各詩の解説。

解説デス。

LYRIC
ライブアライブ(LiveAlive) プレステのRPG・ファイナルファンタジー7のフィールドを
イメージして書いて、と頼まれて言われた詩デス。
何回もボツ出した珍しい詩デス(いつもは書き殴りさ〜)
ライオンキングは好きです。
kirie(キリエ) ゴスペルを、と頼まれて書いた詩デス。
ゴスペルは好きだけど、注意して歌詞を見たコトなかった
ので『明るく前向きな現代宗教歌』だと思って書きまシタ。
駄目ですか?(笑)<ゴスペルのイメージ
distant rings(遠い音楽) 坂本真綾の『約束はいらない』という歌を頭でイメージして
書きまシタ。ああいうメロディってコトで。
カワイイ恋愛の詩って殆ど書かないので勉強しまシタ。
CHOP AND KNOKE DragonAshみたいな、若者たちの主張な詩を書いてと
頼まれて書きまシタ。
しかしこれは…自分の土俵じゃないデス、マジで。
イケてないケドお勉強というコトで載せてみまシタ。
marblesky(マーブルスカイ) こういう暗い系と、MOTHERみたいな子供の気持ち系が
どうやら自分のパターンらしいデスね。
自分は哀しげなZABADAKの音楽をイメージしたのですが、
弟には『ビジュアル系みたいな詩』って言われまシタ。何故?
MOTHER2
ADVENTURE(冒険の幕開け) 弟にやたらめったら気に入られてる詩デス。
わたしの中で、子供を表現する言葉を殆ど詰め込んだ詩です。
帽子は子供(マザー2)の必須アイテムだと思っているのは私だけ?
大人に成ったら、キャップなんて中々被らなくありません?

PROLOGUE(プロローグ)

これも旅立ち。隕石が落ちて見に行く『ボク』。
そしてそれはこれからの始まりでもあるのです。
『好きな食べ物』を『いちごミルク』にした私はうっかり良く
詩の中でも使ってしまいます。あとコンデンスミルク。
BLUE COW(青い牛) ハッピーハッピー村の青い牛をテーマにしました。
牛まで青く染めてしまう人間の信仰って真っ直ぐで怖い。
この詩はこのタイトルを使いたいがために考えたという逆
パターンでした。文体が気がつくとマザーグース。
MILKYGARDEN
(ミルクの庭)
マジカントのイメージで書きまシタ。
だからイデアの海とか言ってるんデスね(^^;)
マジカントはココロの世界だから毎回問題提示があってスキ
ですね。今回は『自分との戦い』がヒットでした。
POEM
very soft scers
(果てしなくやわらかい傷跡)
女性の恋愛の詩を書くと何故かこう暗くなっちゃいマス。
女性像が固まってマスよね。
自分の意思とか投影とかとは別に。
逆に片思いの詩とかはすごく苦手だったりしマス〜。
空中行き。 隠しテーマは水子供養デス。
六つの環状線とはズバリ六道輪廻のコトです。
自分だけがわかる詩といえばそうなんですけどね。
判らなくてもなんとなくいいかもな詩を書きたいデス。
光の庭(the garden) 『キャメロットガーデンの少女』という映画を観て書きまシタ。
名詞はそれぞれ映画の鍵になるアイテムだったりしますが。
ものすごく詩的な部分で制作されている映画で、詩人の血を
刺激されたい方は是非。好き嫌いがあると思いマスが(笑)
ロスト・コンプレックス
(lost comprex)
コレも『キャメロットガーデンの少女』より。
自分が気にしてる傷を、人に何でもないコトと許容されると
それだけで救われるよーな気持ちを描写シタつもりデス(笑)
夏のリグレット リグさんにあげた詩デス。
リグレット(後悔)というコトバを使うコトを先に決めてから
書きましたので、自由に書くのと違って勉強になりまシタ。
キャメロットガーデンを見る前に書いたハズが、なんだか
キャメロットナイズで笑えマス(笑)
走馬燈 大学の頃に書いた古い詩を見つけまシタ。
やっぱなんか文体が違うなあ、と自分的には思いマス。
タイトルがなかったら普通の望郷の詩なのに、タイトルが
あるコトで深くなってるね、と評されたコトを覚えてマス。
ウメおばあちゃんの一生 これなんか高校の時に書きまシタ(苦笑)
文芸部に入ってまして、回りのコが恋の詩とか書く中で
ひとりこーいう詩を書いて浮いてまシタ(笑)

極楽の丘(heaven's hill)

速攻で仕上げた詩デス。
今菩薩がマイブームなので、極楽の詩を書きまシタ(笑)
丘、のスペルはhillで良いのでしょうか?(オイオイ)
赤い海の向こう 『プライベート・ライアン』を思い出して書きまシタ。
オープニングの血に染まった赤い海岸の水が忘れられ
ないイメージに成っております。
キレイな描写とリアルな死体と叫び声が妙にミスマッチ
で逆に深かったデス。

同じ私の色。

夏のリグレットが暗い詩だったので。
同じテーマ性を持っていても、優しくそして明るい悲しみを
書きたかったのデスがちゃんと達成できてマスカ?(苦笑)
前向きな改革の詩デス。
SINGASONG
青い空のうた(BlueSkySong) モトメロはモロです。
世界名作劇場『ロミオの青い空』デス。
弟に、『大人になりたい少年の詩』とテーマを出されたにも
関わらず、図らずも『大事な人を無くした少年の詩』になって
しまいました。失念。少年には間違いないので許して(笑)

震える月
(lovers moon)

珍しく…ラブラブに挑戦です(苦笑)
モトメロはhitomiの歌で『there is』。
ラブラブって破壊的に苦手な分野らしく、カワイイ初体験の
詩を書こうとしたのに妙にえっちいになっちゃいました(笑)
言葉も普段使わない言葉使ったりしたのに〜(><)

モドル。