2005年度歌舞伎見物日記

あたしも最初は、着物を着て観に行くものだと思っていました。
でも、そんなに気張って行かなくても大丈夫。
特に歌舞伎座は建物が古いせいか、座席でお弁当を食べてもOKだし、なんでもありありです。

   >>屋号一覧    HOMEへ

1月5日(木)初春歌舞伎公演:国立劇場大劇場
通し狂言曽我梅菊念力弦そがきょうだいおもいのゆみはり
早お昼にカレー。いつもの黒いチョッキのおじさんが居なかった。どうしたのかな。メニューの全部が冷凍をレンジ解凍するだけなのかな。お兄さん一人で、お客さん何人まで捌けるのか。
初芝居には曽我兄弟。でも、菊五郎劇団は世話物。だから、綯い交ぜ?
お話は、とても面白かったです。悪役の信二郎さん、新鮮なカンジだったし。菊之介は観るたび綺麗になるし。菊五郎はフェロモン出てるし。
傘は、二本、お釈迦になってました。想定内の数でしょうか。予備は、どれくらい用意してあるのでしょうか。
いつもは閉幕後、まっすぐ帰ってしまうのですが、無料展示がいろいろあると聞いて、今回は全部観て回ろうとしたのに、「本館3階」の入り口がわからない。
結局、観られませんでした。あとで調べたら、事務所入り口から入るらしい。案内表示が無いってことは、あんまり観てほしくない、ということなんだ。
情報館は探しあてて、さっくり見学しました。演芸場にも展示があるというので、ぷらぷら歩いていると、茶髪の青年が自動車に乗ろうとしているところで。
普段着の青年が、こんなところで何してんのかしらん。だいたい、この駐車場、誰用?と思ってよく見ると、「出演者用」とかなんとか書いてある札が。あ、少将?
国立劇場の筋書きには出演者の顔写真が載っていない、と思い込んでいたら、別冊付録として付いていました。いつからかなあ。これで、気になるひとの名前もわかります。

1月4日(水)壽初春大歌舞伎:歌舞伎座
昼の部:鶴寿千歳かくじゅせんざい/夕霧名残の正月/奥州安達原/万才/曽根崎心中
お弁当:美濃吉(食べたことがないのにしようと奮発しましたが、味の違いは。。。器代かな。)
曽根崎心中が観たかったんです。それに、お正月気分も味わいたかったし。
ご祝儀料金の月なんで三階席にしたら、おでんやの隣で「めでたい焼き」売ってまして。おいしかったです。
藤十郎さん、お若いです。職場には還暦じじいが沢山いますけれど、そんなんに比べたら、もう、まあ。役者と比べるのが間違ってますけど。
心中は、「いつ死ぬのか、いつ?いつ?」と思っている間に幕切れです。
舞台のど真ん中が、前列のひとの頭で観ることができなかったので、舞台の真ん中でお話が進むときは、寝てしまいました。

6月26日(日)六月大歌舞伎:歌舞伎座
昼の部:信州川中島合戦/素襖落/恋飛脚大和往来
お弁当:歌舞伎座で売っているサンドイッチ。初めて食べました。二種類だけなのね。国立劇場のヤツのほうがイイかな。同じ値段だから。でも、無難でGOOD。
       昨日晩、お弁当を食べたら、お腹がギュルギュルになったので、今日はサンドイッチを。飲み物も乳飲料じゃなく、リモーネにしたら大丈夫でした。
なんか、急に思い立って、一週間前に電話予約して鑑賞。二階最後列の中央を勧められたものの、一階の最後列を選びました。正解。
二階席って、傾斜が小さいのか、前のひとの頭で舞台が見えないことが多いんです。最後列でも一階なら、花道の出もよく見えますし、前のひとの頭もそんなに気にならないんです。それになんといっても、休憩時間の席の出入りが近いのがイイんです。隣は座ると膝が肘掛よりも高くなってしまうほど脚の長い外国人一家でした。お母さんは、最初の演目を食い入るように鑑賞していました。女の気持ちがわかったんでしょうか。息子は越路のイジワルぶりに爆笑していましたが。秀太郎さん、ステキ。
太郎冠者の吉右衛門は、ひょうきんでステキ。扇の模様は、こうもりだったかな?
染五郎の封印切、観たかったんです。ニザさんの八右衛門も嫌な感じがイイ感じ。黒布のマフラー、素材は何?絹?羅紗?毛?

6月25日(土)六月大歌舞伎:歌舞伎座
夜の部:盟三五大切/良寛と子守/教草吉原雀
お弁当:いつものヤツ。三越の地下で買ったヤツ。でも、体調のせいか、飲み物のせいか、最初の演目の途中でギュルギュルになり、暗転中に退席するハメに。
ニザさんが、樽から出てくるところ、見逃しましたっ!すいませんっ!だって、ガマンできなかったんです。生理現象ですっ!
体調に不安を残しつつ、引き続き鑑賞。もう、どうでもいいんです。だって、ニザさん、出てこないんだもん。
愛ちゃんは、元気でした。泣いたりしませんでした。でも、スグに引っ込んでしまうんです。まあ、仕方がないですよね。
見よう見まねで、なんでも吸収してしまう時期なんでしょう、オネエ(お兄)さんの振りを真似たり、手拍子をしたり。愛らしかったです。富十郎さん、うらやましい。
梅玉さんのエラ、久しぶり。男前です。雀だろうが、なんだろうが、フェロモン出てます。

2000年へ   2001年度へ   2002年度へ  2003年度へ    2004年度へ

HOMEへ    topへ