★印;心に残ったフレーズ  ※印;しば子のコメント

HOME
しば子の本棚へ

江原啓之

「”幸運”と"自分”をつなぐ スピリチュアル セルフ・カウンセリング」  三笠書房 

※スピリチュアル・カウンセラー江原啓之氏の本。
 スピリチュアル・カウンセリングって何やねん?と思ったのですが、なにやら、自分の魂や自分を守ってくれる霊を見て、その人の人生やら生き方にアドバイスをする職業らしい。

 何やら胡散臭いなぁ…という気がしないではないけど、でも、なんだか妙に納得してしまう不思議な本。
 神様とか魂とか霊とか、ほんまにおるのかおらんのかわからんけど、自分の感覚的には「そういうのもありかなぁ」という気がする。

★今、あなたの周囲にはどんな人が集まっていますか?
 それもすべて、あなたの波長が呼びよせた人々です。その人たちを見ると、今のあなたの状態、性質、たましいのレベルがわかります。そういう目で、一度、周囲を見つめ直してみてください。
 もし、昔の友だちのほうがよかったと思うなら、そのときの自分の波長を思い出して、今の波長を変える努力をしてみましょう。今の友だちが最高だと思うなら、あなたは少しずつ成長してきたのです。
 あなたの周囲の人間関係は、あなた自身を映し出す鏡です。自分を知るため、そして自分をより輝かせるために、じっくりとその鏡を見つめてください。


※なるほどなー。確かに、友達をみれば、その人がどんな人かわかるっていうもんな。自分を知りたければ自分の周りの人を見てみればいいってのは、うん、よくわかる。
 今の私の周りの人は……いい人ばかりじゃないけど、悪い人ばかりでもないって感じかなぁ。いいなーと思う人もおり、やだなーと思う人もおり。


★起きた事象を正しく受け入れられるかどうかで、人生の幸・不幸は決まります。
 目の前で起こること、見せられることに、偶然はありません。その意味を正しくとらえてください。間違ってとらえると、悲しみを乗り越えられなくなります。
 どんなに悲しいときでも、その悲しみがあなたに与えた意味を考えましょう。
 この世に偶然はありません。人は皆、いつかは死を迎え、故郷へ帰る存在です。あなたの悲しみも成長も、いつもガイド・スピリットが見守ってくれています。それを忘れないでください。


※最近、自分の周りで起こることって、偶然やないよなぁって気がすることがある。なんか自分の言動が巡り巡って自分にはね返ってきていたり、これから起こることの予兆やったり。
 なんでこういう出来事が起こったのかっていうことを謙虚に考えるのも大事かな、と思う。

★仕事には、「天職」と「適職」があります。天職とは、自分に与えられた才能を生かせる仕事。天職とは、自分に与えられた才能を生かせる仕事。それをしていることが楽しくて仕方がない、自分のたましいが喜ぶ仕事です。一方、適職とは、生活をしていくお金を稼ぐための仕事です。
(中略)
喜びが涸れると、仕事への不満が出てきます。
適職は、どうしても拘束時間が長くなるので、天職に費やす時間が少なくなります。
だから、適職の中に天職の要素を織りまぜて、休日は何もせず、ただ体を休めるだけにしたくなります。
でも、そうすると喜びの少ない毎日となり、仕事への不満が募ってきます。
天職は、休日をつぶしてもなお余りある喜びを与えてくれるもの。1日、部屋でゴロゴロ寝ているだけでは疲れはとれませんが、天職である活動に打ち込むと、翌日、また元気よく適職に戻っていけます。すると、不満も解消されるのです。
今、あなたの天職は何で、適職は何か。それをはっきりさせましょう。

※うーーーむ。いったいなんなんやろ?
昔、自分の進路に悩んでいたころ、20代も後半になれば、自分がやりたいこと、自分のやるべきことがおのずと見えて来るに違いないと思っていたけれども、それはどうやら間違いやったようだ。おのずと見えて来るのではなくて、自分で選び取るものなのだと思う。
そして、今、私は何をしたいのかよくわからなくて迷走を続けてるんだよな。とほー。

★けれど、転職には二通りあるということを忘れないでください。
一つは、より自分に向いた仕事を得るため、よりよい待遇の職場を得るための、前向きな転職。もう一つは、今の仕事や職場が嫌だからという、逃げの転職です。
向上心を持って、前向きに転職を考えるとき、その転職はだいたい成功します。自分が出しているいい波長が、いい仕事を引きよせるからです。ますます能力に磨きをかけて、伸びていける職場が見つかるでしょう。
反対に、今の職場の待遇や人間関係が嫌で、そこから逃げるために転職を考えているときは、あまりいい仕事は見つかりません。自分が出している悪い波長に見合った仕事しか見つからないので、職を転々とすることになりかねないのです。

※周りの転職した人たちを見ていても、その通りなんだよな。

★自分を好きになるのは、それほど難しいことではありません。
好きなところがなければ、つくればいいのです。スポーツジムに通ってもいいし、エステに行ってもいい。「どうせ効果がない」とあきらめずに、自分に合うものを探して、勇気を出して挑戦してみましょう。そのとき、前向きな輝きが生まれて、あなたはきれいになれるのです。
「自分が嫌い」といっている人は、その「嫌い」という心からでるオーラが汚いのです。「きれいになりたい」と思ったとき、そこからはつらつとしたオーラが出ます。「きれいになりたい」と思った瞬間に、今までより確実に美しくなっているのです


※……常々「自分が嫌いや」と思っている私としては耳が痛いことばやな。”「自分が嫌い」といっている人は、その「嫌い」という心からでるオーラが汚いのです。”っていう言葉にガツンときた。「嫌い」なら、その「嫌い」な自分をなんとかせないかんのよな。現状に流されて、だらだら生きていてはいかんのだと改めて思う。

「スピリチュアル生活12ヶ月」  三笠書房 

※しば子、江原氏の本、すっかり気に入ってます。
 当たり前のことと言えば当たり前のことなんやけど、それがなかなかわからずに苦しんだりするわけで。そんな自分をシャキっとさせるのにぴったりな本やなぁと思います。

★「この仕事は嫌だけど、お金になるから…」とか、「将来が安定するから…」と考えて今の仕事を続けているとすれば、そんな毎日には飽き飽きして当然です。お金という「物質」にがんじがらめになって、チャレンジ精神を失っているからです。
 お金というのは、経験をつませるために神様がつくった方便に過ぎません。もしお金がなくても生きられる世の中なら、誰も働かなくなってしまうでしょう。それでは経験を積むことができません。
 この順序を間違えないでください。お金が先ではありません。お金のために仕事をするのではないのです。経験を積んだり学んだりするために、お金があり、仕事があるのです。


※と、言われてもなぁ……ちょっと難しいかも。私が仕事をしている第一の意味は「自分が食べて行くため」「満足いく生活が出来るようにするため」やからなぁ・・・。わたし、どこかで順番を間違ってるのかな?

★人生はつねに冒険です。冒険の中で新しい体験を積むこと。それが生きる目的です。
 ガイドスピリットの存在を信じてください。あなたは守られている存在だということ、この世の経験はすべてあなた自身の学びのためにあるのだということ。それを理解して、かみしめてください。そうすれば、どんな環境でも楽しみながら体験してやろうという気持ちになれると思います。。


※と、言われてもなぁ……これもなかなか難しい。自分を守ってくれているガイドスピリット?(私を守ってくれるご先祖様?)っていうのはいるのであろうと思うけど、それに頼り過ぎるのはいかがなものかと。

★仕事の昇進を焦っているあなたは、昇進だけを目的にして、その仕事を通していかに成長していけるかという本来の意味を見失っているのかもしれません。
※今年、昇進出来なかったわたくし。この言葉は、胸にずっしりと来てます。はい。

★あぁ、こんな会社辞めてしまいたい!
 誰でも1度や2度は、こんな風に思うことはあるでしょう。「自分の人生、この会社で終わっていいんだろうか?」「こんな仕事マンネリでつまらない」などと虚無的な気分になったとき、そして、人間関係に嫌気がさした時、辞めたい思いは強くなるのではありませんか?
 虚無的な気分になってしまった人に思い出して欲しいのは、「私たちは生きるために仕事をしているのであり、仕事のために生きているのではない」ということです。
 〜中略〜
 そんな時は、いきなり会社を辞めることを考えるのではなく、まず、「会社以外の自分」を充実させることを考えてみてはどうでしょう。
 自分のライフワークは何か−まずそれを考えて見て下さい。
 いいかえると、あなたの「天職」を探していただきたいのです。
 天職とは、天から授かった職業。自分の魂のための仕事です。それが好きで仕方がなくて、それをすることによって人にも喜んでもらえる仕事のことです。これは「適職」とは違います。適職とは、自分の頭脳や肉体を使って、お金を稼げる仕事のことです。魂の仕事というより、現世で生きていくための手段です。
 天職だけで生活していけるという人はほとんどいません。生きていく手段に転職を求めても、不満感、行き詰まり感が強くなることが多いのです。
 会社の仕事以外で天職を探し、会社の仕事は生きていく手段(適職)と割り切って働くほうが快適ではないでしょうか。


※うぉぉぉー、目からウロコぽろぽろでした。
 たしかにたしかに。今の会社での職務を考えても、それが自分の「天職」にはならんのだよな。
 私の天職は、「自分の好きな文章を書き連ねていくこと」「自分の気の向くままに歌って踊っていること」であって。
 天職と適職というのを分けて考えれば、会社で働き続けるのも、またアリかな、と思えましたです。

★人間の顔は、その人の心、人格を表します。自分の顔が人からどう見られるのか、いつも鏡でチェックしておきましょう。
 美人かどうか、造作がととのっているかどうかは問題ではありません。
 明るい表情、幸せそうな笑顔、元気のいい顔色、そういうものから、人はいい印象を受けるのです。反対に、疲れ果てた顔、フキゲンそうな顔、陰気で不幸そうな顔の人には、近づきたいとは思わないでしょう。
 造作ではなく、内側から出てくる明るさ、オーラが第一印象を決めるのです。


※わかっているのよ、わかっちゃいるのよ。就職活動の時は、いつもいつも意識していたことなのよ。
 でも、最近、どーもおろそかになりがち。気を引き締めて行かなければ。

★言霊の力を使いましょう。そうすることで、波長が高まりツキが呼びこめます。
 また、悪いことばかりを考えてしまうのは、本当は期待が強いからです。あきらめている人は不安にもなりません。期待があるから不安になって、悪いことばかりを考えます。でも、必要以上に期待をするより、努力をしましょう。努力は嘘をつきません。努力は決して裏切りません。
 ポジティブな気持ちで、いかに努力出来るか。強いエネルギーを注ぎこめるか。それによって気持ちが変わってくるのです。決してツキのせいではありません。


※当たり前のことと言えば、当たり前のことなんだよな。昔の私なら、特に意識することなく体感できていたことなんだけど。
 今は、いろいろ考えすぎてダメになってるような気がする。こういう言葉を素直に思い出すようにしたい。

★言葉には、魂があります。エネルギーがあるのです。それを「言霊」と言います。この言葉の力を無視してはいけません。その力を信じて下さい。
 自分の気持ちをうまく言葉に出来ないと、それだけエネルギーが低くなります。反対に、うまく言葉に出来ると、自分も周囲も活性化していい波長が出ます。
 〜中略〜
 まず、自分自身が考えていること、思っていることに自信を持つことです。
 自分が、今、正直にこう思った。それを表現することはいいことです。絶対にいいことなのだと思ってください。
 反対に、思いを隠してうちにこもってしまうのはよくありません。


※言霊……確かになぁ…今まで、自分がうまくいっているときのことを考えてみれば、繰り返し繰り返し、「私は出来る」「まだ未熟かも知れないけど、一生懸命頑張ってるから報われるはず」と思っていたように思う。
 会社に入ってから……特に、相性のよくない人達と付き合っていた1、2年目って、自分を責めるようなことばっかり考えてたよなぁ……。

2003/5/14