★印;心に残ったフレーズ  ※印;しば子のコメント

HOME
しば子の本棚へ

中山 庸子

「今日から出来る なりたい自分になる百の方法」  幻冬舎  amazonへ


※自分で自分に元気付けるとか、そういうのは、まぁ、人それぞれなんで、この本ですべて解決!
 ってわけにはいかんけど、でも、ヒントは満載です。
 あー、今日はダルいわーって日に、好きなページからパラパラと読むにはよろしいのではないで
 しょうか。以下、私が、「使える!」と思った部分を抜粋&コメント。

★「自分自身の習慣を再確認する」
 習慣は、1ヶ月気をつけて意識的に行動すれば、必ず改善することが出来るのです。

 これは、かなり言えてる。自分の行動とか思考パターンにはクセがあって、それは意識すれば、
 3週間〜1ヶ月程度で治せるのです。それは実感していたくせに忘れてたことやったので、目ウロ
 コ状態でした。

★「今日1日のテーマを決める」
 今日のテーマがあると、1本すじが通り、「あなたの1日の背筋」ものびる。

 ちょっと前に、メモにつけながらやってたんやけどな。今日は、「(無理矢理にでも)元気にしてみる」
 とか、「支社の人に無茶を言われてもキレずに建設的に話し合う」とか。
 なかなか続かんねんけど、再開しようかな。

★「月末に1ヶ月ごとの成果を点検する」
 「なりたい自分」の姿でどんな点で近づけたか。
 「有言実行」で、成し遂げられたことがあったか。
 「自分自身」の習慣がどう変わったか。
 「今日のテーマ」が何日くらい実行できたか。
 「1週間の計画」は充実していたか。

 がんばっているのに、ちっとも成果が上がらない時には、
 努力そのものが足りない場合と、努力の方向がずれている場合がある。

 これって、これって。私が大学受験の時とか就職活動の時にとっていた方法と一緒やん。
 塾講師バイトで生徒面談で教え子に言うてたことと一緒やん。
 就職が決まってしもーたら、ぜんぜん忘れてしもてることなんやけど。
 Plan-Do-Seeってのは重要なんだよな。

★「おしゃれ」と思うことを具体的に挙げてみる
 まず、人は見た目じゃない、と決めつけるのはやめましょう。

 やめましょう、やめましょう。自分かて、男性とか会社の人を見る時に見た目かなり重視しとる
 やないですか。

★「出かける前の全身チェック」
 細かく気をつかっても、バランスが悪いと台無し。
 遠目がかっこよくても、細かいところに手を抜くと魔法が解ける。

 就職活動してる時は、何度も何度も鏡を見て、「よっしゃー、今日も私は美人やでー!」と言い聞か
 せて家を出とったよな。
 今は、鏡も見ずにテキトーにばばばばばーっと身支度して飛び出してるんですが(あかんやん)

★「バスタイムを2倍にする」
 ずっと付き合う自分の体だからこそ、優しくねぎらいケアしてあげること。

 休職以来、これはバッチグーっす。昔はカラスの行水やったわたくしが、今は、お風呂好き好き人間
 になっております。いい香りの入浴剤や、いい香りのするキャンドル、ヘアパック、顔用パックは常備
 してるし、シャンプーやボディソープも香りのいい質のいいものを使っております。
 お風呂にお水の入ったコップとリラックス出来る本を持ち込んで、のーんびり浸かってるのは至福の
 時でございます。お風呂っていいよな。日常の時間の中で、自分をほわっと解放出来るから。

★「憂うつな時のための服を用意する」

 会社に行きたくない時は、自分の一番お気に入りのスーツと靴、気合の入ったメイク、そして、婚約
 指輪(←2連になっていて小さなダイヤが入っていて可愛い)をしていきます。
 とりあえずは、外見から。

★「「自分の香り」を持つ」
 「なりたい自分になる」には「自分にとって心地のよいこと」をうまく取り入れた暮らしをすることが
  何よりの近道」

 わたしは、目も耳も悪いのですが、鼻だけは敏感です。ついでにいうと、私の記憶を一番呼び起こす
 ものは、そして、一番気分を動かすモノは香りです。なので、この意見にも同意。
 しかし、今のところ「これ!」というフレグランスがないんだよな。好きな香りはたくさんあるんやけど。

★「靴は高くてもいいものを履く」
 まず足もとをしっかり固めること。

 大学時代、おかんに同じことを言われた。

 「まずは、いい靴を買いなさい。」
 「服も大事やけど、まずは靴。お母さんは人を見る時に最初に靴を見るよ」
 「安い靴を履きつぶすより、ええ靴を大事に長い間履きなさい」

 たしかにな。おかんが私くらいの年頃に買ったブーツが今でもばりばり現役で働ける状態やったり
 する(←しかも、今見てもデザインがカッコいい)。
 大学一年のころに母に買ってもろたヒールは学生時代〜就職活動時まで大活躍した。

 母を見習ってええ靴を買おうとしてるけど、そうなるとなかなか新しい靴が買えへんという
 ジレンマに陥ったりもする。いくらデザインが良くても作りがチャチいのは嫌なのだ。靴底は皮製に
 限るのだ。日本製の靴も好きだがイタリア製の靴も捨てがたいのだ。
 そゆと、今ある靴は、わりとええ靴でそろえてるけどお手入れが……(痛)。

★「なりたい自分になるための必要経費とは」
 同じ1枚のブラウスでも、それが「単なる浪費」なのか「なりたい自分になるための必要経費」なの
 かの分かれ目は、それを買ったことによって、生活や仕事への熱意が生まれたかどうか、にかかっ
 ているように思います。
 
 物事や体験に触れて、いい熱意を引き出せる人になる

 私が、せくしーだいなまいつ下着を買うのも、銀座で飲むのも「明日への活力」を生み出すためなの
 で、ムダ遣いではないのだ(たぶん)。

★「天引き貯金をスタートさせる」

 いちおう、ちまちまと社内預金をしていたり、養老保険(←これは生保月(←ノルマ倍増の月)に強制
 的に加入させられた)に入ってたりします。でも、貯金はまだまだやなぁ。同じ年代の人と比べると、
 格段に貯金は少ないと思われる。

★「嫌な仕事からとりかかる」
 最初は簡単なワークで頭や体をほぐし調子が出てきたら、まだ元気があって邪魔が入らない2番目
 に、ハードで苦手なワークをしてしまうのがいい方法です。

 最近、かなり実行出来てるけど、なかなか難しいんだよな。嫌なことってどうしても後手後手になりが
 ち。とほー。

★「ステーショナリーを一新する」
 「さすが」という仕事をする人は、仕事上必要なものへの投資を惜しまない。

 そういうと、以前にお邪魔した青山さんのオフィスは素敵やった。
 きれいに整理されてるし、椅子は座り心地良さそうやったし(しかも、色は私の大好きな赤)。
 明るくて居心地のいいオフィスやった。

 それから自分の記憶を呼び起こすと、「うぉー、気分を変えて勉強するぞー」って時は、筆箱からエン
 ピツから何から一新してたよな。
 異動を機に、こあらにもろたボールペンをベースにステーショナリーを揃え直してみようかな。

★「言い訳をしない」
 言い訳する暇があったら、他に出来ることがないか考える。

 私が一番気をつけてるのは、これなんやけどね。言い訳って見苦しいし。
 でも、心が弱ってると、「言い訳してしもーたら楽なんやろなぁ」と思ってしまう。気をつけよ。

★「自分はプロなんだと自覚する」
 「この道のプロになる」と決意する。
 そして「なりたい自分ノート」にも、
 この道のプロになる
 と楷書の大きな字で書いておきましょう。

 わたし……今やってる仕事でプロになりたかったんやけどなぁ……異動になってしもうたし。
 まぁ、いずれにせよ「保険のプロ」はめざさなあきませんな。

★「自分の十八番を見つける」
 誰かがあなたを評した言葉に使えそうなものがあったら、積極的に広めてしまおう。

 会社で言われたこと、「しば子さんは英語のエキスパートだから」「しばちゃんってパソコンに強い
 よね」。

 英語は確かに好きやけど、、、、仕事に使えるほどには……。
 パソコンに強いってゆーても、ワードやらエクセルやらインターネットの基礎操作が出来る&それを
 パソに弱い人に説明するのが上手いだけなんですが…(汗)。

 と恐縮しまくってたんやけど、今思えば、もっとそういう評判を利用すれば良かったな&さらに伸ばす
 べく勉強すればよかったなと思う。
 とりあえず、英語はやらんと。。。。

★「前日の夜に明日の準備をする」
 夜寝る前に、大きな机の上に、明日必要なモノを用意する。途中で思いついたものがあったら
 それもまた机の上に置き、安心してグッスリ眠る。

 自信ややる気がない時は、簡単に成果が出ることからやってみよう。
 どんなに仕事や人間関係で悩んでいたとしても、前の晩に机の上に明日使うバッグを置いたり、
 アイロンのかかったハンカチやシャツを用意しておくくらいのことは出来ます。

 もっと早く気付けばよかった・・・。

★「真似るは学ぶに通じる」
 いいと思ったことはすぐに真似をする。

 言葉を覚えたのも、立ち居振る舞いや仕事を覚えたのも全部真似からスタートしてるんだよな。
 いまさら、「マネするって恥かしい」って思うこともないか。

★「相手によって態度を変えない」
 
 というのは、子供の頃から、わたしが気をつけてることなんですけどね。
 あまりに変えなさ過ぎるから、しんどかったりもするわけで。
 これについては、ちょっと考えたほうがええかも、と思います。
 なかなか難しいんやけど。

★「意地悪はコンプレックスの裏返しだと知る」
 ウィークポイントは、その人がどんな時に意地悪になるかを知ればすぐに分かる。

 社会人になってからよーーーーーーくわかったよ。大学を卒業するまで知らんかったけど、自信のな
 い男の人って、私が、「へ?」と思うようなところで攻撃的になったり意地悪になったりするんだよ。
 そんな器の小さいヤツはほっとけばええのに、まともに考えて鬱状態になる私ってアホやなと思うの
 ですが。
 ほんまに自分に自信があって付き合う価値のある人は、意地悪なことをしたりしないのだ。

「落ちこむ自分と仲良くする50の方法」  幻冬舎  AMAZONへ


※すぐに落ちこんでしまう、しば子です。
 落ちこんだ時は、こういう本を読むと「よっしゃ、頑張ろうかな」と思います。

★「落ちこみやすい人とは、自分が持っていないものばかり探す名人である」

※おーほっほっほっほ〜。まさにわたくしのことを言うてる言葉ですな。
 会社の産業医の先生にも常々言われてますが、「背伸びして、あれも出来ない、これも出来ないと悩む前に、”わたしは、こういう人間なんだ””ありのままの自分を受け入れるのだ”」と考えるしかないんよな。

★「失敗は「挫折」ではなく、成功までの「一休み」である。」
 「本当の正解はあなた自身の掌中にある」


※かつて、とある資格試験を社命により受けたけど、わたくしだけ受かりませんでした。
 同期はみんな昇格したのに、わたくしは、出来ませんでした。
 それを「挫折」ととるか、「一休み」ととるか。
 まぁ、「一休み」し過ぎても、いかがなものかと思うのですが。
 
★「自分のミスくらい、ハードボイルドやアウトローの主人公のピンチに較べれば、いくらでも挽回可能である」
 しばらく「会社という現実」は、「とにかく勤まればいい」というくらいのハードルの低さにとどめて、スケールの大きい活字の世界でダイナミックに心を泳がせてみるのも悪くありませんよね。


※とりあえず、「フツーに、滞りなく勤めあげる」ということも大事なのだよ。>ちょっとしたことで寝こむ自分よ。

★「自分の意思の弱さに落ちこんだときは、バーを今の自分でもちょっと努力すれば跳べそうな高さに設定し、もう一度跳ぶ意欲を取り戻すことから始めればいいのです。」

※ほんまに?ほんまに?
 わたしは意思が弱すぎて、どうしたらええかわからないのです。限りなく低いハードルでもええのかな?

★「各キャラクターに注目し「サービス質問」をして自分との共通点を見つけよう」
 怖そうに見える人が意外にオチャメな一面を持っていたり、自分と共通する趣味を見つけたりで親しみを持てることも多いもの。


※わたくし、まさに、そういう経験をいたしました。
 「うへ〜、この人、めっさピリピリしてはるわぁ」というベテラン一般職さんと、血液型の話をしていて、ほっこりと和みました。その後から、わたしに対する態度が柔らかくなって、ちょっとほっとしました。

★疲れたり、落ちこみかけたら、まずクエン酸を摂ろう。

※それは言えてる。わたしもしんどいときは、酸っぱいものを欲しくなるもの。
 しんどい朝にはグレープフルーツジュース。それでもダメならクエン酸サプリ。

★今のあなたが、自分は苦手が多いと感じているとしたら、
 それを克服する手応えや、より向上するための、
 たくさんのチャンスを手にしているのだと考えよう。


※とはわかってるんやけど、なかなか難しいものです。子供の頃からおかんに言われてるんやけどな。

★「素直に喜怒哀楽を表し、深く落ちこんだ姿が相手の心をつかむこともある。」

※ってのは、まさしく中学〜大学のわたくしではないですか。かつてのわたくしは、自分の喜怒哀楽をほとんど隠さず、泣いたり笑ったり怒ったりということをしてたんやけど……いつのまに、そういう素直さを忘れたんかな。

★「自分が今、キッチンでお皿を洗っているなら、それが今の本当の自分だし、パソコンに向かっているなら、それが「たった今の本当の自分」」
 〜中略〜日常の細々とした仕事を、丁寧にやっていると、とても心が落ちついてくるのを実感できることがあります、。
 本当は、もっと専門性が高い仕事に就きたいとか、より高度な技術を磨きたい、自分自身も磨きたいと思っているとしたら、今の自分を追いつめるのでなく、たった今していることと、「いつかなる自分」は、しっかりつながっているのだ、と信じるのです。
「今の自分は本当の自分ではないから」と、今日する予定だったことを先延ばしにしても、本当の自分が近づいてくるわけではありません


※今、ここにいる、ありのままの自分を受け入れて、やっていくしかないんだよな。うん。

(2003/5/6)