作品名 発行所 国際図書コード 作家・作品番号 判型 初版発行日
「聖地」荒れて 集英社 4-09-379361-1 4-6 1989.05.01

作品紹介

われわれは思わず目を見張った。その建物のドアーの右側に、イスラエルではご法度であるはずのパレスチナの国旗が二つと、ヤセル・アラファトの大きな写真が飾ってあるのだ。こんな場面をイスラエル兵に見つかったら大変なことになる。それこそ建物ごとバズーカ砲で吹っ飛ばされてしまうだろう。青年のひとりが言った。「ここがわれわれの本部だ」(本文より)


目次

序章◎イスラエルへ
情報機関との電話
“表の取材”と“裏の取材”

第一章インティファーダ=永遠の闘争
少年銃殺事件を追う
フセイン国王の陰謀
PLOメンバーは涙を流した
ガザ難民キャンプへ潜入

第二章憎しみの構図
アラブとユダヤ、対立の起源
国家建設への闘争
PLO――血ぬられた歴史
中東を激変させたサダト構想
“失われた”チャンス

第三章瀬戸際の選択
イスラエル外務省高官に直撃
対アラブ、最悪のシナリオ
激戦地「ゴラン高原」を行く

第四章戦い、いまだ終わらず
政治戦略センターのM氏
導火線に火をつけるのはシリアだ
アンマン副長官が明かした回線シナリオ
世界の危機と日本


備考


Top Page 著者紹介 What's New サイトマップ
【一覧】
発行年度別 50音別 発行所別 ジャンル別 文庫本