yuhko.gif (2074 バイト)

各詩の解説。
▲                       f
スーパーファミコンRPG『MOTHER2』の
ストーリーを追って詩を書いて行きマス。

ADVENTURE(冒険の幕開け)
PROLOGUE(プロローグ)
BLUE COW(青い牛)
MILKYGARDEN(ミルクの庭)


ADVENTURE(冒険の幕開け)

さあ出かけよう
お気に入りの帽子と大好きなカバン

子供だけが持ってる大切な
どこかへ旅立っていけるチカラを

だってひこうき雲を
毎日見ていたよ
いつかあの向こうに行こうって思ってた
いつかあの青い空が欲しいって思ってた

気持ち良い地球のにおい
ママに電話しようかな
夜は冷たいのがドキドキするよ
何かと出会えそうな予感だけふくらんだ

ねえ口笛を吹こうよ
あの国へ行こう
甘いお菓子を食べようよ
歩けるのならどこだっていいよ

赤ちゃんの頃に見ていた
あの広い天井なんかかなわない
ただ違うものが見たくて
ただ違うものが知りたくて
抜け出した


PROLOGUE(プロローグ)

遠い冒険の予感
こんなに早いなんて思わなかったよ
ねえあの新しい帽子を出してよ
とっときの大事な靴を履いてさ

ボクらは何だって怖くないよ
必要なのは踏み出す一歩と勇気だけ
さあ夜の向こうへ飛び出そうよ
闇は怖いけどかならず朝がある

大好きないちごミルクを

ママを忘れないように胸いっぱい抱いて
ボクはそのまま歩き出すんだ
ねえお土産はリュックいっぱいだよ

淋しいよなんて云わない
迷いのない道のりを
悲しいよなんて聞かない
仲間が一緒なら


BLUE COW(青い牛)

ペンキで塗られた青い牛
かわいそうだね
勝手な固執と偏執で
信仰に染められて
かわいそうだね


牛は疑わない
牛は鳴かない
牛は人間に従順
かわいそうだね

かわいそうだね


MILKYGARDEN(ミルクの庭)

大好きなキャンディを
ぽっかり落としてしまったよ
ねえママ可哀想だね
あの庭には犬がちっとも居ない

コンデンスミルクの味
もう子供過ぎて忘れてしまったよ
さあイデアの海へ行こうよ
自分を探すために

ぼくらは誰かを待っていた
子供であるうちにしか見れない
ちっぽけなココロの箱庭が
いつしか二度と戻れない場所へと

きみを見つけたら
きっとぼくは帰るのかな
ぼくという名前のきみを
連れてふたりでどこかへ

モドル。