作品名 発行所 国際図書コード 作家・作品番号 判型 初版発行日
マフィアをはめた男 集英社 4-08-773103-0 4-6 1989.09.25
フェイク 
マフィアをはめた男
集英社 4-08-760311-3 ヒ-2-1 文庫 1997.06.25

作品紹介

※翻訳書

DONNIE BRASCO MY UNDERCOVER LIFE IN THE MAFIA

マフィアの一大ファミリーの壊滅作戦が、一人のFBI覆面捜査官によって行われ、その全貌が明らかにされたことの衝撃は、当時全米を震撼させるものがあった。そして、マフィアによってその首に五〇万ドルの賞金がかけられた、この覆面捜査官、ドニー・ブラスコことジョセフ・ピストーネの存在を知ったとき、私は、「とうとう、ここまできたか」という深い感慨を覚えた。単なる組織犯罪ではなく、アメリカの政治・経済の陰の支配者であるマフィアの全貌が、ここまで明白にされたことはかつてなかったからだ。私がマフィア問題に強い関心を抱くようになったのは、四半世紀前、アメリカで学生生活を送っていた頃のことである。《落合信彦:まえがきより》


目次

まえがき

1. 旋風(文庫版では 出廷)

2. 始まり(文庫版では 発端)

3. 準 備

4. 街頭の生活(文庫版では ストリート通い)

5. コロンボ・ファミリー

6. ボナーノ・ファミリー

7. トニー・ミラ

8. レフティ

9. ミルウォーキー

10. 事故

11. フランク・バリストリエーリ

12. ソニー・ブラック

13. キングズ・コート

14. コールドウォーター

15. ドラッグと銃

16. 手入れ

17. 会合

18. ヒット

19. コントラクト

20. 終結

エピローグ


備考

◎単行本版の文庫化にあたり、改題し出版

【著者略歴】

ジョセフ・ピストーネ Joseph D.Pistone

高校卒業後、陸軍訓練学校へ。スポーツ奨学金を受け大学へ進学。卒業後、FBIエージェントの資格取得のために海軍情報部の仕事に就く。69年、FBI特別捜査官に就任。76年から6年間、ボナーノ・ファミリー潜入活動に入る。司法長官功労賞受賞。86年FBIを退職し、本書を執筆。


Top Page 著者紹介 What's New サイトマップ
【一覧】
発行年度別 50音別 発行所別 ジャンル別 文庫本