷も、構わず受け止めるあなたが
わたしにとってかけがえのないものになり
誰にも代われない存在になった
失いたくないと言う想いが、他の人より強いのは
あなたと私が似ていると思えてしまうから
星霜の年月を重ねても どうかこのままで
あなたへの言葉は 私の知るそれでは少なすぎるから
どうか昨日別れたように、数年後の再会の時も
また訪れるよう
あの桜の下で会った あの日のまま
あなたをみつけ あなたに話しかけたい
あなたは不本意かも知れないけれど
我が良き片羽 永遠の友 
人生において見つけることのできない宝物
ごめんね そんなふうに 
私は あなたを みてる
2004年02月24日 16時50分29秒

BOWS第一
 はんぱない。
すげ〜でるでる!
っていう衝撃の一日目を体験した後は
やっぱり超すっきりよね。
すごくいい感じ。
不純物なくなってるね!って感じがする。
2003年07月10日 14時59分57秒

なんてこった
なんてこった。ここってまだあったんだな・・・。ちょっといじってみたりして。。。うふふ
2003年07月03日 10時48分53秒

でこホームページへ | Bookend-Ohgaiのページへ | メイン | 今すぐ登録