作品名 発行所 国際図書コード 作家・作品番号 判型 初版発行日
ケンカ国家論 小学館 978-4-09389745-7 4-6 2013.03.11

作品紹介

尖閣、竹島、北方領土、若者の内向き志向…“攻撃有利の時代”到来

「打って出る勇気」が問題を解決する!!

現在の日本に足りないのは「ケンカ」をする力だ――世界を舞台に活躍した著者が国家と個人に「ケンカ」のノウハウを指南する一冊。

中 国や韓国が日本の領土である尖閣諸島、竹島に触手を伸ばし、政府は有効な反撃ができずにいる。日本企業は国際競争力を失い、新たな稼ぎ口を見つけられない まま迷走が続く。老人は既得権益にしがみつき、異議申し立てをすべき若者たちの多くはそうした日本の現状に怒ろうとしていないように見える。

「相手を刺激しないほうがいい」「現状維持が望ましい」……聞こえてくるのは守りの言葉ばかりだが、刺激しないことで日中関係は良くなったのか? 現状維持を志向すれば将来は安泰なのか?

日本人はディフェンシヴな生き方を捨て、今こそ攻撃に転じなければならない。ただし、本書における「ケンカ」とは品のない誹謗中傷や武力行使とは全く違う。情報や知識、交渉力を駆使しながら競争や対立の中で勝ち残っていく力を身につけるということだ。

世界中で「ケンカ」を見てきた著者が、国家の平和と安全を守り、活力ある社会を生み出すために「打って出る勇気」が必要であることを説く。


目次

はじめに | なぜ今、「ケンカ」が必要か

第1章 「ケンカ」のできない日本
「礼儀正しい」という誉め言葉を鵜呑みにするな
尖閣「棚上げ論」を黙認したのは敗北だ
問題の先送りが返済不能なツケを生む
「アメリカが守ってくれ る」はイリュージョン
同盟国としての価値の高め方
オバマは「ケンカ」のできないリーダー
「アラブの冬」がやってきた
ケンカ音痴の口癖は「刺激した くない」
本当は恐れられている日本人
偽の平和は続かない

第2章 「情報」は最高の武器
CIAに頼るのは危険だ
ヒューミントこそ国を守る最前線
たった6日で終わった戦争
平和のためにこそ「情報を使ったケンカ」が必要だ
ケネディとフル シチョフはなぜ友人になれたのか
インテリジェンス機関は官僚組織ではいけない
スパイ天国ニッポンの非常識
最も疑うべきは同盟国
ソ連のスパイは東京 でCIAに出頭した
「諜報先進国」だったかつての日本
孤独な職業としてのスパイ
モサドのトップが語った「エージェントの条件」
KGB“最後の議 長”の信念

第3章 戦えるリーダーの条件
世界有数の諜報機関を持った国の「敗因」
開戦前の失態と失敗
平和を求めたサダトのヴィジョン
情報を先入観の補強に使うな
鉄の女・サッチャーが過ご した眠れない日々
ポピュリズムに走らない強さを持て
「支持基盤との対立」を恐れない
平和の配当のための軍拡
宥和主義はより大きな悲劇をもたらす
情報を蔑ろにしたツケは大きい
暗殺をも恐れぬ覚悟
EUの失敗を20年前に見通していたリーダー
TPPから目を離すな

第4章 日本人よ、打って出ろ!
組織にしがみつくことこそがリスク
正しい英語力の磨き方
まずは己を知れ
ソニーも松下も「ケンカ」で大きくなった
親友の条件と作り方
企業はムラ社会への依存を絶て
「ロール・モデル」を見つけろ
野茂とイチローの取ったリスク
周囲への甘えを捨てろ

第5章 私の「ケンカ史」
生活保護を断わった母
腕力を備えて和を成す
インタビュー取材は覚悟のぶつかり合い
無茶はガンよりも強し
KKKとショットガン
戦場取材で出会った美しい魂

終わりに
日本人よ、「粗にして野だが卑ではない」精神で前進しよう


備考


Top Page 著者紹介 What's New サイトマップ
【一覧】
発行年度別 50音別 発行所別 ジャンル別 文庫本